リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職をしっかりとサポートしてくれることで人気の転職サポート支援サイトです。

リクルートエージェントでは面談をしてもらうことが可能で、面談を通して自分の強みや弱みを把握してアドバイスを受けることができます

面談でもどのような流れになるのか調べる人も多いので、面談をする場所や面談を失敗しない6つのコツをご紹介します。

リクルートエージェントの面談は事前の準備も大切なポイント

28歳から未経験へのおすすめの転職エージェント3選!

転職サポート支援サービスの中でも高い人気を誇るリクルートエージェント。

求人案件数が多い上に手厚いサポートを行ってくれるため、転職成功率が高いです。

特に案件数・非公開案件がかなり多く、リクルートエージェントと面談を行うことでより自分に合った転職先の案件を紹介してくれます

しかし面談を行う場合は成功させるためにおさえておくべきポイントなども存在します。

準備しておくことが需要なので、リクルートエージェントの面談の流れや場所などを解説していきます。

リクルートエージェントの面談の流れ

転職エージェントを活用する

  • STEP1:面談の予約をする
  • STEP2:決められた日時にリクルートエージェントの近くの拠点へ行く
  • STEP3:自己紹介とキャリアを時系列に沿って見ていく
  • STEP4:転職の動機や目的の聴取
  • STEP5:転職活動のスケジュールを決める

まずは面談を失敗しないコツの前に、面談の流れについて解説します。

面談の流れを把握しておくと、面談を実際に行う前にイメージトレーニングを行うことができます。

リクルートエージェントとの面談を成功させることは重要で、面談を成功させてしっかりと相手に自分のことを知ってもらうとより自分に合う案件を見つけてもらいやすいです

面談を成功させるためにはしっかりと面談の際に話ができるようにイメージトレーニングをしておくのがおすすめです。

どのような流れになるのか面談場所と併せてご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。

STEP1:面談の予約をする

面談の流れとしてはまず面談の打ち合わせ・予約を行うようにしましょう。

面談の予約はWEBから行うことができます。

時間目安としては担当や状況によって異なりますが60分から90分程度になるため、時間があるときに面談ができるように日程の調整をしましょう

面談を成功させるためにもすぐに面談をするのではなく、準備をする期間を数日設けるのがおすすめです。

STEP2:決められた日時にリクルートエージェントの近くの拠点へ行く

決められた日時に面談場所には必ず行くようにしましょう。

遅刻は厳禁です。

面談場所はリクルートエージェントでは拠点に面談専用のブースを持っているため、最寄りの拠点に足を運ぶ流れになります

転職エージェントによっては面談場所もしっかりと話し込むことができる個別のブースを確保しているところもあれば、カフェ・喫茶店などの場所を利用して行うところもあります。

面談場所に足を運ぶ前に事前に交通状況や地図などを確認しておくのがおすすめです。

STEP3:自己紹介とキャリアを時系列に沿って見ていく

実際に面談場所に着くとリクルートエージェントの担当と合流するようになります。

面談場所のブースに移動した後は「自己紹介」を行い「キャリアの時系列」を一緒にチェックしていきます。

基本的に質問をされることが多いので、質問に対して答えていくような流れです。

しかし面談の場合も面接と同じというイメージを持ち、積極的にアピールするようにするのがおすすめです。

STEP4:転職の動機や目的の聴取

リクルートエージェントの面談では時系列のキャリアや自己紹介が終わった後は「転職の動機」や「転職目的の聴取」が行われます。

動機や目的をしっかりと聞いてくれますが、この動機や目的は自分に合う案件を探してもらうための重要ポイントです。

どのような仕事が合うのかプロの視点でチェックしてくれるため、自分に合う案件を紹介してもらうためにもしっかりと話し込むようにしましょう

面談場所に訪れて面談をしたのにも関わらず、面談を淡々と済ませてしまうと転職に対するやる気がないと判断されていい案件が紹介してもらえない場合もあるため要注意です。

STEP5:転職活動のスケジュールを決める

転職目的や動機などをしっかりと話し込んだ後は転職活動のスケジュールを決めていきましょう。

転職活動スケジュールはかなり重要です。

というのも、転職活動を行うときにスケジュールを決めていないと余裕があるという意識になるため、転職が成功しないとダラダラした雰囲気になってしまい、転職できるのが遅くなってしまう場合が多いです。

