社内ニートになる6つの特徴と7つの対策方法!脱却方法も調査も解説!

社内ニートという言葉を皆さんは聞いたことがありますでしょうか?

社内ニートになっている人は近年増加傾向にあり、社会的な問題としても注目されています。

もちろん全ての会社にいるというわけではないのですが、社内ニートになるのにも原因があります。

どのような原因があるのか、社内ニートの特徴や対策・脱出方法を解説しています。

社内ニートについて知りたい!

近年社内ニートという言葉がSNSやネット上で挙がるようになっています。

主に会社に貢献していない人物に対して皮肉の意味でいう意味が多いのですが、社内ニートになる人は特徴があります。

社内ニートになっている場合の原因や環境・脱出方法についてご紹介します。

社内ニートとは?

まずは社内ニートについてご紹介します。

社内ニートの主な行動や特徴・似たような言葉として使われる「窓際族」との違いについて解説しますので、社内ニートについてご存じない方はぜひチェックしてみてください。

  • 社内ニートの勤務中の主な行動
  • 社内ニートの主な4つの特徴
  • 窓際族と社内ニートの違い

社内ニートの勤務中の主な行動

ニートとは「就職」や「職業訓練」などを行わずにただただ時間が過ぎる日々を過ごしている人のことを指しますが、社内ニートは会社でこのような仕事をせずに時間が過ぎるのを待っているだけの状態の人を指します

社内ニートの人は勤務中であるのにも関わらず、仕事をしない場合や言われた分だけを行って時間を持て余している状態の人です。

「給料泥棒」という言葉を使われる人もいますが、社内ニートも仕事をあまりせずに日々過ぎるのを待っているので該当します。

社内ニートの主な4つの特徴

社内ニートの人は主に「仕事をしているふり」「雑用のみ」「仕事は少しだけ」「指示待ち人間」というような特徴が挙げられます。

特に悪質なのが仕事をしているふりをしている場合ですが、社内ニートの人は周りと比べてほとんど仕事をしません

そのため、会社側からしたら不要な存在だと感じられ、クビの査定対象になる場合が多いです。

  • 仕事をしているふりをする
  • 雑用しかやらせてもらえない・やらない
  • 仕事を少ししかせず、終業時間まで待機している
  • 何をしたらいい変わらずにただ待っている

窓際族と社内ニートの違い

社内ニートと窓際族は同じようなイメージを持つ人も多いのですが、窓際族と社内ニートは意味が少し異なります。

窓際族は社内ニートと同様に雑用しかしない人に使いますが、定年まであと数年しかない定年待ちのような人を指します

社内ニートとは違って以前まではしっかりと会社に貢献を行い、十分結果を残している背景があります。

社内ニートに陥る人の6つの特徴

次は社内ニートに陥る場合の6つの原因について解説します。

社内ニートになりやすい人には特徴・原因が存在し、「指示待ち」「時間に関する意識」「仕事のレベル」「コミュニケーション能力」「人間関係」「プライドの高さ」が大きく関係しています。

それぞれ詳しく解説していきますので参考にしてください。

  • 自発的に行動せず与えられた仕事だけやる
  • 時間にルーズで仕事も遅い
  • 仕事のクオリティが低い
  • コミュニケーション能力が低い
  • 上司との関係性が悪い
  • プライドが高い

自発的に行動せず与えられた仕事だけやる

社内ニートになってしまう原因として最も多いのが「与えられた分だけの仕事を行い、自発的に仕事を求めない」という点が社内ニートになりやすいです。

もちろん与えられた仕事の量にもよりますが、少ししか仕事が振り分けられていないのにその仕事だけで一日を過ごそうとする人が社内ニートになります。

全くスキルアップにつながらず、いつまでも成長しないまま日々が過ぎるため会社としても期待されない人物になります。

時間にルーズで仕事も遅い

社内ニートになる人は他にも「時間にルーズ」という場合が多いです。

時間は仕事をする上ではとても大切ですが、社内ニートの人は時間にルーズな人が多い上に、仕事もかなり遅いです。

与えられた仕事を早く終わらせて違う仕事をしたいと考えないような人なので、仕事が遅いといわれることが多い人は注意が必要です。

仕事のクオリティが低い

仕事のクオリティも社内ニートに大きく関係しており、社内ニートの人は仕事を頑張ろうとする気持ちがないため仕事の質が低いです。

仕事の質が低い&遅い人は当然会社側からしてもあまり必要ないというイメージを持たれるため、早い段階でクビの対象になります。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力は仕事を行う上でかなり重要で、コミュニケーション能力がない人は社内ニートになりやすいです。

