リクルートエージェントの電話がしつこい!でも無視はNG?やりとりについて解説!

リクルートエージェントは転職実績No.1の大手転職エージェントで、多くの人が転職するために利用しています。

しかし、電話がしつこいと言われているようです。

この記事では、リクルートエージェントの電話は本当にしつこいのかを解説していきます。

リクルートエージェントからしつこく電話がかかってくる?

転職エージェント「リクルートエージェント」は、大企業をクライアントとして抱えており、数多くの優良物件が多いので多くの転職者が登録しています。

しかし、リクルートエージェントからの電話がしつこいと感じている人もいるようです。

これから、リクルートエージェントの電話はなぜしつこいと言われているのかを紹介します。

リクルートエージェントの電話がしつこい5つの理由

転職実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」は、数多くの大企業が求人を出しているので、ステップアップのために大企業に転職を希望している人にとって最適な転職エージェントです。

しかし、リクルートエージェントに登録したものの毎日のように電話がかかってきてしまうと悩んでいる人もいるようです。

なぜ、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーから電話がかかってくるのかは、以下の理由が考えられます。

  • 転職者が優秀だから
  • 転職者が選考に落ちそうだから
  • 転職者の希望が分からず確認したいから
  • 営業が自分の成績を上げたいから
  • 優良案件を案内したいから

転職者が優秀だから

転職エージェント「リクルートエージェント」からの電話がしつこい理由としては、転職者の経歴が立派で優秀だからということが考えられます。

リクルートエージェントに登録している企業は大手の会社が多いので、しっかりした経歴があって会社の即戦力になる20代から30代半ばの人材を探しています。

そのため、優秀な人材を発見したらキャリアアドバイザーは、その転職者にしつこくなんども電話をしてしまうこともあるようです。

転職者が選考に落ちそうだから

転職エージェント「リクルートエージェント」からの電話がしつこい理由として、転職者が希望していた求人の選考に落ちそうということも考えられます。

キャリアアドバイザーと面談をして、希望していた会社に職務経歴書などを送って選考待ちだったところ、企業サイドから採用が難しいと連絡をもらえばキャリアアドバイザーはすぐさまに転職者に報告をしなければなりません。

しかし、転職者が電話に出なければキャリアアドバイザーはしつこくなんども電話してしまうこともあります。

もし、携帯電話にキャリアアドバイザーから連絡が入っていたら、なるべく早めに折り返しするようにしましょう

転職者の希望が分からず確認したいから

転職エージェント「リクルートエージェント」からの電話がしつこい理由とした考えられるのは、キャリーアドバイザーが転職者が今後のような企業や業種に転職したいのかという、転職者の希望が分からないからということもあり得ます。

キャリアアドバイザーと面談はしたものの、転職者がしっかりと自分の希望を伝えてなければ、キャリアアドバイザーが転職者に適した求人を探すことができなくて八方塞がりになってしまいます。

もし、忙しくて電話に出ることができないということが多いようであれば、キャリーアドバイザーと面談するときに、今後どのよな企業に転職をしたいのか、今までのキャリアをどのような業種で活かしたいのかをしっかりと伝えるようにしましょう。

営業が自分の成績を上げたいから

転職エージェント「リクルートエージェント」からの電話がしつこい理由は、キャリアアドバイザーが自分の営業成績を上げたいからということも考えられます。

どの転職エージェントにも言えることですが、キャリアアドバイザーは多くの大企業に優秀な人材を紹介して内定成立することで自分の営業もさらにアップします。

よって、なんどもしつこく電話してくる理由としては、早めに内定を成立させたいというノルマをこなさなければならないということもありえます。

優良案件を案内したいから

転職エージェント「リクルートエージェント」からの電話がしつこい理由として、大手企業などの優良物件を早く転職者に紹介したいからということも考えられます。

リクルートエージェントには大企業が求人を出しており、今まで身につけてきたスキルを大企業で活かしてさらなるステップアップしたいと考えている転職者が多く登録しています。

優良物件はすぐに採用が決まってしまうので、もし優良物件の求人が上がってきたらキャリアアドバイザーはすぐに転職者に電話で知らせたくて、しつこく電話をすることもあります。

リクルートエージェントのしつこい電話への4つの対策方法

転職はしたいけど、リクルートエージェントからのしつこい電話には困っているという人もいるかもしれません。

どうしたら、リクルートエージェントからのしつこい電話に対応したら良いのでしょうか?

これから、以下の対処法を具体的に解説していきます。

  • 担当者に直接伝える
  • 担当者、もしくはエージェントを変える
  • 希望条件をより詳細に知らせる
  • 転職に対するモチベーションを共有する

担当者に直接伝える

リクルートエージェントからの電話がしつこい場合には、キャリアアドバイザーなどの転職担当者に電話の希望時間帯や連絡事項はメールに変更してほしいなど、しっかりと意向を伝えることが大切です。

自分の希望をしっかりと伝えることで、しつこい電話もなくなる可能性が高くなるので、気兼ねなく担当者に相談するようにしましょう。

担当者、もしくはエージェントを変える

もし、キャリアアドバイザーに電話をするタイミングや連絡事項をメールにして欲しいと伝えても、しつこい電話がかかってくるようであれば、ャリアアドバイザーを変えてもらうか、もしくは転職エージェントを変えるということもできます。

