リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録をしていると、担当のアドバイザー経由とは別に、企業の担当営業から求人をお勧めされることがあります。

企業担当から直接連絡が来たのに、応募をしても書類選考で落ちてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらの記事では、企業の担当営業からの直接紹介でも書類選考で落ちてしまうのか、その理由をご紹介していきます。

営業担当者がおすすめする求人でも落ちることがある

リクルートエージェントに登録をしていると、担当のキャリアアドバイザーからではなく、企業担当の営業から求人のおすすめを受けることがあります。

この営業担当者から届いたおすすめメール経由で応募をして、選考過程で落とされてしまった経験がある方もいらっしゃることでしょう。

企業の採用状況に詳しい営業担当者からのレコメンドにもかかわらず、選考に落ちてしまうということはよくあるのでしょうか?

確かに企業の営業担当者は、アドバイザーよりも企業に近い立場で、企業の採用状況や求める人物像について詳しく知っているエージェントです。

しかし、そんな営業担当者からのおすすめ求人であっても、選考で落ちてしまうことはよくあることなのです。

リクルートエージェント】営業担当おすすめ求人でも落ちる3つの理由

企業の採用要件や、採用背景を詳しく理解しているはずの営業担当がおすすめしてくれた求人なのに、何故選考で落ちてしまうことがあるのでしょうか?

ここからは、営業担当者からの紹介でも落ちてしまう理由を3つご紹介します。

  • 理由1:担当者は推薦しかできないため
  • 理由2:紹介された企業の社格/年収に合っていないため
  • 理由3:希望の業種/職種でなく対策が不十分なため

理由1:担当者は推薦しかできないため

リクルートエージェントの営業担当者は、応募があった個人を企業に推薦することはできますが、最終的な選考のジャッジを行うことはできません。

そのため、営業担当者に直接応募をしたとしても、最終判断を行うのは企業の採用担当者ということになります

担当営業は企業に詳しいとはいえ、あくまで推薦までしかできず、結局企業の採用担当者にNGにされてしまうと不合格になってしまうという訳です。

理由2:紹介された企業の社格/年収に合っていないため

リクルートエージェントの営業担当者から紹介された求人に落ちてしまう理由の一つには、企業の社格や年収が、自分の身の丈に合っていないことが挙げられます

大手企業の案件や年収が高い求人のおすすめが担当営業から直接届いた場合、「もしかして自分も入社できるのでは?」と期待してしまうのは当たり前の感情です。

しかし、営業担当からのおすすめメールは、単に応募の総数を上げるために送っているものであるというのが実際のところです。

そのため、社格は合っていないもののスキルがマッチングしていたり、現年収は低いけれどキャリアが活かせそうな場合など、少しでも合格の可能性があれば少々身の丈に合っていなくてもおすすめが届くことがあります。

応募をしても企業の採用担当から、社格や年収がマッチしていないと捕らえられた場合は、不採用となってしまいます。

理由3:希望の業種/職種でなく対策が不十分なため

営業担当者はキャリアアドバイザーと違って、個人の希望を把握した上で、求人紹介を行っている訳ではありません。

そのため、個人の意向と深く関係していない求人でも、経歴がマッチしていたり、通過の可能性がある登録者には積極的にレコメンドを送っています

おすすめされた求人が魅力的に思えた場合、希望する職種や業種でなくても応募する場合はあるでしょう。

しかしその場合は、個人側の対策が不十分で、選考過程で不採用となってしまう可能性があるといえます。

リクルートエージェント】営業担当おすすめ求人に応募する時の注意点

せっかく、営業担当から直接勧めてもらったからには、応募して手応えを確かめて見たくなることでしょう。

しかし、応募をする際には注意しておくことがいくつかあります。

ここからは、応募時の注意点について3つご紹介しましょう。

  • 注意点1:紹介企業の社格/年収が適切か考える
  • 注意点2:希望の業種/職種に関わらず対策を怠らない
  • 注意点3:紹介求人だけに頼らない

注意点1:紹介企業の社格/年収が適切か考える

おすすめされた企業の社格や年収が、自分の身の丈に合ったものかを確認するようにしましょう。

担当営業は個人を深く理解していないので、スキルがマッチしていれば、倍率の高い大手企業の求人や、高年収な案件であっても届くことがあります。

いくら営業担当者からのおすすめとはいえ、あまりに現状の条件と乖離がある求人は、応募をしても不合格となる可能性が高いです。

求人の年収や紹介された企業が、現実的なものかを検討してから応募するようにしましょう。

注意点2:希望の業種/職種に関わらず対策を怠らない

リクルートエージェントの営業担当者は、求職者の軸や思考性を深く知らない状態でおすすめを送っているので、個人の希望と違った業種や職種をおすすめしてくる場合があります

希望と違う求人でも、魅力的に感じた場合は応募してみるのも良いですが、何も対策をせず選考を受けてしまうと当然不合格になってしまう可能性は高くなります。

希望と違う業種や職種を受ける場合、他社選考の要領が流用ができないため大変ではありますが、対策を怠らずに合格を目指すようにしましょう。

担当のアドバイザーに、対策方法について聞いてみるのも良いでしょう。

注意点3:紹介求人だけに頼らない

そもそも応募をする際、エージェントからの求人紹介ばかりに頼りすぎないようにするのも、転職活動を成功させるポイントです。

リクルートエージェントは求人数が圧倒的に多いので、登録をしていると日々色々な企業の求人紹介がたくさん届きます。

見ていると、希望の職種や業界でない求人も魅力的に感じてしまい、あれもこれも、となりがちになってそもそもの転職理由や軸を見失ってしまう可能性もあります。

特に、営業担当者からのおすすめは、個人の意向とは深く関わりのない求人を紹介されることもあるので、求人紹介ばかりに頼っていると返って転職活動が難航してしまうことになりかねません。

紹介に頼るばかりではなく、自分自身で転職軸に沿った求人をピックアップし、担当のアドバイザーにリクルートエージェントで取り扱いがあるかどうか聞いてみるなど能動的な求人探しをしてみましょう。

リクルートエージェント】営業担当おすすめ求人に応募するメリット

アドバイザーからではなく、リクルートエージェントの営業担当からのおすすめ求人に応募すると、どんな恩恵を受けることができるのでしょうか?

