外資系の転職に強いエージェント8選!特徴と口コミも!【2020年最新】 

転職のプロが転職成功を支援するサービス「転職エージェント」。

外資系の転職を考えている人で「外資系に強い転職エージェントを知りたい」「転職エージェントの特徴や口コミを知りたい」という方もいると思います。

そこで本記事では、外資系の転職におすすめの転職エージェントについて口コミや特徴を併せてご紹介します。

外資系の転職には転職エージェントがおすすめ

外資系の転職先を探す時は、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントを利用することで、非公開求人という人気の大手企業や条件が良い優良企を紹介してくれたり、年収や待遇の交渉を交渉をしてくれます。

しかし、一人で転職先を探そうとすると、どの転職エージェントを選べばいいのか分からなくなることがあります。

そこで本記事では、外資系に強い転職エージェントを紹介しているので、利用を検討している方は是非参考してください。

【総合型】外資系の転職におすすめの転職エージェント2選

ここでは、外資系の転職に強い総合型の転職エージェントを2つご紹介します。

会社名 求人数
マイケルペイジ 約6,000件
ロバートウォルターズ 約2,000件

一つずつ詳しく見ていきましょう。

外資系の転職に強い転職エージェント:マイケルペイジ



マイケルペイジ(Michael Page)は、マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社が運営する外資系・日系グローバル転職に特化している転職エージェントです。

年収800万円以上のエグゼクティブ層とグローバル人材の転職をメインに扱っています。

マイケルペイジの特徴

マイケルペイジの特徴は、「海外企業の求人」が多いことです。

外資系企業なので、日本の転職エージェントでは取り扱えないような海外の求人もたくさん保有しています。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

マイケルペイジの口コミ

コンサルタントの対応が良く、面接時のアドバイスも的確だった
コンサルタントの対応はとてもよく、面接対応アドバイスも細やかでポイントをついていました。対応の早さ、求人の件数も豊富で、アクションの早さは沢山のエージェントで1番だと思います。それゆえ、自分が何をしたいか、キャリアプランをしっかりもってないと、案内件数の多さから迷いも出てくると思いました。

外資系の転職に強い転職エージェント:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社が運営する外資系や日系グローバル企業専門の転職エージェントです。

世界30か国にオフィスを構え、幅広いグローバルネットワークを活かした転職支援を行っています

ロバートウォルターズの特徴

ロバートウォルターズの特徴は、「外資系企業の情報」を発信していることです。

外資系や日系グローバル企業の年収・給与をまとめた「給与調査」や外資系企業・日系グローバル企業の「採用動向レポート」を発信しているので業界内で求められるスキルや自分の市場価値を把握できます。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

ロバートウォルターズの口コミ

正確で深いフィードバックをもらえた
色々な案件をいただき、3ヶ月くらいかかりましたが、ロバート・ウォルターズで転職を決めました。計3社ほど選考に進みましたが、とてもスピード感があり、サクサク進むのでそこは日系と違うなと感動しました。一番、ありがたかったのは、その企業特有の面接方式にも詳しく、正確で深いフィードバックをもらえた点です。また転職する際はお世話になろうと思います。

【コンサル系】外資系の転職におすすめの転職エージェント2選

ここでは、外資系の転職に強いコンサル系の転職エージェントを2つご紹介します。

会社名 求人数
キャリアカーバー 約56,000件
コンコード 約130件

一つずつ詳しく見ていきましょう。

外資系の転職に強い転職エージェント:キャリアカーバー

キャリアカーバーは、国内最大手のリクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの転職エージェントです。

事業責任者や管理職など、年収800万〜2000万円を中心とした求人案件を多く扱っています。(年収条件は600万円が下限)

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーの特徴は、企業と求職者のマッチングを行う「ヘッドハンター」です。

レジュメを作成してヘッドハンターからスカウトが届く仕組みになっており、レベルの高いヘッドハンターを自ら選んで相談をすることもできます。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

