サイバーエージェントの転職難易度は?口コミや顔採用は本当?

インターネット広告事業やメディア事業など、最先端のビジネスを行うサイバーエージェント。常に注目が集まっている企業なだけに転職を考える人も多いでしょう。ただ、転職難易度や口コミなども気になりますよね。さらに、顔採用もあるというのは本当なのでしょうか。そこで、サイバーエージェントへの転職や難易度について調べてみました。

サイバーエージェントの転職難易度

サイバーエージェントへの転職を考えるとき、気になるのはその難易度だという人も多いでしょう。簡単に転職が可能なのでしょうか。また、難易度が高ければ高いほど転職への熱意が高まるという声も聞かれます。そこで、サイバーエージェントの転職難易度を調べてみました。サイバーエージェントの企業情報などと併せて紹介してきましょう。

転職前に知っておきたいサイバーエージェントの企業情報

サーバーエージェントというのは、どのような会社であり、どのくらいの難易度なのでしょうか。転職難易度を考える前に、まずは、サイバーエージェントの企業情報を知っておくのがおすすめです。

ここからは、サイバーエージェントにおける次の3つのポイントを解説していきます。

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 採用内容

企業情報

サイバーエージェントは1998年に創立された比較的新しい企業です。インターネットメディアの運営やネット広告などを手掛けることで知られ、スマホゲームの制作にも乗り出しているのが特徴でしょう。スマホゲームでは「グランブルファンタジー」など、数多くのヒット作を持っています。

新しいスタイルでの働き方を提案している企業でもあり、独自の福利厚生制度が採用されるなど転職者にとっても注目度の高い企業だといえるでしょう。

会社名 株式会社サイバーエージェント

CyberAgent,Inc.

本社所在地 東京都渋谷区宇田川町401号 Abema Towers
設立 1998318
資本金 7,203百万円(20199月末現在)
事業内容 メディア事業

インターネット広告事業

ゲーム事業

投資育成事業

事業内容

サイバーエージェントはメディア事業を中心とした会社であり、日本最大級のインターネット広告事業を展開しています。また、ゲーム事業にも力を入れ、数多くのヒット作を生み出している企業です。

Abema TVやAmebaブログなどの開発・提供でも知られるメガベンチャー企業であり、ベンチャー企業の中でも5000人以上の社員を抱える型破りな企業としても知られています。

売上高も4000億円と順調な業績を見せていることから、将来性も期待できるでしょう。そのため、採用人数も多く、転職先としても人気です。

そのほか、投資育成事業なども行っていますので、これまでの投資のキャリアを活かした転職も不可能ではありません。

    採用情報

    サイバーエージェントには中途採用向けの採用HPが設けられていますので、事業部別や職業別に求人の検索が可能です。

    また、社会人経験が4年目までの意図を対象として第二新卒枠の募集もありますので、求人が見つけやすいといえるでしょう。

    サイバーエージェントの採用では学歴が重視されるケースが少なく、高卒でも応募が可能です。

    大手企業の多くは大卒以上としていることが多いため、学歴による難易度は下がる可能性があるでしょう。

    しかし、営業職の場合には「営業の経験が1年以上で社会人3年目以上」といった条件が設けられることがあり難易度が高くなります。

    技術職の場合でも、経験が必要とされるケースが多く、すぐに使える人材が求められているという点では難易度が高くなるといえるでしょう。

    サイバーエージェントが現在募集している職種

    サイバーエージェントでは、さまざまな職種での求人があります。エンジニアやデザイナーといったクリエイティブな仕事から、営業などの職種での採用がありますので、自分の特技を活かした転職が可能です。

    ただし、転職などの中途採用の状況は刻一刻と変化しています。いつも同じ職種での求人があるとはいえず、難易度も変わり続けているといえるでしょう。したがって、採用HPを常に確認しておくのがおすすめです。

    サイバーエージェントの転職難易度

    サイバーエージェントは事業内容が豊富で専門的な知識をもった人材を求めていることから経験が豊富な人の転職難易度は下がると考える人が多いでしょう。しかし、新卒での難易度が高いように、転職難易度も極めて高い企業としても知られています。

    ここからは、次の3つのポイントでサイバーエージェントの転職難易度を考えていきましょう。

    • 応募者が多いため倍率が高い
    • キャリア採用の求人数が少ない
    • 会社とカルチャーマッチしていることが求められる

    応募者が多いため倍率が高い

    サイバーエージェントは常にチャレンジを続けている会社であり、世界中の企業からの注目も集まっています。また、独自の福利厚生制度を採用するなど、働きやすい会社としても知られているでしょう。

    そのため、サイバーエージェントへの転職を求める人が多く、求人に対する倍率が非常に高いのが特徴です。したがって、転職難易度は極めて高いといえるでしょう。

    なかでも、技術や経験をそれほどまでに必要としない事務職では、驚くほどの転職難易度だといわれています。サイバーエージェントへの転職では、転職エージェントなどを上手に利用し、転職難易度の高さに打ち勝つ工夫が必要です。

    キャリア採用の求人数が少ない

    サイバーエージェントの転職難易度を高めている理由の1つに、キャリア採用の求人数の少なさが挙げられるでしょう。

    サイバーエージェントでは平均勤続年数が5.2年と短く、常に若い人材によって構成されている企業です。ベンチャー企業ならではの勢いのある会社経営が行われていることから、1つの会社でじっくりとキャリアを積んだ人材は求められないケースが多くみられます。

