大企業からの転職で後悔した5つのこと!転職を考える前に見ておくべき!

大企業に就職していたけど、仕事を始めていてマンネリを感じて転職を考える人も多いです。

もちろん仕事の勤め先によって環境なども大きく異なるため、大企業であっても人によって合う合わないが存在します。

大企業からの転職は後悔することも多いので、転職前に考えておくべきポイントや多くの人が後悔したことをご紹介します。

大企業からの転職は後悔するの?

人によって転職で成功する人もいれば、転職後に後悔してしまい、失敗をしてしまったという人もいます。

特に大企業からの転職は後悔しやすいという声が多いです。

本当に後悔してしまうのか、後悔したという声や後悔せずに転職をする方法についてご紹介します。

大企業から後悔せずに転職したい

大企業から転職する場合は中小企業やベンチャー企業に転職する場合がほとんどです。

中には行き当たりばったりで転職をする人もいますが、後悔しないためにもどのような点に気をつけたらいいのか調べる人も増えています。

もちろん最初は調子が良かったものの、後々転職をしたことに後悔するというあとからじっくりと後悔を感じるパターンも多いです。

後悔しないための方法などを解説しますので、大企業からの転職を考えている人は参考にしてください。

大企業から中小企業やベンチャー企業に転職して後悔した5つのこと

まずは大企業から中小企業やベンチャー企業に転職したときに、後悔したという声が多い例をご紹介します。

他の人の後悔をしたという例は参考になりやすいです。

転職で後悔しないためにも後悔しやすい5つのポイントを参考にしてください。

  • ネームバリューや肩書きを失ってしまった
  • 研修制度や社内設備が劣ってしまう
  • 福利厚生が整っていないこともある
  • 年収が下がってしまう可能性もある
  • 大企業の待遇や環境と比較をしてしまう

ネームバリューや肩書きを失ってしまった

大企業は一つの肩書でもあり、周りからも注目されやすいポイントです。

しかし、大企業から中小企業やベンチャー企業に転職をしてしまうと、以前までの大企業の看板がないためネームバリューや肩書がなくなってしまいます

大企業に勤めているという点をステータスにしている人や、自分は考えていなくても周りから肩書・ネームバリューとして注目されている場合があるため、大企業の看板がなくなってしまって関わっていた人との関係がなくなって後悔したという人も多いです。

さらに、大企業からの転職ということで一番最初は転職先の企業からも特に注目されやすいのですが、転職したのにも関わらずいまいち成果を出しきらなかった場合はがっかりされる可能性も高いので気を付けるようにしましょう。

研修制度や社内設備が劣ってしまう

さらに大企業の場合は新人に対する研修や社内設備が手厚く完備されている場合がほとんどなのですが、中小企業やベンチャー企業によっては全くといい程整っていない場所もあります。

特に研修などがしっかりとしていない場合はどのように動けばいいのかわからず、自分の感覚で動いていくしかありません。

大企業との差を痛感して転職を後悔したという声も多く挙がっています。

状況によってはベンチャー企業などはまだ会社ができた手で、社内設備などが全くなかったというケースもあるため、企業の立ち上げ年数などをチェックしておくのも好ましいです。

福利厚生が整っていないこともある

社内設備や研修制度とともに整っていないといわれることが多いのが「福利厚生」です。

大企業の場合のほとんどはやはり福利厚生が手厚く、しっかりと完備されています。

しかし中小企業やベンチャー企業では経営状態や体制によって福利厚生が不十分の場合の場所も少なくありません

このような福利厚生がしっかりとしていない場所に転職をしてしまい、後悔したという声も多いです。

年収が下がってしまう可能性もある

大企業からの転職で最も後悔しやすいポイントが年収です。

大企業は基本手当が分厚いため、中小企業やベンチャー企業と比べて年収が高い場合が多いのですが、中小企業やベンチャー企業は経営状態によってもいくら頑張っても年収があまり上がらないということも少なくありません

自分が思い描いていたビジョンと現実の年収は全く違い、むしろ経営が危ういことから年収が下がったという人もいます。

大企業から中小企業やベンチャー企業に転職すると年収が一気に下がり、上がりづらいので気を付けるようにしましょう。

年収が下がることをある程度視野に入れてから転職先を探すようにすると後悔する可能性も低いです。

大企業の待遇や環境と比較をしてしまう

大企業の場合は勤務年数や状況によって取引先や社内での立場で優遇されることも多いのですが、中小企業やベンチャー企業に転職してしまうとこの優遇されるということはほとんどなくなります。

大企業と中小企業やベンチャー企業ではさらに職場の環境も大きく異なるため、今まで勤めていた大企業との状況や環境を比較してしまい、後悔してしまったという声も多いです。

勤務先でも待遇や環境を重視したいという人は大企業から中小企業やベンチャー企業への転職は不向きになります。

大企業から中小企業やベンチャー企業に転職する3つのメリット

大企業から中小企業やベンチャー企業への転職をして後悔した人が多い声を見るとデメリットだらけという印象を持つ人も多いですが、メリットも当然あります。

次は大企業から中小企業やベンチャー企業へ転職する場合の3つのメリットについて解説しますので参考にしてください。

  • 自分の裁量で仕事ができるのでやりがいが大きい
  • 仕事での成果が昇進や昇給につながりやすい
  • 新しいことにもチャレンジできるのでキャリアの幅が広がる

