サイバーエージェントの2020年最新離職率は?顔採用喜び組や3年目も調査!

サイバーエージェントは、高い離職率から約10%という低い離職率に下げることに成功しました。

この記事では、サイバーエージェントの離職率が下がった理由を紹介します。

また、女性社員が美人が多く顔採用説が本当なのかも解説します。

サイバーエージェントの離職率について知りたい!

対策1:専門技術やキャリアを活かせる企業を探す

テレビやビデオエンターテイメント会社のサイバーエージェントは、20代の若手でも子会社の社長になれるという実力のある若手が働きやすい会社です。

昭和の頃のように安定した年収が得られずに離職する人が多い状況下の中、サイバーエージェントは離職率が低いことで有名です。

サイバーエージェントの離職率を徹底的に調査して、現在の離職率と離職する理由などを紹介します。

サイバーエージェントの離職率【2020年最新】

アメーバブログをスタートしてから一気に有名になったサイバーエージェントは、全国にある一般企業の中でも離職率が低いとされています。

これから、サイバーエージェントの最新の離職率について紹介します。

  • 最新の離職率は10.3%
  • 2000年ごろの離職率は30%
  • 3年目の離職率は?

最新の離職率は10.3%

アメーバブログを開発したことで一気に成功への階段を登り続けているサイバーエージェントの調査したところ、最新の離職率が10.3%と平均的な離職率15%より約5%も低いことが分かりました。

サイバーエージェントの離職率が一般企業よりも低い理由としては、会社の社長が若くしてトップにたったということもあり、20代の若い人でも実力があって頭角を現しても打たれることなく積極的に仕事をすることができるということです。

若い人でも理不尽なことがほぼなくて、働きやすいというところがサイバーエージェントの離職率を低くしている要因と言えます。

2000年ごろの離職率は30%

現在では離職率が低いサイバーエージェントですが、2000年には離職率が30%で平均的な離職率より大幅に上回っている時代がありました。

離職率が30%まで上昇した理由としては採用の失敗が一番の原因とされています。

過去にはサイバーエージェントの幹部は20代後半から30代前半の人たちを採用しており、社員の平均年代が25歳前後でネット業界に詳しい若手が上司の対応に不満を持ったことで離職をしていたようです。

3年目の離職率は?

勤続年数ごとにお得な制度が採用されることから、サイバーエージェント入社してから3年目の離職率が低いとされています。

例えば、勤続年数5年以内の社員には月3万円の補助金が支給されたり、5年目以降は5万円が支給されることもあり離職する人も減ってくることによって3年目の離職率が低下しています。

サイバーエージェント 公式サイト

サイバーエージェントの離職率が下がった5つの人事制度

2000年には30%という高い離職率だったサイバーエージェントは、現在では約10%まで下げることに成功しました。

これから、サイバーエージェントの離職率が下がった5つの人事体制を紹介します。

  • 新卒社長
  • CA18
  • 社員総会
  • 女性向け労働環境改革
  • 勤続年数に応じた充実の制度

新卒社長

若くても昇進のチャンスがある
以前は典型的な日系企業で働いていましたが、自分の実力が評価されずに上司に全て持って行かれてしまっていました。サイバーエージェントに転職した理由は、若手でも実力があればしっかりと評価されるということです。上司も20代なので気を使わずに働くことができます。20代で子会社での社長も任されることもあるようなので、年齢関係なく昇進できるところがサイバーエージェントの良いところです。
24歳・男性

サイバーエージェントは離職率を下げるために、イバーエージェント子会社の経営を任せる新卒社長制度を採用しています。

2013年に離職率を改善するための人事制度改革を行い、大学卒業したての20代前半の若手を社長として雇うことで、あらゆる新事業をスタートさせることに成功しました。

CA18

情報を全てオープンにする
他の会社にはなくてサイバーエージェントにあるものとは、執行役員というのを設けて取締役会に参加できるというシステムでしょう。上層部が秘密を抱えてないかどうかも知ることができて、社員全員で会社の情報を共有できるので会社を信用できます。
26歳・女性

