リクルートエージェント経由の内定受諾後の辞退は可能?辞退方法も紹介!

リクルートエージェント経由で内定を貰ったが状況が変わったので辞退したい、と悩んでいる方も居るでしょう。

今回は、内定受諾後の辞退は可能なのか?辞退する方法は?などの疑問を詳しく解説します。

内定受諾後に内定辞退をすることは失礼なことである

リクルートエージェント経由で内定を貰い受諾後に辞退することは、ビジネスマナーとしては失礼になります。

しかし内定を受諾した後に、他の企業から内定を貰った、家庭の事情が変わった、現職の退職が出来ない、などの問題が発生して内定を辞退したいと思う人も居るでしょう。

今回は、リクルートエージェント経由で内定を受諾した後に辞退したい場合どうすればいいのか?その疑問を詳しく解説していきます。

リクルートエージェント経由で内定を受諾したが実は悩んでいる、という方はぜひ最後までご覧ください。

リクルートエージェント経由の内定は辞退ができるか

リクルートエージェント経由で内定を貰って受諾後に辞退は出来るのか?一応これは可能です。

辞退はできますが、出来るだけ避けたいことでもあります。

企業側は転職者を採用するために、様々な準備をしてコストも掛けていますが、内定受諾者が入社しないとなると採用活動を再度再開しなければならず、コストも増えることになり更なる負担がかかります。

内定受諾後の辞退は違法行為ではありませんが、軽々しく辞退してよいものでは無いことは心得ておきましょう。

リクルートエージェントの内定受諾後に内定辞退する3つの方法

リクルートエージェントの内定受諾後に内定を辞退したいけど、どうしたらいいの?と悩んでいる方へ内定を辞退する3つの方法を紹介します。

内定受諾後の辞退はスピード第一です。

3つの方法を知って早めに対処するようにしましょう。

  • 方法1:メールで内定辞退を伝える
  • 方法2:電話で内定辞退を伝える
  • 方法3:対面で内定辞退を伝える

方法1:メールで内定辞退を伝える

リクルートエージェントの内定受諾後に内定を辞退したい場合は、メールで伝えると良いでしょう。

内定受諾後の辞退は早く伝えることが大切です。

基本的には電話で連絡する方法が良いですが、電話が繋がらないこともありますので、まずはメールで辞退したいことを伝え、その後に電話で連絡するようにしましょう。

電話をするのが、気が重くどうしても電話できないと日数が経ってしまっては、事態はさらに悪い方向へ向かってしまいます。

メールだけで済ましたい気持ちもありますが、リクルートエージェント経由で内定を貰っていますので、確認の電話連絡はあると覚悟し社会人としての対応を心がけるようにしましょう。

方法2:電話で内定辞退を伝える

リクルートエージェントの内定受諾後に内定辞退する方法で、一番おすすめなのが電話で内定辞退を伝えることです。

内定受諾後の辞退は、一刻も早く伝えることが重要です。

内定の辞退は企業への負担が大きく、日にちが経つにつれてその負担も増していってしまうため、辞退すると決めたなら一早くリクルートエージェントの担当者に電話をしましょう。

メールで伝える方法もありますが、メールは担当者が見てない場合もあり返信が来るまで既読しているか分かりません。

その点電話は早く確実に内定辞退を伝えることが出来る方法になります。

方法3:対面で内定辞退を伝える

内定受諾後に内定を辞退する方法で、リクルートエージェントの担当者と対面して内定辞退を伝える方法もあります。

しかし、対面で伝えるには担当者に時間を空けてもらう必要があるため、早く連絡したい内定受諾後の辞退の連絡には不向きです。

対面は誠意は伝わりやすいですが、先ずは電話で内定辞退を伝えるようにしましょう。

内定受諾後に内定辞退を伝える時のポイント

リクルートエージェントの内定受諾後に内定を辞退する時は、先ず担当者に内定を辞退したい旨を伝えるようにしましょう。

リクルートエージェント経由で内定を貰っている場合は、企業に直接連絡するのではなく、リクルートエージェントの担当者に伝えます。

その後担当者が企業側へ連絡を入れ内定辞退となります。

リクルートエージェントの担当者に内定辞退を伝える際は、辞退の理由を詳しく説明しましょう。

家族が反対している、家族の急病、急な引っ越し、など内定を辞退しなければならい事情を説明します。

事情を説明した後は、担当者へ今までの時間が無駄になってしまうことや、手間をかけて頂いたことを誠意を持って謝罪しましょう。

内定受諾後に内定辞退を伝える時のメール例文

メールは件名に内定辞退の旨を記載し、必要な内容を簡潔に書くようにしましょう。

メールは感情が伝わりにくいですので、感謝と謝罪の気持ちを丁寧に書くようにします。

内定受諾後に内定辞退を伝える時のメール例文を下記に記載していますので、参考にしてください。

【件名】内定辞退のご連絡(○○)←自分の名前
○○←(リクルートエージェント担当者の名前)様
お世話になっております。
○○←(自分の名前)です。
先日お受けした△社の内定に関しまして、誠に勝手ながら辞退をさせて頂きたくご連絡致しました。
内定受諾後の辞退ということで大変非常識ということは承知しておりますが、一身上の都合によりお断りせざるを得なくなりました。
貴重な時間を割いていただいたにも関わらず、このような身勝手な連絡となりましたこと、心よりお詫び申し上げます。
詳細は改めて電話にてお伝えできればと存じますが、取り急ぎ内定辞退のご連絡とさせていただきます。
(○○)←自分の名前

