リクルートエージェントの面談の服装はどうする?失敗しない5つの注意点も!

リクルートエージェントは多くの人が利用している転職支援サービスです。

求人案件の紹介や履歴書・職務経歴書の添削などを行ってくれますが、面接が苦手な人に向けてや希望案件などを聞くための面談も行ってくれます

リクルートエージェントとの面談はどのような服装で行けばいいのか悩む人もかなり多いです。

リクルートエージェントとの面談も大切なので、どのような服装で行くべきなのか失敗しない5つの注意点と併せてご紹介します。

目次

リクルートエージェントの面談の服装は身だしなみをしっかり整える

リクルートエージェントの面談はとても大切で、希望案件の面接の練習にもなります。

内容としては希望案件や職歴・学歴などをヒアリングを行いますが、面接時の服装の相談も可能です。

身だしなみをしっかりと整えると担当エージェントに好印象を与え、転職ができる可能性が高い人物と判断されて多く案件の紹介などをしてもらいやすいです。

担当者との面談を失敗しないための服装や失敗しないための5つの注意点についてご紹介しますので、リクルートエージェントとの面談を控えている人や面談が初めての人はぜひ参考にしてください。

リクルートエージェントの面談の服装はどうすべき?

  • 面接ではないのでスーツではなくても問題ない
  • 面談は私服で良い
  • ラフな私服は印象が悪くなる

まずはリクルートエージェントの面談を行う場合におすすめの服装についてご紹介します。

服装などは直接他の人に聞く場面が少ないため悩みがちです。

どのような服装で行くべきなのかご紹介しますので、面談の服装で悩んでいる人は必見です。

面接ではないのでスーツではなくても問題ない

まず多くの人が悩みがちなのが、面談は「スーツで行くべきなのか」「私服で行っても大丈夫なのか」についてではないでしょうか。

意外と多くの人が悩むポイントでもありますが、結論を先にあげると面接ではないので「スーツ」でなくても問題はありません

しかし私服でもある程度しっかりとした服装がいいので、ジャージなどのラフすぎる格好しか持っていない人はスーツがおすすめです。

さらに面接ではないにしても、スーツを着用して面談をすることで、面接本番時に着ていく服装の指摘をしてもらうこともできます。

服装の指摘などがいらない人はスーツではなくても大丈夫です。

面談は私服で良い

リクルートエージェントとの面談時の服装は、スーツではない服装でも大丈夫なので、基本的に私服でもいいと考えて大丈夫です。

もちろん「私服でも大丈夫」という言葉だけで全ての服装が大丈夫というわけではないのでご注意ください。

同じ私服でもその場のシーンにあった私服を着用していくことが好ましいので、私服で訪れる場合は私服選びに注意をしましょう。

オフィスカジュアルを意識した服装が良い

同じ私服でも「ラフなコーデ」や「ジャケットなどのきれいめコーデ」があります。

私服という言葉ではさまざまな服装がスタイル・コーデが挙げられますが、リクルートエージェントとの面談時にふさわしいのが「オフィスカジュアル」を意識した服装です。

オフィスカジュアルを意識した服装は男性女性共通しておすすめのコーデで、イメージとしてはスーツスタイルを少し気崩したスタイルだと考えるとわかりやすいです。

ラフな私服は印象が悪くなる

私服でも大丈夫という言葉を聞いてラフなコーデで面談に訪れる人もいます。

もちろんリクルートエージェントとの面談時には指摘されませんが、就職する意欲が少ないという認識やあまり好印象を与えない場合が多いです。

逆を考えるとわかりやすいのですが、自分が転職希望者をサポートする立場で、相手がジャージやダメージジーンズで面談に来たらみなさんは相手に対してどのようなイメージも持ちますでしょうか?

ラフな私服は相手に悪い印象を与える場合があるので、できるだけオフィスカジュアルコーデを作って面談に行くようにしましょう。

リクルートエージェント面談の服装や身だしなみで失敗しない5つの注意点

  • ピアスなどのアクセサリーは印象が悪くなるので身に着けない
  • ダメージデニムなどはだらしない印象を与えているので履かない
  • 肌の露出の多い服はビジネスにおいて良くないので着ない
  • あまりにも明るい髪は転職活動に妨げとなるので染めなおす
  • 香水はファッション感覚と思われるのでつけない