自分の裁量で仕事ができるのでやりがいが大きい

大企業への転職で最もメリットとして感じやすいのが「やりがいが大きい」という点です。

大企業からの転職だと有望の人材だと期待されやすいため、ある程度の仕事量を任してもらうことができます。

このときにしっかりと成果を出すことができると、評価も一気に高まるとともにやりがいを感じやすいです。

大企業だけだと大きなプロジェクトに率先して挑戦するということができない場合もあるため、自分で率先して行動したい人は大企業から中小企業やベンチャー企業への転職もおすすめです。

仕事での成果が昇進や昇給につながりやすい

大企業から中小企業やベンチャー企業への転職時にはある程度の成果を出すと昇給や昇進しやすいです。

昇給や昇進をするともちろんモチベーションも高まりやすく、成果を出したという評価からさらに大きな仕事を任せてもらうことができます。

仕事に対する意欲や給料が付いてくるため、このような点が転職してよかったと考える人も多いです。

成果を出す場合もできればチームワークを活かして活動するようにすると周りからも信頼をされやすく、自分の周りからの評価も高まって昇進しやすいので、チームワークを活かすのはおすすめといえます。

新しいことにもチャレンジできるのでキャリアの幅が広がる

大企業と比べると中小企業やベンチャー企業では一人ひとりの与えられる仕事量が変わってきます。

さらに大企業ではできなかったことに挑戦することもできるため、今までの自分とは違った新しいキャリアを開くことができる可能性も高いです。

自分のキャリアの幅を広くしたいと考えている人は大企業からの転職もおすすめします。

転職先を探す段階で自分が何をやりたいのかを複数メモなどをしておくと、仕事で忙しくても自分がやりたいことを見失うことが少ないです。

大企業から中小企業やベンチャー企業に転職する際に気を付けたい4つのポイント

次は大企業から中小企業・ベンチャー企業へ転職する場合の気をつけたい4つのポイントについて解説します。

4つのポイントを気をつけることで、大企業から中小企業へと転職しても後悔する可能性が低いです。

転職を検討している人は参考にしてください。

  • 自分が何をするために転職したいのか再確認する
  • 前もって転職先について念入りにリサーチする
  • 転職により得るものと失うものがあることを理解する
  • 現在の会社の待遇からどのように変わるか確認する

自分が何をするために転職したいのか再確認する

大企業からの転職を考えている場合はまず自分自身が何をやりたいのかという点をしっかりと考えるようにしましょう。

人によってやりたいことは異なりますが、自分自身のやりたいことを明確に分析できると自分の希望に沿った転職先を探すことができます。

逆にやりたいことも見つからず、闇雲に転職をしてしまうと自分のやりたいことと違った場合に後悔してしまう可能性が高いです。

後悔しないためにもまずは自分がどのようなことをやりたいのか具体的に考えてから転職先を探すようにしてください。

前もって転職先について念入りにリサーチする

自分自身のやりたいことが見つかると、次は自分のやりたいことができる転職先をしっかりと見つけていくようにしましょう。

転職で後悔しないためにも、転職を考えている企業のリサーチは必須といっても過言ではありません。

近年ではインターネットで企業情報が紹介されている上に、実際に企業で働いている人の生の声などが紹介されている口コミサイトなどもあります。

転職を考えている企業へのリサーチをしっかりと行うことで転職後も後悔する可能性が下がるので、公開をしないためにもしっかりと企業のリサーチを行いましょう。

転職により得るものと失うものがあることを理解する

さらに大企業から転職をする場合に考えておいていただきたいのが「得るものもあれば失うものもある」という点です。

大企業からの転職は特に肩書やネームバリュー・高年収・好待遇など失うものが多い傾向があります。

しかし転職をすることで自分の能力を試すことができる上にキャリアの幅を広げることもできるため、このような転職をすることのメリットやデメリットをしっかりと把握をすることが大事です。

失った分さらに得るものもあるため、前向きに行動をしていくのをおすすめします。

現在の会社の待遇からどのように変わるか確認する

さらに転職を考える場合のリサーチや面接の時に聞いても大丈夫なのですが、会社を変わった際の待遇などをしっかりと調べるようにしましょう。

やはり大企業と中小企業・ベンチャー企業では環境や仕事内容・福利厚生などが異なります。

せっかく転職をしたのにも関わらず、待遇が悪いと当然転職をしたことに後悔をしてしまう可能性が高いです。

待遇などをしっかりと調べてから転職をするようにしてください。

自分の将来をイメージしながら大企業からの後悔しない転職をしよう

大企業から中小企業やベンチャー企業へと転職を考える人も多いのですが、転職を考える場合は自分が将来どのようなことをやりたいのか考えて転職先を探すようにしましょう

大企業は転職を行いやすいのですが、しっかりと調べてから転職先を探さないと後悔をしてしまう可能性が高いです。

自分のキャリアを高めたい人ややりがいのある場所に転職をしたい場合は、自分のやりたいことなどの自己分析をしっかりと行ってから探していくようにするのをおすすめします。

おすすめの記事