自分の意向に耳を傾けてくれないキャリアアドバイザーだと、転職先に関しても意向を聞き入れてくれない可能性もあります。

担当者に疑問を感じているのであれば、遠慮なくキャリアアドバイザーを変えてみましょう。

希望条件をより詳細に知らせる

Aerial view of business data analysis graph

リクルートエージェントからのしつこい電話をなくすには、より細かく自分の希望をキャリーアドバイザーに伝えることが大切です。

転職者が、どのような職種でどのような会社の雰囲気を希望しているのか、転職先の会社には何人ぐらい従業員がいるのか、勤務地はどこを希望しているのかなど、細かい情報をキャリアアドバイザーに伝えておくことで電話件数を減らすことができます。

転職に対するモチベーションを共有する

リクルートエージェントからのしつこい電話を減らすためには、どのようなペースで転職活動を行なっていきたいのかをキャリアアドバイザーと情報を共有して認識の差をなくすことが重要です。

今仕事をしているけど、いずれ大企業に転職したくてリクルートエージェントで転職活動を少しずつ行なっていきたい。

もしくは、今すぐにでも転職したいので、早めに希望している企業や自分にあった業種をキャリアアドバイザーに探して欲しい。

このような自分の意向をキャリアアドバイザーとしっかり共有することで、リクルートエージェントのしつこい電話も軽減されます。

リクルートエージェントの電話を無視してはいけない4つの理由

リクルートエージェントからの電話がしつこいから無視してしまうという人も中に入るようですが、キャリアアドバイザーからの電話を無視はしてはいけません。

リクルートエージェントからの電話をなぜ無視してはいけないのでしょうか?

電話にはなるべく対応した方が良い以下の理由を具体的に解説していきます。

  • 優良案件を見逃してしまうから
  • 意欲が低いと思われてしまうから
  • 企業側へ自分の情報が伝わらなくなるから
  • 面接などのサポートを受けにくくなるから

優良案件を見逃してしまうから

リクルートエージェントからの電話を無視してはいけない理由として、キャリアアドバイザーが見つけた優良物件を逃してしまう可能性があるからです。

優良物件が見つかったらキャリアアドバイザーは転職者にすぐに伝えたくて、なんども電話をしてしまうことがあります。

転職者が電話を無視し続けてしまっては、せっかくの優良物件を逃してしまうことになります。

意欲が低いと思われてしまうから

キャリアアドバイザーからの電話をなんども無視していけない理由は、電話に出なかったり折り返しがなかった場合に転職への意識が低いと判断されてしまうからです。

自分のキャリアを新しいステージで活かして、さらにステップアップしたいと考えていれば、キャリアアドバイザーからの電話にもすぐに出られなくても折り返しをした方が転職に対して情熱があると思ってもらえます。

企業側へ自分の情報が伝わらなくなるから

リクルートエージェントからの電話に対応した方が良い理由は、エージェントが抱えているクライアント企業の情報が届かなくなり転職が遅れてしまうからです。

キャリアアドバイザーからの電話を無視し続けていると、そのうち新規求人の情報が届かなくなってしまうことがあります。

そうすれば、必然的に転職が遅れてしまうということになってしまうので、その場で電話に出られなくても後ほど折り返しをするように心がけましょう

面接などのサポートを受けにくくなるから

リクルートエージェントからの電話を無視し続けてしまうと、面接や職歴書の書き方サポートなどの相談を受けにくくなってしまいます

仕事関係の電話が来たら折り返しすることは社会人として常識なので、電話を無視するとキャリアアドバイザーに悪い印象を与えてしまいます。

しつこく電話がかかってくると感じたら、なるべくメールで要件を伝えて欲しいなど、自分の意向をしっかり伝えるようにしましょう。

リクルートエージェントとの電話のやり取りで意識する3つのこと

転職活動を成功するためには、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと電話でのやりとりが必須になります。

以下がキャリアアドバイザーとの電話のやりとりで気をつけるポイントになります。

  • 転職についての希望はより詳細に伝える
  • 逆にこちらから連絡を取る
  • 転職活動を成功させるための手段として考える

転職についての希望はより詳細に伝える

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと電話をする際には、自分が希望している就職先だけでなく電話の回数などの希望もしっかりと伝えるようにしましょう。

現職に就いているので平日の昼間はメールで連絡して欲しい、電話は夜8時以降にして欲しいなど、あらかじめキャリアアドバイザーに電話で伝えると印象もよくて電話の件数も減ります。

逆にこちらから連絡を取る

キャリアアドバイザーからの電話がしつこいと感じているのであれば、自ら進んで電話をして転職に対する意欲を伝えて、細かく希望を伝えるようにしましょう。

こうすることで、キャリアアドバイザーからピンポイントの求人のみを連絡してもらえます。

転職活動を成功させるための手段として考える

リクルートエージェントとの電話のやりとりは、あくまでの内定を得るための手段だと割り切ることも必要です。

大切なのは自分が希望している転職先に就職するということなので、意欲をアピールしながらも言いたいことはしっかりと伝えることに意識するようにしましょう。

リクルートエージェントの電話をうまく活用して転職しよう

リクルートエージェントから電話がしつこくて困っているという人もいるかもしれませんが、自分の意向をしっかりキャリアアドバイザーを伝えることで電話の件数を減らすことができます。

キャリアアドバイザーとの電話やメールは、より最短で優良物件に内定をもらうための大切な手段なので、電話をうまく利用して希望にあった就職先を見つけましょう

おすすめの記事