内定受諾後に内定辞退する時の4つの注意点

リクルートエージェントを経由し内定受諾後の内定を辞退する時の注意点を解説します。

内定受諾後の辞退は可能なのことや、辞退する方法は分かりましたが、内定辞退時の注意点を理解していないとトラブル発生の原因になってしまいます。

注意点を把握して内定辞退時のトラブルを未然に防ぐようにしましょう。

  • 注意点1:謝罪する気持ちを表す必要あり
  • 注意点2:入社日の2週間前までに連絡を入れるべき
  • 注意点3:妥協点が得られるまで話し合う必要あり
  • 注意点4:辞退にはリスクを伴うことを理解すべき

注意点1:謝罪する気持ちを表す必要あり

内定受諾後の内定を辞退する時の注意点の一つ目は、謝罪する気持ちを表すことです。

転職エージェントであるリクルートエージェントは、企業からの成功報酬を受け取ることで事業が成り立っています。

内定を辞退するということは、成功報酬が受け取れなくなることもありますが、リクルートエージェントの担当者がこれまで、あなたにかけていた時間も無駄になってしまうことになります。

内定辞退を申し出る時は、今までのお礼と貴重な時間を割いてもらったことに対する謝罪の気持ちを表すようにしましょう。

注意点2:入社日の2週間前までに連絡を入れるべき

内定受諾後に内定を辞退する場合は、入社日の2週間前までに連絡を入れるようにしましょう。

リクルートエージェントは、入社の手続きを始めますが、その入社準備は入社日の2週間前から行います。

迷惑をかけないためにも、遅くとも入社日の2週間前には連絡を入れるべきでしょう。

注意点3:妥協点が得られるまで話し合う必要あり

内定受諾後の辞退を伝える際は、リクルートエージェントの担当者との意思疎通が出来ているかを確認しておきましょう。

内定辞退の理由をしっかりと伝えて、その上で何か妥協点が無いか担当者とよく話し合うことをおすすめします。

内定辞退の理由をしっかりと伝えることは、今後の転職活動の方向性を決めるのに大変重要になります。

注意点4:辞退にはリスクを伴うことを理解すべき

内定受諾後に内定を辞退するのは、違法でありませんがリスクを伴う事も理解しておきましょう。

職業選択の自由は憲法で保障されていますので、私達は自由に仕事を選ぶことが可能です。

しかし、憲法で保障されているからといって、内定受諾後の辞退がおすすめということではありません。

リスクがあることは知っておきましょう。

内定受諾後に内定辞退する時の3つのリスク

リクルートエージェントを経由し内定受諾後の辞退は可能ですが、内定辞退に伴うリスクもあります。

リスクを把握せずに内定辞退をしてしまうと、今後の転職活動に支障が生じることになります

ここからは、内定受諾後に辞退する3つのリスクを詳しく解説していきますので、リスクを知って内定受諾後の辞退を考え直すのもよいでしょう。

  • リスク1:企業から損害賠償で訴えられるリスク
  • リスク2:転職市場で自分の評判が悪くなるリスク
  • リスク3:転職エージェントの利用に影響するリスク

リスク1:企業から損害賠償で訴えられるリスク

内定受諾後の内定を辞退するリスクに企業から損害賠償で訴えられることがあります。

しかし、内定辞退で損害賠償を求められることは少ないです。

内定受諾後の辞退で損害賠償を求められる場合は、内定を受諾したことで多額の設備投資などを行い企業が損害を受けていた、内定者が常軌を逸した態度・理由で辞退した、などの時は訴えられることもあります。

リスク2:転職市場で自分の評判が悪くなるリスク

内定受諾後の内定辞退は、リクルートエージェントだけでなく転職市場で評判が悪くなるリスクがあります。

転職市場は意外と狭く、内定を辞退した企業と関わっている可能性があるため、社会人としての常識の欠けている悪い評判が広がるかもしれません。

リクルートエージェント側も、内定受諾後に辞退した人材を別の企業に紹介することを躊躇してしまい、新しい求人紹介を止めてしまう可能性があります。

リスク3:転職エージェントの利用に影響するリスク

リクルートエージェントを利用し内定受諾後の内定を辞退した場合、今後リクルートエージェントを利用する際に影響が出るかもしれません。

上記の自分の評判が悪くなるリスクでも少し触れましたが、内定受諾後の内定を辞退した人材に新たに求人を紹介するのは、担当者も気が重いでしょう。

今後もリクルートエージェントを利用する場合は、担当者に内定辞退の理由をしっかりと説明し、今後同じようなことが無いということ、内定辞退の理由から次の転職先の条件が変わっていること、などを分かってもらう必要があります。

また、転職エージェントによっては内定を辞退してからは一定期間は応募が出来ない場合もあるようです。

その際は、担当者にメール・電話で再応募はいつから可能か問い合わせするようにしましょう。

リクルートエージェントの内定辞退は可能だがリスクにも注意が必要

リクルートエージェントの内定受諾後の辞退は可能なことが分かりましたが、内定受諾後の辞退は言いだしづらく悩んでいる内に日数が経ってしまう人も多いです。

しかし、内定受諾後の辞退で重要なのは早く伝えることですので、電話やメールで早めに連絡を入れるようにしましょう。

また、リクルートエージェントの担当者への感謝と謝罪の気持ちを表すことも社会人としてのマナーとなります。

内定受諾後の辞退はリスクもあり、あまりおすすめとは言えません。

リクルートエージェントで内定を貰った場合は、受諾前によく考え受諾後の辞退にならないよう転職活動を行いましょう。

おすすめの記事