なぜコミュニケーション能力が関係しているのかというと、コミュニケーションが円滑でない場合はやはり仕事がつまらないと感じやすく、最悪人間関係のトラブルにつながりやすいです。

仕事がつまらないと感じると当然仕事に対する意欲が下がるため、意欲の低下によって仕事や質や速さが落ちて社内ニートになりやすくなります。

上司との関係性が悪い

上司や先輩との関係も重要といっても過言ではありません。

上司や先輩は自分のスキルや仕事の質を高めてくれる人物でもあるため、技術や知識を吸収できるポイントといっても過言ではありません。

しかし上司や先輩から嫌われてしまうと雑用しか任されず、あまり相手にされなくなってしまうため、成長が止まって次第に社内ニートになってしまう場合が多いです。

プライドが高い

人によってプライドの高さは大きく異なりますが、プライドが高い人は社内ニートになる場合が多いです。

なぜプライドが関係するのかというと、プライドが高い人は人に意見をされることを嫌う傾向があるため、素直に知識や技術を吸収できない場合が多いです。

先輩や上司が指導してくれているのに全く聞かない人は成長しない上に、期待されなくなって仕事を回してもらえなくなるためプライドが高い傾向がある人は気を付けるようにしましょう。

社内ニートを作る5つの環境要因

社内ニートになる人には6つの特徴がありますが、会社側にも原因がある場合があります。

会社の環境によっては社内ニートを生み出しやすい環境になっている場所もあり、改善しないと人件費において大きなマイナスが生まれている可能性が高いです。

社内ニートが多い会社は自分の社内環境がどのように該当しないかぜひチェックしてみてください。

  • 教育制度が整っていない
  • リソース不足
  • リソース過多
  • 仕事が暇・つまらない
  • 人間関係・態度に問題がある

教育制度が整っていない

社内ニートを作りやすい環境で最も多いのが「教育制度が整っていない」という点が挙げられます。

教育制度はとても大切で、仕事に就いていきなり仕事を投げやりに教えられてもできる人もいればできない人もいます。

即戦力になってくれる人物を採用していれば問題ありませんが、人によってできることとできないことは変わるため、教育制度の構築は大切です。

教育した後もしっかりとしたアフターフォローがないと社内ニートになる場合も多いので、一人でも十分仕事ができるようになるまで教育していくことが必要です。

リソース不足

リソース不足も社内ニートを生み出しやすいです。

人材が足りていない状態は一人に対して仕事量が多くなりすぎてしまい、仕事がつまらないと感じられる場合が多い上に、資源が不足していると仕事自体が少なくなる場合が多いため、社内ニートが多くなります。

リソース不足は社内ニートを生み出しやすいので、気を付ける必要があります。

リソース過多

リソース不足も問題ですが、逆のリソース過多も大きな問題です。

人材が多すぎると一人当たりに割り当てられる仕事量が減るため、自主性がないような人は当然成長しません。

さらに資源が多すぎる場合はどれに手を付けたらいいかわからなくなり、指示待ち人間は社内ニートになってしまう場合が多いです。

リソース不足やリソース過多は社内ニートを多く生み出しやすいため、バランスを意識するのが好ましいです。

仕事が暇・つまらない

仕事がつまらないと感じる場合や仕事があまりなくて暇だと感じるような環境を多く作ってしまっている場合は、社内ニートになる人を作る環境ができてしまっている場合が多いです。