ここからは、営業担当からの紹介求人に応募するメリットをご紹介していきます。

  • メリット1:書類選考は通りやすい
  • メリット2:他の求人に比べると面接も通りやすい
  • メリット3:面接の経験が他の選考にも役立つ
メリット デメリット
書類選考は通りやすい 求人の業種/職種が希望から外れている
他の求人に比べると面接も通りやすい 応募しても落ちる可能性がある
面接の経験が他の選考にも役立つ

メリット1:書類選考は通りやすい

リクルートエージェントの営業担当は、アドバイザーとは違って、直接求職者に会っている訳ではありません。

つまり、求人をおすすめするにあったては、個人の経歴を書類上だけで判断し、経歴を見て合格の可能性があるようなので応募するようプッシュしてきたということになります。

企業に近い立場の人が、個人の書類を見て受かりそうだと判断したということは、書類選考については有利に進められると考えることができます。

メリット2:他の求人に比べると面接も通りやすい

営業担当からのおすすめ求人は、アドバイザー経由で紹介してもらった案件や、自力で見つけてきたものに比べると、面接の合格率が上がるといえます。

企業によって求める人物は異なっており、個人の人柄が社風に合うかどうかなども、もちろん選考に関係するので一概には言えませんが、経歴がマッチしているということは、自ずと面接も合格しやすいということができるでしょう。

営業担当者は、企業に出向いて採用担当者と商談しており、求人の採用背景や求める人物像を熟知しています。

その担当者から見て合格の可能性があると判断されたということは、面接の合格率も上がると言えるでしょう。

メリット3:面接の経験が他の選考にも役立つ

企業担当は個人の意向や転職の軸を詳しく知っている訳ではないので、希望とは違った職種や業種の求人でもおすすめしてくる場合があります。

この場合、おすすめされた求人の選考を受けたい場合には、職種・業種に合わせて別途対策を練る必要があるので、一見面倒に感じてしまいます。

しかし、一度対策しておけば他の選考に活かすことができたり、自分では気づかなかった新たなキャリアの選択肢に気づくこともできるといえるでしょう

リクルートエージェント】営業担当おすすめ求人に応募するデメリット

営業担当者から直接おすすめされた求人に応募することはメリットもありますが、実は、デメリットもいくつか存在しています。

ここからは、リクルートエージェントの営業担当からのおすすめ求人へ応募するデメリットを2つご紹介していきます。

  • デメリット1:求人の業種/職種が希望から外れている
  • デメリット2:応募しても落ちる可能性がある

デメリット1:求人の業種/職種が希望から外れている

企業の営業担当者は、キャリアアドバイザーとは違って、個人の意向や転職の軸を詳しく知った上で求人をおすすめしている訳ではありません。

単に、経歴を見てこれまでの経験が求人とマッチしていて、合格の可能性があるために紹介しているまでです。

そのため、個人の希望とは違った職種や業種の求人でも強くおすすめしてくる場合があります。

この場合、おすすめの求人の選考を受けたいのであれば、職種・業種に合わせて別途対策を練る必要があり、無対策で選考に臨んでしまうと不合格になる可能性は高くなるでしょう。

デメリット2:応募しても落ちる可能性がある

企業をよく知る担当者から直接おすすめが届いたということは「この求人に応募すれば、内定までスムーズにいくのでは?」と思ってしまいがちですが、実は通常通りの選考のフローを踏む必要があります。

営業担当者は応募喚起の施策の一つとしておすすめメールを送っているので、応募した後に選考するのはあくまで企業の採用担当者です。

経歴がマッチしている分、選考に通過する可能性は少々高くはなるものの、必ず合格したり、企業の人事から是非会いたいと言われている訳ではないので、落ちてしまう可能性は大いにあります。

必ず採用されるというものではありませんので、応募する場合は思い違いの無いように注意しましょう。

リクルートエージェント】営業担当から優先度の高い求人を紹介してもらうコツ

良い求人を紹介してもらいたいなら、担当のキャリアアドバイザーと定期的に接点を取り、転職の熱意が高いことを伝え続けましょう

リクルートエージェントでは、転職への熱度が高く、アクティブなユーザーに対して優先的に求人紹介を行っています。

社内の広報でキャリアアドバイザーから営業担当者に、自分のことを紹介してもらえると目にも留まりやすく、求人をお勧めする対象として検討してもらえる可能性が高くなります。

また、電話口の面接の対策などで、アドバイザーではなく営業担当者と直接話せる機会が設けられた場合は、求人のおすすめをしてもらうようにプッシュしてみたり、転職の熱意が高いことを伝えてみるのも良いでしょう。

リクルートエージェントについてもう少し知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

リクルートエージェントの営業担当おすすめ求人への応募はメリットも多い

企業に近しい立場の営業担当者から見て、合格の可能性が高いと感じたということは、選考に合格する可能性も当然高くなります。

リクルートエージェントの営業担当者からおすすめメールが届いた場合は、積極的に求人へ応募してみましょう。

おすすめの記事