キャリアカーバーの口コミ

時間軸に余裕を持って転職活動に取り組める
年齢が40代で一定の業務経験がある層や、管理職(課長級以上)としてチームを率いた経験がある層に関しては、一般的な転職エージェントを利用するより、キャリアカーバーのようなハイクラスの転職支援専門のサービスを利用したほうがはるかに効率良く転職活動ができる。よく比較されるビズリーチも優れたサービスだと思うが、キャリアカーバーは無料なので、時間軸に余裕を持って転職活動に取り組める点が最大のメリットだと思う。

外資系の転職に強い転職エージェント:コンコード

コンコードは、株式会社コンコードエグゼクティブグループが運営するコンサルタント転職やポストコンサル転職に高い実績を持つ転職エージェントです。

日本ヘッドハンター大賞初代MVPを受賞したこともあり、コンサル合格率No 1を誇ります。

コンコードの特徴

コンコードの特徴は、個人の「キャリア設計」を支援する活動です。

コンコードキャリアコンサルタントは求人紹介だけでなく、一人ひとりの職歴・学歴・年齢などを考慮した今後の将来設計をサポートしてくれます。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

コンコードの口コミ

英文レジュメの作成サポートして提供してもらえる
コンコードは外資系への転職を希望する求職者のため業種・職種に応じた英文レジュメの作成サポートして提供してもらえます。そういう対応をしてくれます。面接対策も希望者にしてくれます。面接対策をしてくれるので転職活動に自信がない方にも是非お勧めをしたいです。

【金融系】外資系の転職におすすめの転職エージェント2選

ここでは、外資系の転職に強い金融系の転職エージェントを2つご紹介します。

会社名 求人数
コトラ 約8,000件
ムービンストラテジックキャリア 非公開

一つずつ詳しく見ていきましょう。

外資系の転職に強い転職エージェント:コトラ

コトラ(KOTORA)は、株式会社コトラが運営する金融の転職、経営層やコンサルの転職などハイキャリア・ハイクラスの転職支援に特化した転職エージェントです。

外資系投資顧問出身、外資系銀行出身、外資系投資銀行出身など優秀なシニアコンサルタントが在籍しています。

コトラの特徴

コトラの特徴は、「自己診断サーベイ(KOTORA25)」です。

仕事上の25種類の「意識と行動」に対して、何を、どれだけ、どのように重視、優先しているかを価値観として測定してくれます。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

コトラの口コミ

献身的なサポートと相手の会社との交渉もして頂いた
選考中は不安になる局面が多々ありましたが、面接前や面接後に直接会って話を聞いてくださるなどメンタル面もサポートしていただきました。献身的なサポートと相手の会社との交渉もして頂いたお陰で、コトラオフィスの初訪問時から2か月で第一志望の会社の内定を頂くことが出来ました。

外資系の転職に強い転職エージェント:ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリア』は、株式会社ムービン・ストラテジック・キャリアが運営するファンド・M&A金融転職に特化した部門を持っている転職エージェントです。

株式会社ビズリーチが主催するヘッドハンター大賞で、コンサルティング部門で国内で最も優秀なキャリアコンサルタントのMVPを受賞しています。

ムービンストラテジックキャリアの特徴

ムービンストラテジックキャリアの特徴は、ムービン独自の「カウンセリングメゾット」です。

転職先ごとに重要視している箇所や、求めているスキルに対しての情報を収集し、徹底的に対策を行っています。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

ムービンストラテジックキャリアの口コミ

自分のニーズに合わせて探すことが可能
ムービンストラテジックキャリアは条件が良いものがかなり沢山あるなと感じました。勤務地も東京が中心で希望すれば、東京メインで探してくれるので自分のニーズに合わせて探すことが可能です。基本的に英語力が活きる職場ばかりなので、英語に自信がある場合は選考の対象になりやすいです。

【IT系】外資系の転職におすすめの転職エージェント2選

ここでは、外資系の転職に強いIT系の転職エージェントを2つご紹介します。

会社名 求人数
レバテックキャリア 約5,000件
マイナビエージェント × IT 約30,000件

一つずつ詳しく見ていきましょう。

外資系の転職に強い転職エージェント:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、株式会社レバテックが運営するIT・Web系エンジニアやデザイナー専門の転職エージェントです。