仕事が楽しいと感じている人は少ないのですが、仕事が楽しくないと感じる状態が続きすぎると仕事に対する意欲がなくなるため、成長が止まりやすいです。

定期的に仕事の内容・ポジションを変えて刺激を与えていくのをおすすめします。

人間関係・態度に問題がある

人間関係はとても重要で、すぐに見切りをつけてしまうような場合は社内ニートを作る場合が多いです。

仕事ができない人に対して態度も悪くしてしまうと、やはり働く側としてもモチベーションが下がるため、仕事のクォリティもさらに低下してしまいます。

人間関係や態度をよくするだけでも仕事に対する意欲が高まりやすいので、人間関係や態度はよくするように意識しましょう。

社内ニートからの7つの脱出方法

最後は社内ニートといわれてしまった場合の脱出方法について解説します。

社内ニートになった場合は意識改革が重要で、大きく切り替えないと早い段階でクビになってしまう場合が多いです。

社内ニートの特徴に該当したい人は要チェックです。

  • 客観的に自分の現状を見直す
  • 業務時間を暇つぶしではなく成長の時間に充てる
  • 仕事の効率化を図る
  • 仕事が欲しいとアピールする
  • 余計なプライドを捨てる
  • 異動願いを出す
  • 転職する

客観的に自分の現状を見直す

社内ニートを脱出する方法として最も重要なのが「客観的に自身を見直す」という点です。

自分自身を客観的に分析することは難しいですが、自分自身で今一度現状を見直すことで、仕事に対する意識が変わる場合があります

客観的に分析できない場合は、仲がいい人や家族などに現状や仕事について説明を行い、厳しめに判断してもらうのがおすすめです。

業務時間を暇つぶしではなく成長の時間に充てる

仕事でも空き時間ができる場合がありますが、この空いている時間を自分の成長につながる時間にすることが重要です。

実際に仕事にする本を読んで技術・知識の勉強する方法や、先輩や上司について回ってどのように仕事を行うのか見るだけでも大きく変わります

暇だと時間を無駄に過ごしてしまいがちですが、成長を意識した行動を行うようにしましょう。

仕事の効率化を図る

仕事のクォリティが低い人は社内ニートと感じられやすいため、仕事の効率化を意識して行動するのがおすすめです。

仕事の効率化を考えるだけでも自分の成長へとつながり、成長をするための時間を作ることもできるため、仕事がデキる大人になりたい人は効率化を意識しましょう。

仕事が欲しいとアピールする

社内ニートを脱出したい場合に特に意識していただきたいのが「アピール」です。

上司や先輩が常に付いてくれているという状態はほとんどありません。

仕事がなくなった場合は仕事が欲しいアピールを行うことで上司や先輩に気に入られやすい上に自分の成長につながります

仕事がなくなったら率先して次の仕事がもらえるようにしましょう。

余計なプライドを捨てる

プライドが高いといわれることがある場合はプライドを捨てるようにしましょう。

プライドが高いとどうしても知識の吸収や技術の吸収を妨げてしまう場合が多いです。

素直な人の方がやはり上司や先輩からも好かれやすいため、プライドはやはり捨ててください。

異動願いを出す

どうしても仕事を行う気持ちになることができない場合は、自分自身に刺激を与えるためにも異動願を出してみるようにしましょう。

自分自身に合っている仕事でない場合は気持ちが折れてしまいやすいです。

異動させてもらうことで新たな刺激にもなり、仕事に対するモチベーションも高まる場合が多いため、異動願を出してみるのがおすすめです。

転職する

異動願を出しても話を聞いてもらえない場合や、すでに人間関係があまりうまくいっていないという場合は思い切って転職をするのもありです。

転職をするのは大変ですがまた0から始まるため、新しく自分自身に刺激を与えることができます

いつまでも仕事を与えられないところで仕事をしても成長できないため、思い切って転職をしてみるのもおすすめです。

社内ニートから新しい環境に脱出しよう

社内ニートから脱出することができると「仕事がデキる大人になる第一歩を踏み込めている」といっても過言ではありません。

率先して行動ができるようになると自分の成長にもつながり、周りからもしっかりとした人・やる気がある人だと期待されやすいです。

社内ニートにならないように仕事に対する意欲を維持して行動しましょう。

おすすめの記事