次はリクルートエージェントとの面談時の服装や身だしなみの5つの注意点をご紹介します。

リクルートエージェントとの面談を成功させるためには、まずは身だしなみ・服装からしっかりと決めていくのが好ましいです。

失敗しやすい注意点を挙げていきますので、面談をひかえている人は必見です。

ピアスなどのアクセサリーは印象が悪くなるので身に着けない

女性に多い傾向があるのですが、リクルートエージェントの面談時にはピアスやネックレスなどのアクセサリーは極力外すようにしてください

アクセサリーは個性を演出することができ、おしゃれな印象を作りますが、派手すぎるものは場にふさわしくない印象を与えます。

小さいタイプのものは相手によって印象が分かれますが、失敗しないためにもアクセサリーは自宅においておくのがおすすめです。

ダメージデニムなどはだらしない印象を与えているので履かない

男性女性ともに多い点としてはダメージデニムは避けるようにしてください。

ダメージデニムはおしゃれな人の印象を作ることができますが、面談時にはやはりふさわしくないという印象を作ります。

私服で外にいる場合はおしゃれな印象として捉えてもらうことができるものの、面談時にはだらしないという印象になるため、失敗しないためにも避けるようにしましょう。

肌の露出の多い服はビジネスにおいて良くないので着ない

女性に気を付けていただきたい点では肌の露出が多い服装なども避けるようにしましょう。

肌が多い服装はセクシーで色気を感じる雰囲気になり、合コンなどのパーティーなどではおしゃれな印象を作ります。

しかし面接時にはあまりいい印象を与えず、場にふさわしくない印象を与えてしまうので、露出が多い服装は避けてください。

あまりにも明るい髪は転職活動に妨げとなるので染めなおす

注意点として最も気を付けていただきたいのが「頭髪」です。

頭髪は人によって色が異なり、個性を演出できる点としてファッションの一部としても注目を集めています。

しかし、髪の色が明るいと転職活動の妨げになりやすく、転職する意欲がないという印象や面接時にもその頭髪で行かないか担当者は不安になります

明るい色の人は転職活動の妨げにならないように髪を暗い色に染めなおすようにしてください。

香水はファッション感覚と思われるのでつけない

頭髪も注意点として挙げられることが多いのですが、香水も注意してください。

ファッションの一つとして香水を着ける人も多いのですが、香水は面談時には必要ないもので、匂いが強いものはスメルハラスメントとして認識されることも多いです。

さらに香水は着けていないものの、近年では香りの強い柔軟剤などもあるので、香りが強い柔軟剤も極力避けるのがおすすめです。

香水や柔軟剤などの匂いは人によって好き嫌いが大きく分かれるので、面接で失敗しないためにも極力匂いがない状態で足を運ぶのが好ましいです。

リクルートエージェント面談で望ましいオフィスカジュアルの服装は?【男性編】

  • 黒または黒に近いジャケットと襟付きのシャツが良い
  • パンツは落ち着いた色のチノパンかスラックスが良い
  • 靴は革靴、鞄はビジネスバッグが良い

次はリクルートエージェントでの面談でおすすめの服装・身だしなみを男性女性別にご紹介していきます。

まずは男性にチェックしていただきたい服装・身だしなみをご紹介しますので、参考にしてください。

黒または黒に近いジャケットと襟付きのシャツが良い

リクルートエージェントへ面談する場合の服装としては、スーツなどの黒に近いジャケットや襟付きのシャツを選ぶようにしましょう。

「きれいめジャケパンコーデ」を意識した私服を用意すると多くのシーンで活躍してくれます。

襟付きのシャツもできるだけ派手な柄などは選ばず、ジャケットの色と合わせても違和感のないカラーやデザインのものを着るようにすると、きっちりとした大人の男性のイメージを作ることができます。

パンツは落ち着いた色のチノパンかスラックスが良い

服装のジャケットや襟付きのシャツが決まると、次は合わせるパンツで迷う男性も多いです。

ジャケットや襟付きのシャツと合わせるのがおすすめなのが「チノパン」と「スラックス」です。

できればシルエットが程よくわかる程度のサイズに合わせるのが好ましいです。

ダボダボすぎるパンツやぴっちりとなっているパンツは少し違和感のある印象を与えます。

チノパンやスラックスのカラーもシャツに合わせて落ち着きのあるブラックやグレーを選ぶようにするのがおすすめです。

靴は革靴、鞄はビジネスバッグが良い

リクルートエージェントと面談をする場合はおしゃれな靴やカバンを持つのではなく、面接時に使うような革靴・ビジネスバッグで足を運ぶようにしましょう。

ビジネスバッグはリクルートエージェントから資料などをもらえる可能性が高いので、できればA4サイズのファイルが入るビジネスバッグを選ぶのがおすすめです。

革靴もファッション靴ではなく、面接時に使えるシンプルな革靴を選ぶようにしてください。

リクルートエージェント面談で望ましいオフィスカジュアルの服装は?【女性編】

  • カーディガンではなくジャケットを着る
  • 落ち着いた色のスカートやパンツが良い
  • 靴はヒールが高すぎないパンプス、鞄は華美ではないビジネスバッグが良い

次はリクルートエージェントと面談する場合におすすめの女性の服装について解説します。

女性の場合はチェックポイントが多いため、服装をしっかりと見られがちです。

リクルートエージェントとの面談を失敗しないためにも参考にしてください。

カーディガンではなくジャケットを着る

比較的落ち着いた私服が好ましいのですが、リクルートエージェントとの面談でカーディガンを着て訪れる人も多いです。

カーディガンは派手な印象は与えませんが、ジャケットだと清潔感がある印象を与えます。

ジャケットは面接だけでなく、フォーマルシーンなどでも活躍するので、ジャケットは1枚は持っておくのがおすすめです。

落ち着いた色のスカートやパンツが良い

ジャケットと合わせるパンツを迷う女性も多いのですが、スーツのようなスカートやスリムなパンツを選ぶようにしましょう。

リクルートエージェントと面談する場合のパンツやスカートも、できればグレーやブラックのような落ち着きのある色合いのものを選ぶのが好ましいです。

靴はヒールが高すぎないパンプス、鞄は華美ではないビジネスバッグが良い

靴やバッグもリクルートエージェントと面談する場合に迷いがちですが、靴はヒールが高すぎないパンプスを選び、鞄は派手ではないビジネスバッグを選ぶようにしてください。

パンプスも落ち着きのあるブラックカラーを選び、ビジネスバッグもA4サイズのファイルが入るビジネスバッグを選ぶとさらに良いでしょう。

リクルートエージェント面談の服装を知って面談をスムーズに終わらせよう

リクルートエージェントとの面談は基本的に私服でも大丈夫ですが、スーツに近いようなジャケットパンコーデにするのがおすすめです。

服装は印象を大きく左右し、きっちりとした服装にすることでリクルートエージェントの担当者に転職意欲が強いことをアピールすることができます。

服装もかなり重要なので、リクルートエージェントとの面談を行うときもきっちりとした服装にしましょう。

おすすめの記事