転職活動スケジュールはしっかりと練るようにしましょう。

面談が終わった後は面談場所から離れますが、この時の行動も見られているという意識で面談場所から離れるのがおすすめです。

リクルートエージェントの面談で失敗しない6つのコツ

  • 自分の経歴などをなるべく正直に話す
  • 面談前に、履歴書や職務経歴書を担当者に送っておく
  • 希望条件などは事前に担当者に伝えておく
  • 遅刻をせずに面談へ行く
  • 自分の強みを洗い出しておく
  • 事前アンケートは詳細にしっかりと書いておく

次は面談で失敗しない6つのコツについてご紹介します。

面談は転職の面接と同じくらい重要で、リクルートエージェントとの面談が失敗してしまうとあまりサポートを受けられないという場合もあります。

リクルートエージェントも一人で複数の人を担当するため、転職意欲が強い人を率先してフォローしてくれます

当然転職意欲が強い人に良い求人が回りやすくなるため、良い求人を紹介してもらうためにも失敗しないコツをしっかりとおさえて面談をしてください。

自分の経歴などをなるべく正直に話す

面談を成功させるためにも、自分の経歴などをなるべく正直に話すようにしましょう。

人によっては経歴を良く見せて良い案件を紹介してもらおうと嘘をつく人もいます。

嘘はやっぱり話しているとバレてしまいやすく、特にプロのアドバイザーに見抜かれてしまう場合がほとんどです。

自分の経歴を正直に話すとより自分に合った案件を紹介してもらいやすいため、リクルートエージェントとの面談は経歴などを正直に話すようにしてください。

面談前に、履歴書や職務経歴書を担当者に送っておく

さらにリクルートエージェントとの面談を成功させるためにも、面談前に履歴書や職務経歴書を担当に送っておきましょう。

面談場所に訪れて会った際に履歴書や職務経歴書を渡す人もいますが、事前に送っておくことで履歴書や職務経歴書の内容を確認してから面談を行うことができます。

履歴書や職務経歴書を確認する時間を省くことができる上に、履歴書や職務経歴書の添削を行ってくれている場合が多いため、より良い履歴書や職務経歴書で本番に挑むことが可能です。

履歴書や職務経歴書の書き方において悩む人がたくさんいますが、悩みがちなポイントも面談中に聞くこともできるので、書き方がわからない場合は手帳やメモ帳などにわからないポイントをまとめて書いておくとより良い履歴書や職務経歴書を作ることができます。

