貯金箱

30代は結婚や出産で家族が増える人も多く、人生設計が重要な年代だといえます。

そんな30歳からの転職では年収を考慮する必要があるでしょう。

どれほどやりがいのある仕事でも、お金は非常に重要です。

そこで、30歳からの転職で考えておきたい平均年収を男女別に紹介します。

転職前に年代別の平均年収を知ることは大事

就職した企業でキャリアを積み、30代になって転職を考えるときに重要なのが年収です。

これまでの仕事では年収が少ないと感じていた人は、少しでも年収アップが目指せる転職先を選ぶのが良いでしょう。

また、キャリアを活かしたキャリアアップの転職を希望するのであれば、キャリアに応じた年収が得られる企業を探さなければなりません。

このような理由から、30歳の転職では年収が非常に重要なカギを握るといえるのです。

年収の高い企業についての知識を持ち、年収が高い企業の傾向も知っておくと転職では役に立ちます。

そこで、30歳の平均年収を紹介し、年収の高い企業やその特徴を詳しく紹介しましょう。

”男女別”30歳の平均年収

30歳の平均年収は、男女で大きな差がみられるのが特徴です。

そこで、男性の平均年収と女性の平均年収をそれぞれ紹介していきます。

  • 30代男性の平均年収
  • 30代女性の平均年収

30代男性の平均年収

国税庁の民間給与実態調査による30代男性の年齢別平均年収は次の通りです。

年齢 平均収入
30歳 436万円
31歳 450万円
32歳 463万円
33歳 477万円
34歳 494万円
35歳 496万円
36歳 504万円
37歳 514万円
38歳 527万円
39歳 530万円
30代男性・年収の中央値 436万円

30歳では436万円であった平均年収が39歳になると530万円にまで増加しています。

重要な仕事を任されるようになることや、管理職への昇格など30代は成長が著しい年代ともいえるでしょう。

したがって、10年の間に大きく年収が変わるのです。

中央値で見ても436万円ですので、これ以下の年収で働いているという人は転職を考えるのが良いといえます。

30代女性の平均年収

30代女性の平均年収も、国税庁の民間給与実態調査をもとに紹介していきましょう。

年齢 平均収入
30歳 361万円
31歳 364万円
32歳 371万円
33歳 374万円
34歳 381万円
35歳 382万円
36歳 384万円
37歳 383万円
38歳 391万円
39歳 392万円
30代女性・年収の中央値 361万円

30代男性の平均年収の中央値である436万円と比較すると、30代女性の平均年収は大きく下がることが分かります。

男女雇用機会均等法が施行されているものの、男女の年収には差があるといえるでしょう。

ただし、30代になると女性でも361万円が平均ですので、現職の年収と比較してみるのがおすすめです。

”学歴別”の30歳の平均年収

30歳の年収は学歴でも大きな差が出ます。

一般的に大卒の年収は高いといわれていますが、短大卒や高卒とはどのくらいの差があるのか気になる人もいるでしょう。

ここからは、30代の年収を学歴別に紹介します。

大卒 短大卒 高卒
男性30~34歳 386.2万円 324.7万円 310.6万円
男性35~39歳 451.9万円 357.7万円 341.9万円
女性30~34歳 336.5万円 289.8万円 245.4万円
女性35~39歳 364.6万円 303.6万円 253.4万円
30代男性の平均 約386万円 約325万円 約311万円
30代女性の平均 約336万円 約290万円 約245万円

大卒の平均年収は30~34歳の平均年収と比較しても男性で約45万円、女性では約40万円高くなります。

短大卒になると、男性の平均年収よりも低くなり、高卒ではさらに年収が下がってしまうことも分かるでしょう。

大卒であれば全体の平均年収以上の年収が期待できますので、転職の際には年収が下がらないように気をつけなければなりません。

30歳で平均年収が高い会社10選【10位-6位】

30歳で転職を考えるときは、これまで以上の年収を手にしたいと思う人がほとんどです。

しかし、どの企業に転職をしても、年収が高くなるとはいい切れません。

30歳の転職では、転職先選びが非常に重要になるのです。

そこで、平均年収が高い企業をランキング形式で紹介しましょう。

平均年収が高い企業の10位から6位は次の通りです。

  • 平均年収が高い会社10位:日本商業開発
  • 平均年収が高い会社9位:伊藤忠商事
  • 平均年収が高い会社8位:フロンティア・マネジメント
  • 平均年収が高い会社7位:三菱商事
  • 平均年収が高い会社6位:日本M&Aセンター

平均年収が高い会社10位:日本商業開発

平均年収が高い会社の10位にランクインしたのは日本商業開発です。

30代の推計年収は1138万円と年収1000万円をこえる企業の1つとして知られ、平均年齢も41.7歳と若いことから、30歳からの転職にぴったりの企業だといえます。