CA18とはサイバーエージェントの取締役の他に10人の執行役員を採用する制度です。

執行役員を月に1回開催される取締役会に参加することで、サイバーエージェントの経営情報をオープンにすることができて社内で情報を共有できます。

執行役員には新卒3年目という人たちも多く、日本特有の年功序列ではない実力社会な新しい制度がサイバーエージェントの魅了の一つでもあります。

社員総会

モチベーションが上がる
サイバーエージェントには社員を表彰する社員表彰制度があって、半年に1回、成果を上げた社員が表彰されます。堅苦しい感じではなく、パーティーのような華やかな会でその日をみんなで楽しんでいるといった感じです。表彰された人は「頑張ってよかった」と思えるし、表彰されなかった人は「次こそは頑張ろう」というモチベーションにも繋がって良いです。
23歳・男性

社長総会とは半年に1回のペースで開催される社員表彰のための制度です。

サイバーエージェントの社員同士の関係はとてもフレンドリーで良いことから、同僚が表彰されたら他の社員も喜んだりと、その日はとても華やかな会になるそうです。

また、仲間が表彰されたことで自分も頑張って表彰されようという意欲も湧いてくるので、仕事へのモチベーションにも繋がります。

女性向け労働環境改革

対策2:将来性×専門性をアピールする

妊活休暇を利用しました
20代後半になり、そろそろ子供が欲しいと思いサイバーエージェントの妊活休暇を利用してみました。女性は仕事がハードだと精神的にダメージがあって不妊にも繋がるということで、思い切ってこの休暇を利用してみたところ、見事妊娠することができました!サイバーエージェントは女性の立場も尊重してくれるので、出産後も長く働き続けていきたいです。
28歳・女性

サイバーエージェントは20代の若手を中心として経営が成り立っているだけあり、女性にとって環境の良い環境づくりを目指す「macalon(マカロン)パッケージ」を取り入れています

例えば、おそらく日本で初めて取り入れたであろう「妊活休暇」や、子育てをしている女性には嬉しい「キッズデイ休暇」などの家族との時間を大切にできる特別休暇を設けています。

一般的な日系企業だと有給休暇や生理休暇さえ取りずらい環境の中、サイバーエージェントはプライベートを大切にするという考えもあり女性が働きやすい環境なことも離職率が少ない理由の一つです。

勤続年数に応じた充実の制度

長く働くほど待遇が良い
サイバーエージェントに入社してから早6年が過ぎました。この会社の良いところは、勤続年数が5年目以降の人には、どこに住んでいたとしても月に5万円が家賃として支給されるところでしょう。実家は地方にあるので、5万円の補助金が毎月出るのは非常にありがたいです!
29歳・男性

サイバーエージェントの離職率が低い理由の一つとして、勤続年数に応じて充実した制度が取り入れられているということもあげられます。

通常サイバーエージェントは、オフィスがある最寄駅から2駅以内の場所に住んでいる正社員に月3万円の家賃を支給しています。

勤続5年目の正社員には、どこに住んでいたとしても月5万円の補助金が支給されるので、サイバーエージェントに長く勤務した方がお得な制度を利用することができます。

都内に実家がない人にとっては、非常に嬉しい制度です。

サイバーエージェントの喜び組・顔採用とは?その離職率は?

サイバーエージェントの女性社員は美人でキラキラした人が多いので、喜び組が存在するのではないかと囁かれています。

これから、サイバーエージェントの喜び組について具体的に解説していきます。

  • サイバーエージェントの喜び組とは?
  • サイバーエージェントに実際喜び組・顔採用はある?
  • 女性社員が喜び組と呼ばれる理由
  • 喜び組の離職率は?

サイバーエージェントの喜び組とは?

