Google

IT企業のトップにラインクインしているGoogleのエンジニア職へ転職したい場合は、英語力やエンジニアとしての知識だけでなくコミュニケーション能力も磨く必要があります。

この記事では、Googleのエンジニアへ転職するコツを紹介します。

Googleへのエンジニア転職は不可能ではない

Googleのエンジニアといえば、IT企業のトップにラインクインしたおり年収も良いことから、Googleへの転職を諦めてしまう人もいるかと思います。

しかし、準備をしっかり行えばGoogleのエンジニアへ転職することは可能です。

これから、Googleのエンジニア職への転職を成功させるためのコツや条件などを紹介します。

Googleのエンジニア職の求人内容や応募条件

Googleといえば、アメリカのサンフランシスコに拠点をおく世界トップのIT企業で、Googleに就職したい人が世界中の大勢いるので非常に難関な就職先の一つとされています。

Googleのエンジニアへ転職を考えている人は、以下の求人内容や応募条件を確認しておきましょう。

これから、各項目ごとに具体的に解説していきますので是非、参考にしてください。

  • 定期的に3つの職種を募集している
  • 学歴、経験、英語力の3つが求人の条件
  • 試験は最大4回

定期的に3つの職種を募集している

Googleは定期的に以下の3つの職種を募集しており、新卒者のみならず転職者の採用も行なっています

  • カスタマーサービス職
  • マーケティング、営業職
  • エンジニア職

顧客の悩みを正確に判断して不具合などの報告を行うカスタマーサービス、イベントや企画開発などクリエイティブなマーケティング・営業職、そしてGoogleのプログラムを開発するエンジニア職の3つを定期的に募集しています。

学歴、経験、英語力の3つが求人の条件

資格

Googleのエンジニアへ転職をするには、学歴と経験、そして英語力が求人の条件となっています。

Googleはアメリカのサンフランシスコを本拠地としており公用語は英語となっているので、たとえGoogleJapan勤務でも話せて書けるレベルのビジネス英語を習得する必要があります。

また、過去にWebやIT企業でエンジニアとして働いた経験があれば、中途採用だとしてもGoogleに転職することは大いに可能です。

学歴に関しては大学卒以上が求められていますが、Googleへの転職で大切なのはエンジニアとしての経験と英語力になります。

面接は最大4回

基本的に中途採用であれば1回から2回程度の面接を経て内定をもらえますが、Googleに転職する場合は最大で4回ほどの面接にパスしてようやく内定をもらうことができます。

アメリカも含めて海外の中途採用の面接は、日本の採用面接とは異なり、様々な部署の人たちとの面接を行うのが普通となっています。

これは、Googleの一員として働くにはエンジニア同士だけでなく、マーケティングやカスタマーサービスなどの部署の人たちとも円滑にコミュニケーションを取ることになるため、4回ほどに分けて面接を行なっています。

Googleへのエンジニア転職を成功させる6つのコツ

Googleのエンジニア職への転職は難関と言われていますが、条件さえ揃っていれば中途採用も可能です。

これから、Googleのエンジニア職への転職を成功させる以下の6つの事項について具体的に解説していきますので、Googleへ転職を考えている人は是非、参考にしてください。

  • 常にロジカルな返答を心がける
  • コンピュータサイエンスの基礎的な部分を改めて学習する
  • 前向きな返答を心がける
  • TOEICはAランクを目指す
  • 採用内容が記載されているHPを隅々まで読む
  • 論理的思考のドリルを買いトレーニングをする

常にロジカルな返答を心がける

Logic

Googleのエンジニア職への転職を成功させるには、Googleの面接で常にロジカルな返答を心がけるようにしましょう。

熱意や自分のやりたいことを伝える気持ちも大切ですが、GoogleはIT企業なので論理的な考え方を持っている人を必要とされています。

特に、エンジニア職の人はシステムのプログラミングが主な仕事なので、ロジカルに物事を考えて問題解決や向上を測らなければなりません。

コンピュータサイエンスの基礎的な部分を改めて学習する

勉強 仕事 パソコン

Googleのエンジニア職へ転職したいと考えている人は、おそらく過去にWebやIT企業でエンジニアとして働いた経験があってステップアップをするを目的にしていることが多いでしょう。

エンジニアのみならず全ての職種に就いている人に当てはまりますが、経験して一つの仕事に慣れてくると初心を忘れてしまうこともあります。

Googleのエンジニア職へ転職する前に、今一度、コンピューターサイエンスの基礎的な知識をおさらいしておくことをおすすめします。

前向きな返答を心がける

Googleのエンジニア職へ転職する場合には、面接の時に前向きな返答を心がけるようにしましょう。

エンジニアという職業は、常にトラブルがつきものでネガティブな気持ちになってしまうこともありますが、突然のトラブルにもポジティブに前向きに解決をする姿勢が必要となります。

Googleの社内ではエンジニアの部署内はもちろん、多部署とも円滑にフレンドリーにコミュニケーションを取っていくことが大切なので、問題点をしっかり受け止めて瞬時に解決する姿勢を見せる人材が求められています。