平均年収が高い会社9位:伊藤忠商事

30歳の平均年収が高い会社の9位には伊藤忠商事が選ばれました。

平均年齢は41.7歳ですので日本商業開発と同じですが、30代の推計年収は1168万円と高いのが特徴です。

伊藤忠商事に転職をすると、年収アップだけでなく世界を相手にした幅広いビジネスができるようになるでしょう。

平均年収が高い会社8位:フロンティア・マネジメント

平均年齢は38.5歳と若く、30歳の転職にもおすすめなのがフロンティア・マネジメントです。

30代の推計年収は1171万円ですので、年収1000万円以上の企業を目指す人にも適しています。

東京に本社を置き、専門家による経営支援やM&Aなどを得意としている企業です。

平均年収が高い会社7位:三菱商事

30歳の転職には三菱商事を選ぶのもおすすめです。

30代の推計年収が1217万円と高く、平均年齢も42.5歳と30歳からの転職にも適している企業でしょう。

グローバルなビジネスを得意としていますので、外国語に自信があるという人にはぴったりの転職先です。

平均年収が高い会社6位:日本M&Aセンター

平均年収が高い企業の6位には日本M&Aセンターが選ばれています。

日本M&Aセンターは平均年齢が35.1歳と極めて若く、若い世代の転職に適している企業です。

30代の推計年収も1257万円ですので、満足のいく転職ができるでしょう。

30歳で平均年収が高い会社10選【5位-1位】

30歳の平均年収が高い会社ランキング10位から6位では、30代の推計年収が1200万円をこえる企業がみられました。

そこからランクアップした5位から1位では、どのくらいの年収が期待できるのか気になる人も多いでしょう。

そこで、30歳の平均年収が高い会社の5位から1位を紹介します。

  • 平均年収が高い会社5位:ヒューリック
  • 平均年収が高い会社4位:ストライク
  • 平均年収が高い会社3位:GCA
  • 平均年収が高い会社2位:キーエンス
  • 平均年収が高い会社1位:M&Aキャピタルパートナーズ

平均年収が高い会社5位:ヒューリック

不動産を扱う企業として知られるヒューリックが、30歳の平均年収が高い会社ランキングの5位です。

平均年齢は39.8歳であり、30代の推計年収は1281万円となっています。

1300万円にはわずかに届かないものの、長く勤務することで年収アップも期待できるでしょう。

平均年収が高い会社4位:ストライク

30歳の平均年収が高い会社の4位に選ばれたのがストライクです。

M&Aの実務に精通した公認会計士が主体となっている企業であり、これまでに数多くのM&Aを成功へと導いています。

平均年齢が39.8歳ですので30歳の転職には最適だといえるでしょう。

30代推計年収も1341万円と、非常に高いのが魅力です。

平均年収が高い会社3位:GCA

完全独立型のM&Aを得意としてるGCAが30歳の年収が高い会社の3位に選ばれています。

平均年齢37.9歳、30代推計年収は1744万円ですので、4位以下と大きな差をつけているといえるでしょう。

30歳からの転職で年収が高い企業を目指すのであれば、GCAが適しています。

平均年収が高い会社2位:キーエンス

年収が高いメーカーへの転職を希望しているのであれば、キーエンスがよいでしょう。

30歳の年収が高い会社2位に選ばれているのが特徴で、30代推計年収は1840万円です。

大幅な年収アップが期待できる企業であり、平均年齢も35.8歳と若いことから働きやすいのも魅力でしょう。

平均年収が高い会社1位:M&Aキャピタルパートナーズ

30歳で年収2000万円以上を目指すハイクラスの転職を希望している人はM&Aキャピタルパートナーズがおすすめです。

30代の推計年収が2392万円と極めて高いことから、30歳の平均年収が高い会社ナンバーワンに選ばれています。

平均年齢も31.3歳と若いため、30歳からの転職にぴったりでしょう。

これまでの企業でM&Aを経験した人であれば、転職先として考えるべき企業の1つです。

平均年収が高い会社の3つの特徴

30歳の平均年収が高い企業には目立った特徴があります。

これから紹介する特徴に当てはまる企業であれば、転職をしても高い年収が期待できるでしょう。

30歳の平均年収が高い企業の特徴は次の通りです。

  • 特徴1:海外展開している
  • 特徴2:事業スケールが大きい
  • 特徴3:成長産業である

特徴1:海外展開している

さきほどのランキングから分かるのは、トップ10に選ばれた企業の多くがグローバルなビジネスを展開しているという点です。

海外の拠点を多数抱える企業も多く、世界規模のネットワークを持っている企業もあるでしょう。

海外事業に積極的に取り組む企業であれば、海外での収益をあげられることから企業自体も大きく成長するのです。

したがって、国内のみに拠点を置く企業よりも高い年収が期待できるようになります。

特徴2:事業スケールが大きい

事業スケールが大きいことも、30歳の年収が高い会社ランキング上位の特徴です。

莫大な資金を動かす事業を手掛けられる企業ほど、大きな収益が上げられます。

また、M&A関連の企業も多く、大きな会社のM&Aを成立させるといったビッグプロジェクトに関わる企業であれば高い年収が期待できるといえるでしょう。

特徴3:成長産業である

現在はそれほどの年収が得られない企業でも、成長領域にある企業は今後の年収アップに期待できます。

世界的に需要が高く、その分野でのトップクラスといった企業を選ぶと、将来的に稼げる企業になる可能性が十分にあるでしょう。

中小企業であっても、世界シェアが見込まれる企業であれば将来的な年収アップも夢ではありません。

したがって、世界の動きにしっかりと目を向け、今後の活躍に期待できる企業を選ぶことが大切です。

30代で転職を考えるなら会社の平均年収を調べてみよう

1.技術職へ転職は35歳までが一般的

30代の平均年収は男性で436万円、女性は361万円という結果となりました。

しかし、30代の推計年収が1000万円をこえる企業というのもあるのです。

そのような企業へと転職すると、年収アップが期待できるでしょう。

年収の高い企業には特徴があります。

転職の前にはしっかりと企業分析を行い、年収アップが可能な企業を探すようにしましょう。

今よりも年収の高い企業へと転職をし、30歳からの転職を成功させてください。

おすすめの記事