有識者によって選出される「グッドエージェントアワード2017」で特別賞を受賞したアドバイザーが、レバテックキャリアには在籍しています。

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアの特徴は、「転職先の現場の情報」を知ることができることです。

企業側担当者から開発現場の情報、より詳細な働き方や仕事に関連する情報を得ることができます。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

レバテックキャリアの口コミ

ストレスや違和感は全くなし
自分の適職をしっかりと探してくれるサービス内容に大満足です。カウンセリングでは将来に向けてのキャリアビジョンが描けるようなアドバイスや助言もしてくれます。私が特に感心したのは、作成したポートフォリオについてコーディネーターの方がフィードバックしてくれる点。これによって自分では気づかない弱点や強化ポイントを明確にすることが可能となります。

外資系の転職に強い転職エージェント:マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント × ITは、20代・30代に人気の株式会社マイナビが運営する、IT業界やエンジニアに特化した転職エージェントです。

求人数は非公開求人を含めて約33,000件にものぼり、業界トップクラスの求人数を誇ります。

マイナビエージェント × ITの特徴

マイナビエージェント × ITの特徴は、「豊富な非公開求人数」です。

求人情報の8割が「非公開求人」で好条件の案件が多いため、満足な転職ができる可能性が高くなります。

求人の量
求人の質
サポート力
提案力
得意分野 あり

マイナビエージェント × ITの口コミ

実際に女性活躍度やキャリアプランなどを加味して求人を選んでもらえた
複数の転職サイトを見て、希望の求人が多かったマイナビITを使うことに決めました。まず初めに、東京の面談ブースで、担当者の方と1時間ほど面談がありました。担当者の方は、同じ年代の女性で、システム業界の担当をしているようで、最近の動向やキャリアプランについて説明してもらいました。特に役に立ったのは、実際に女性活躍度やキャリアプランなどを加味して求人を選んでいただけたところです。

外資系の転職に成功する3つのコツ

外資系の転職を成功させるのはどうすればいいのか?

ここでは、外資系の転職に成功するコツ3つご紹介します。

  • 英語力を磨いておく
  • 外資系企業と日系企業の違いを知っておく
  • 事前に企業のリサーチしておく

一つずつ詳しく見ていきましょう。

コツ1:英語力を磨いておく

外資系企業に勤務するからには最低限の英語力が必要です。

希望する業務の種類によって求められる英語力のレベルは異なりますが、TOEICのスコア700点程度で、ビジネス英語レベルまでマスターしておくと良いでしょう。

コツ2:外資系企業と日系企業の違いを知っておく

外資系企業と日系企業は文化の異なるため、職場の雰囲気や働き方にも違いがあります。

例えば、残業に対する評価の違いとして、日系企業では「人並み以上に頑張っている」として好印象になることがありますが、外資系企業では「時間内に終わらせられない人」として低評価につながります。

このように、考え方が違うので、日本企業と外資系企業の大まかな相違点を確認しておくましょう。

コツ3:事前に企業のリサーチしておく

日系・外資系の転職に関わらず、転職する上で企業研究は重要なことです。

企業研究をすることで、企業とのミスマッチを防ぎ、納得した転職先を決めることできます。

まずは、応募企業の商材、サービス、将来性、経営方針などに共感できるか、ホームページや求人募集記事から考えてみましょう。

また、企業のホームページは日本語版だけでなく英語版も確認し、リサーチしておくようにしましょう。

自分に合った外資系転職エージェントを選ぼう

外資系金融業界は人気が高く、経験者であっても転職は狭き門です。

そのため、アピールポイントとなる専門性や実務経験が必要になります。

まずは、日本企業の勤務年数を3〜5年を目安に勤めて、外資系の転職活動をすると良いでしょう。

また、外資系のエージェントにもさまざまあるので、自分に合った外資系転職エージェントを選ぶことが大切です。

あなたの就職活動の成功を願っています。

おすすめの記事