希望条件などは事前に担当者に伝えておく

面談前にリクルートの担当エージェントに履歴書や職務経歴書を送っておくのがおすすめですが、さらに希望条件などを事前に伝えておくのもおすすめです。

事前に希望条件を伝えておくと、面談の前に担当に希望に沿った案件を探してくれている場合が多いです。

もちろん面談内容によって探す転職先が変わる場合もありますが、先に希望条件に合いそうな求人を探してくれるためしっかりと伝えておきましょう。

遅刻をせずに面談へ行く

面談を成功させるためには面談場所に遅刻をしないように訪れましょう。

リクルートエージェントとの面談も本番と同様のイメージを持つのが好ましいです。

面談場所に足を運んだのにも関わらず、遅刻をしてしまうと転職先を探す意欲が少ないという悪いイメージを持たれてしまいがちです

面談場所に決められた時刻で訪れるためにも、面談場所の確認や面談場所までの交通状況などはしっかりと調べておきましょう。

自分の強みを洗い出しておく

担当との面談を成功させるためにも自分の強みを洗い出しておくのがおすすめです。

というのも、自分の強みは面接時にしっかりとアピールできるポイントでもあります。

面談中に考える人もいますが、面談時間も限られているため、時間を有意義にするためにも自分の強みは事前に洗い出しておきましょう

事前アンケートは詳細にしっかりと書いておく

リクルートエージェントとの面談では事前にアンケートがあります。

この事前アンケートも詳しく書いておくようにするのも面談を成功させるコツです。

というのも、事前アンケートも希望する案件探しのポイントにもなるため、かなり重要なポイントといっても過言ではありません。

事前にアンケートをしっかりと書いておくと面談もスムーズに進行しやすいため、詳しく書くようにしておきましょう。

面談が終わった後はお礼のメールを送るようにするとさらに良い案件を紹介してもらいやすいです。

リクルートエージェントの面談であると良い3つの持ち物は?

  • A4ファイル
  • 手帳などスケジュールが確認できるもの
  • 履歴書や職務経歴書の写し

次はリクルートエージェントの面談を行う上であると良い3つの持ち物について解説します。

持ち物は意外と気にしない人も多いのですが、持ち物もしっかりと用意しておくことで転職が成功する場合も多いです。

持ち物の準備がしっかりとできているだけでも几帳面で転職意欲があるというイメージを持たれやすいため、良い案件を紹介してもらいやすいです。

リクルートエージェントとの面談を考えている人は面談場所や成功させるコツと併せてチェックしましょう。

A4ファイル

リクルートエージェントとの面談を行う場合は「A4ファイル」を用意しておくようにしましょう。

面談時にも案件や魅力的な資料を渡してもらえることも多いです。

A4ファイルがあるときれいに持ち帰ることが可能で、後で見返すこともできやすいです。

さらにA4ファイルなどにきれいに書類をまとめる習慣も身に着けることができるため、事務仕事などがある場合は活かすことができます。

仕事でも使えることが多いため、できればA4ファイルが入るカバンなどを用意しておくのがおすすめです。

手帳などスケジュールが確認できるもの

A4ファイルとともに用意しておきたいのが「手帳やスケジュール帳」です。

できればカレンダーやバインダー・メモ帳スペースが多い手帳やスケジュール帳が好ましいです。

手帳やスケジュール帳にリクルートエージェントとの面談の日時や場所の記載をできる上に、本番の面接時の場所や日時なども記載できます。

さらに手帳やスケジュールはそのまま仕事を始めた時にも使うことができるため、手帳やスケジュールはしっかりと用意をしておくようにしましょう。

手帳やスケジュールは主に転職活動スケジュールを決めるときに使います。

履歴書や職務経歴書の写し

リクルートエージェントとの面談場所に足を運ぶ前に、履歴書や職務経歴書を送っておくのが好ましいですが、当日には履歴書や職務経歴書の写しを持っていくのもおすすめです。

もちろん写しではなく本物を持っていくのもおすすめで、一緒に担当と確認をしながら話を行うことができます

面談時間を有意義にするためにも写しは用意しておいてください。

リクルートエージェントの面談は準備を事前のしっかりして臨もう

リクルートエージェントとの面談で失敗しないコツや面談場所・おすすめの持ち物をご紹介しましたが、面談場所に足を運ぶ前にしっかりとあらゆる準備をしておきましょう。

特に気を付けていただきたいのが面談場所に足を運ぶタイミングで、早すぎる場合は常識がないイメージが付きやすい上に、遅刻はさらに印象を悪くしてしまいがちです。

面談場所には決めた日時の10分から5分程度前に足を運ぶようにしましょう。

面談場所に早く着きすぎた場合は、近くの場所で時間を潰すようにしてください。

転職活動を成功させるためにも面談はしっかりと行うことを意識して準備をしましょう。

おすすめの記事