    したがって、キャリア重視の場合には転職難易度がさらに高くなるでしょう。

    会社とカルチャーマッチしていることが求められる

    サイバーエージェントはベンチャー企業らしい活気あふれるカルチャーを持つ会社です。新しい時代を見据えた柔軟な考え方を持つ人材を好む傾向から、仕事へのポテンシャルの高さや人柄で難易度が左右されるといえるでしょう。

    企業のカルチャーとマッチしていることが基本であり、それを踏まえたうえで、これまでの経験がどのように活かせるかをしっかりアピールすることが高い難易度を乗りこえるコツです。

    サイバーエージェントの3つの良い評判

    サイバーエージェントに転職した人からは、たくさんの良い口コミが寄せられています。い転職難易度を潜り抜けて転職した人は、仕事への充実感を感じているといえるでしょう。

    ここからは、サイバーエージェントに転職した人の良い口コミを紹介します。

    口コミ(1)

    成長できる環境が整えられています!
    ほかの業界からの転職で、広告用語や仕組みなどが分からない状況からのスタートでしたが、質問をしやすい環境ですので、1カ月でついていけるようになりました。学びたいという意欲を応援してくれる人が多く、成長できる会社です。
    20代 男性

    サイバーエージェントの転職難易度は高いものの、未経験からの転職も可能です。モチベーション次第で大きく成長できる会社であることが分かります。

    口コミ(2)

    女性が働きやすい企業です
    女性管理職が多く、女性のキャリアが目指せる環境です。オフィスに加湿器が設置されていたりと、女性に優しい配慮もみられます。
    20代 女性

    サイバーエージェントの魅力は、女性のキャリアも期待できることでしょう。性別に関係なく仕事ができ、女性の活躍が可能だということが分かります。さらに、女性であっても転職難易度の高さは乗り越えられるようです。

    口コミ(3)

    1.技術職へ転職は35歳までが一般的

    活気にあふれている職場
    社員全体の年齢層が高く、活気にあふれている環境で仕事ができます。毎日が充実していますので、仕事に行くのが楽しみです。
    20代 男性

    エネルギッシュな環境でクリエイティブに働きたいという人にサイバーエージェントはぴったりであることが分かります。難易度は高くなりますが、全体を通して働きがいが感じられるといえるでしょう。

    サイバーエージェントの3つの悪い評判

    転職難易度の高いサイバーエージェントですが、悪い口コミもありますので知っておくのをおすすめします。

    口コミ(1)

    残業が多い
    深夜1時まで残業をすることが何度かありました。退社時間に仕事が終わらないというのもめずらしくありません。
    20代 男性

    転職難易度の高いサイバーエージェントは新しい働き方を導入しています。しかし、残業が多いことを覚悟しておく必要があるようです。

    口コミ(2)

    海外を目指すに人にはおすすめしません
    グローバルな企業と考えて転職をしましたが、海外展開はそれほどまでに期待できません。
    20代 女性

    海外のマーケットを目指す人のであれば、別の企業への転職がおすすめのようです。しかし、転職難易度の高いサイバーエージェントにしかできない事業内容は非常に魅力だといえるでしょう。

    口コミ(3)

    貯金箱

    年収には期待できないかも…
    ここ数年ボーナスは出ていません。成果が出せれば手当も出ますが減給されることもあります。
    20代 男性

    サイバ―エージェントは仕事へのやりがいが感じられる一方、給与面ではそれほどの評価は得られないようです。しかし、成果を出すことで、年収アップにもつなげられます。難易度の高い転職先ですがその魅力は十分にあるといえます。

    サイバーエージェントが顔採用は本当なのか

    対策1:専門技術やキャリアを活かせる企業を探す

    サイバーエージェントでは、「顔採用」があるといわれていますが、本当なのでしょうか。顔採用によって転職難易度が高くなると感じる人もいるでしょう。

    事実、サイバーエージェントの社員には華やかな顔立ちをしている人が多く、大人数でワイワイと仕事をするのに向いている人が集まる傾向がみられます。

    サーバーエージェントのSNSに投稿される写真の多くは美男美女であり、顔採用が重視されているのではないかといった声もあるのです。

    また、TV番組の「パリピ選手権」にサイバーエージェントの社員が出演したことから、キラキラした女子社員が多いといえるでしょう。

    しかし、サイバーエージェントは設立から20年程度であり、従業員の平均年齢も32.6歳といわれている若い会社です。

    そのため、若く華やかな社員が集まる可能性が高いといえるでしょう。日本を代表するベンチャー企業としても知られていることから、キラキラした職場を求めた結果、華やかな人が集まりやすいともいえます。

    サイバーエージェントの採用担当者は顔採用を否定していますので、あからさまな顔採用はなく、顔によって転職難易度が変わることはないと考えましょう。

    仕事へのポテンシャルが非常に高く、その分野で活躍ができる人材を集めると、必然的に美男美女がそろったというのが、事実のようです。

    サイバーエージェントの転職には転職エージェントを活用しよう

    サイバーエージェントは日本を代表するITベンチャー企業です。人気の転職先としても知られていますので、転職難易度は非常に高いといえるでしょう。

    サイバーエージェントが求める人材をしっかりと見極め、どの部分をアピールするかが採用では重要です。

    そのため、サイバーエージェントへの転職には転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントであれば、応募書類の書き方から面接対応までのサポートが受けられますので、安心した転職活動が可能です。

    転職エージェントを利用すると難易度の高いサイバーエージェントへの転職も可能ですので、相談してみるのが良いでしょう。

    おすすめの記事