サイバーエージェントの男女比率は2:1で、全体の40%以上が20代を占めている若手中心の会社です。

そして、女性社員のほとんどが美人でキラキラした印象があることから、顔採用で喜び組体制なのではないかと噂されています

喜び組とは北朝鮮の指導者の側近として選ばれた美人軍団のことです。

サイバーエージェントも美人社員が多いということから、この喜び組が採用されているのではと言われています。

サイバーエージェントに実際喜び組・顔採用はある?

サイバーエージェントの女性社員が美人でキラキラしているということから、もしかしたら顔採用なのではないかと言われています。

しかし、実際には顔採用ではなくて、ヒューマンスキルや実力がある人が採用されています

サイバーエージェントは20代の社員がほとんどなので、服装も自由でサークル的な雰囲気があるため、女性社員が生き生きとして働いているということがあって、キラキラした雰囲気が出ているのかもしれません。

女性社員が喜び組と呼ばれる理由

サイバーエージェントの採用は男性も女性も顔採用ではなく、実力と高いコミュニケーション能力などの中身で採用を決めています。

女性社員が顔採用で喜び組と言われてしまう理由は、サイバーエージェントの女性正社員が美人でキラキラしているからということがあげられます。

サイバーエージェントの女性社員が美人でキラキラしている理由は、妊活休暇などの女性にとって嬉しい制度が採用されているだけでなく、女性だからといって待遇が異なったりすることもないため女性社員が生き生きと働くことができる環境にいるからということが大きいでしょう。

また、サイバーエージェントでは服装が自由なので、自分の好きなファッションスタイルができるので、美人でキラキラしていると言われている要因でもあります。

喜び組の離職率は?

理由1:業種により求人倍率が違うため

サイバーエージェントには実際には喜び組と呼ばれるものは存在しておらず、喜び組の離職率というものはありません。

女性社員の離職率は男性社員と変わらず、全体的な離職率と変わらないのが現状です。

一般的な日系企業だと、男性より女性の年収の方がだいぶ低かったり、妊娠しても休みずらかったり、子育があったとしても早退しにくいという環境ということもあって女性の離職率が高くなるようです。

しかし、サイバーエージェントでは女性のための制度がしっかり機能されているので、出産しても長く働きたいという女性が多いのが事実です。

サイバーエージェントから離職する人の2つの理由

若い人たちに人気があるサイバーエージェントですが、それでも離職する人がいるのはなぜでしょうか?

これから、サイバーエージェントを離職する理由を紹介します。

  • 社風・企業文化に合わない
  • 独立する・子会社に移る

社風・企業文化に合わない

飲み会が多すぎる
若手にとって最高だと言われていたので、サイバーエージェントに入社を希望して内定をもらいました。確かに社員は若くて実力もありますが、サークル的な感じが自分には合っていないと感じて別の企業に転職しました。飲み会も多くてお酒苦手な人には向いていないかもしれません。
25歳・男性
サイバーエージェントを離職する人は、サークル的でフレンドリーな社風なので飲み会をすることが多くお酒が苦手だったり、社員同士てワイワイするような企業文化や社風が苦手ということで転職をするようです。

独立する・子会社に移る

子会社の社長に任命
サイバーエージェントでの成果が認められて、子会社の社長に任命されました!この会社は成果が全てということもあり、若くても責任のある仕事を任せてくれるのがメリットです。
28歳・男性

離職率が低いサイバーエージェントですが、自分の会社を設立したり子会社の社長や重役になったりすることで離職をする人もいるようです。

サイバーエージェントの仕事内容や社風が苦手というのではなく、自分の夢を果たすための離職も離職率に含まれています。

サイバーエージェントの現在の離職率は低い

過去には離職率が30%となったサイバーエージェントですが、現在では約10%という離職率に抑えており一般的な企業より低い離職率となっています。

女性を支援する制度も導入しているので、男女隔てなく積極的に実力を身につけて成果を出すことができる会社なので20代や30代前半の若手に大人気の会社です。

おすすめの記事