自分はロジカルに物事を考えて前向きに仕事に取り組むという姿勢を、Googleの面接でしっかり示すようにしてください。

TOEICはAランクを目指す

英語

グローバル社会になってきた今、外資系企業のみならず日系企業でもTOEICの資格を求められることも出てきました。

Googleはアメリカの企業なので、読み書きができるだけでなく英語での高いコミュニケーション能力が求められます。

TOEICのレベルは英語力の物差しとなるため、Googleのエンジニア職に転職する前にTOEIC900点以上のレベルを取得しておくと内定をもらいやすくなります。

採用内容が記載されているHPを隅々まで読む

Googleのエンジニア職へ転職をする前に、Googleの公式ホームページの採用内容をしっかり読むことをおすすめします。

どれだけGoogleという企業に関心があるのか、今まで培ってきたスキルをどのようにしてGoogleで活かしていきたいのか、どのような人材を求めている企業なのかなど面接の時にスムーズに答えられるようにすると面接官への印象も上がります。

論理的思考のドリルを買いトレーニングをする

勉強

Googleのエンジニア職には、論理的な思考を持っている人材が求められます。

もともとの性格上、全ての物事をロジカルに考える人は別ですが、もし論理的に考えられないという人は、市販の論理的思考のドリルを購入してトレーニングをすることをおすすめします。

Amazonで人気がある「5分で論理的思考ドリル」など、数多くのドリルが販売されているので自分に合ったものを選んで面接までにトレーニングを重ねていきましょう。

Googleエンジニア転職で求められる3つのGoogleらしさ

Googleはアメリカの企業なので「Googleらしさ」がある人材を求めています

以下の3つのGoogleらしさがあれば、Googleのエンジニア職への転職も成功する可能性も広がります。

これから、Googleはどのような人物を必要としているのかを具体的に解説していきます。

  • 一切の嘘がなく誠実な人物である
  • 様々な立場の人を巻き込んで仕事ができる魅力のある人物である
  • 「必ずこうすべき」「必ずこうあるべき」という信念を持った人物である

一切の嘘がなく誠実な人物である

Googleが求める人材の特徴の一つとして、まずは一切の嘘がなく誠実な人かどうかが問われます。

ロジカルに物事を捉えて解決への策をチームで考えていくためには、小さなミスでも嘘をついて隠すことなく同僚や上司に報告できるような誠実な人物が一員でなければなりません。

ミスしたら恥ずかしいなどとは思わずに、自分のミスを素直に認めて表明してチームの助けを求められるような前向きな人物が必要とされています。

様々な立場の人を巻き込んで仕事ができる魅力のある人物である

Googleにはエンジニアだけでなく、営業職やカスタマーサービスなど数多くの部署が存在します。

多くの人たちと同じ目標を持って仕事を行わなければならないため、自ら積極的に会話をして仕事をしていく姿勢を見せる必要があります。

仕事を与えられるのを待つのではなく、何か問題はないか、他に良いアイディアはないかなど、積極的に仕事を見つけてチームのみんなで解決しようとするリーダー的な魅力がある人物が採用されやすくなっています。

「必ずこうすべき」「必ずこうあるべき」という信念を持った人物である

Googleのエンジニア職への転職を成功させるためには、自分の信念を示す必要があります。

「必ずこうあるべき」「必ずこうするべき」という強い信念がエンジニア職には必要となり、新たなプログラムを開発する糧となります。

アメリカ人には言葉でしっかり熱意や信念を伝えなければ、「この人はやる気がないのか」と思われてしまい感じが悪いと解釈されてしまいます。

Googleで働いている日本人との面接でも、少し大げさにアピールし過ぎぐらいが丁度いいと思って良いでしょう。

Googleにエンジニアとして転職する3つのメリット

Googleに転職できること自体で将来的に多くのメリットがありますが、他にも以下のようなメリットがあります。

  • 社員食堂が無料など福利厚生がとても充実している
  • Googleオフィスではセミナーなどが定期的に開催されている
  • 退職金貯蓄制度がある

これから、Googleにエンジニアとして働く3つのメリットを具体的に紹介していきます。

社員食堂が無料など福利厚生がとても充実している

Googleのエンジニア職に転職した際には、社員食堂が無料だったり提携しているジムやマッサージをオフィス内で無料で利用することができます。

これは、社員の人たちの健康面に気を使ったGoogle特有のシステムで、Googleに勤務している多くの社員の人たちが利用しています。

福利厚生がとても充実しているのは、Googleに就職する最大のメリットと言えます。

Googleオフィスではセミナーなどが定期的に開催されている

Googleオフィス内では、定期的にセミナーやレッスンなどが開催されており、社員の知識レベルアップに積極的に貢献しています。

マネージメントなど仕事に役立つセミナーだけでなく、料理や語学レッスンなども開催されており他の部署の人たちと知り合うこともできるので会社に行くことが楽しいと感じている社員の人が多数います。

退職金貯蓄制度がある

貯金箱

Googleには退職金貯蓄制度が採用されており、お金の使い道を会社で管理してくれるので間違って大金を使い果たしてしまうということはありません。

Googleの年収はとても高いので、せっかく頑張って稼いだお金を一瞬で浪費してしまわないよう、Googleがお金についてアドバイスをしてくれます

Googleへのエンジニア転職は事前の準備をしっかりして成功させよう

Googleのエンジニア職への転職を成功させるためには、TOEICを取得して英語力を高めたりエンジニアとしての知識をしっかりおさらいするなど、事前の準備をしておく必要があります。

また、コミュニケーション能力やロジカル的な思考など、ヒューマンスキルも重視されるのでGoogleの転職を考えている人は、その点もトレーニングするようにしましょう。

おすすめの記事