リクルートエージェントの電話面談の流れや注意点5つを解説!

リクルートエージェントの電話面談は、オフィスに行く時間を短縮したい人や地方に住んでいてオフィスに訪問できない人におすすめです。

この記事では、リクルートエージェントの電話面談の流れや注意点などを解説しますので是非、参考にしてください。

リクルートエージェントの電話面談は地方在住の人におすすめ

リクルートエージェントは転職実績No.1の転職エージェントで、今までに多くの転職者が利用しています。

忙しくてオフィスに行けなかったり、自宅からオフィスが遠くて訪問できないという地方在住の人にリクルートエージェントの電話面談を利用することをおすすめします。

リクルートエージェントの電話面談の流れは?

転職実績No.1のリクルートエージェントは、新卒者だけでなく職務経歴がある20代後半から30代の人たちにも最適な転職エージェントで、未経験の職種でも正社員として雇っている企業が多数登録しています。

リクルートエージェントは本社が東京にあり、北海道から九州まで支社があります。

東京都在住の人であれば、リクルートエージェントの本社が東京駅の目の前にあるのでアクセスしやすい場所にあるのですが、地方に住んでいる人たちはリクルートエージェント支社に訪問するまでに時間がかかる人もいるでしょう。

リクルートエージェントは電話面談に対応しているので、往復の時間を短縮することができて便利です。

以下が、リクルートエージェントの電話面接の具体的な流れになります。

  • 自己紹介やキャリアの確認
  • 転職の目的や希望の条件の確認
  • 転職をサポートできるかどうかを判断
  • 転職活動の方向などのヒアリング
  • 求人の紹介

STEP1:自己紹介やキャリアの確認

リクルートエージェントの電話面談を利用する前に、まずは自分の経歴と自己紹介をしっかりとまとめる必要があります。

電話でキャリアアドバイザーに自分がどのような経験を積んできて、どのようなアピールポイントがあるのかを第三者が理解できるように書き出してみましょう。

一度、書き出してみたら家族や友達など身近な人に聞いてもらって、相手が理解しやすかったら電話面談でキャリアアドバイザーに説明します。

STEP2:転職の目的や希望の条件の確認

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの電話面談で自己紹介と職歴を伝えたら、今度は自分が転職したい業種や企業の雰囲気などの希望を伝えます

キャリアアドバイザーに今まで経験してきたスキルを、どのように活かしていきたいかをしっかり伝えてください。

そうすることで、キャリアアドバイザーが数多くある求人から希望している企業や業種を提示してくれます。

STEP3:転職をサポートできるかどうかを判断

東京都内おすすめ転職エージェント10選

リクルートエージェントととの電話面談では、自己紹介や希望する職種、そして今までのキャリアをどう活かしたいかをキャリアアドバイザーに伝えます。

そのあとに、キャリアアドバイザーが希望に沿った求人を探して、何社かおすすめの企業を紹介してくれます。

電話面談の時に担当のキャリアアドバイザーが、しっかりと転職をサポートしてくれるかを見極める必要があります。

もし、相談していて相性が悪いなと感じたら別のキャリアアドバイザーに変えることができるので、気軽に申し出をしましょう。

STEP4:転職活動の方向などのヒアリング

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの電話面談で、一通り自己紹介や希望している職種などを話してみて、自分の転職活動をサポートしてくれそうだと判断したら、そのままキャリアコンサルタントと転職活動の方向性について話し合うことになります。

ここで、しっかりと明確に新しい仕事で何がしたいのかを伝えると、キャリアアドバイザーも数多くある求人の中から探しやすくなります。

このヒアリングをちゃんと行うことで、満足のいく転職活動をすることができるので、キャリアアドバイザーと電話面談をしている際に少しでも疑問に思ったことや質問があれば、積極的に伝えるようにしましょう。

STEP5:求人の紹介

リクルートエージェントとの転職へ向けてのヒアリングが終わったら、今度はキャリアアドバイザーが多数ある求人から求職者の希望に合う職種や企業を探します。

次の面談でキャリアアドバイザーから、何点か求職者におすすめの求人を紹介してくれます

興味がある求人であれば次のステップに進みますが、もしその中の求人で自分が希望している企業ではないと感じたら、気軽にキャリアアドバイザーに相談しましょう。

リクルートエージェントで電話面談をする際の4つの注意点は?

転職エージェント「リクルートエージェント」は全国に支店がありますが、なかなか時間が取れなくてオフィスに訪問できない人のために電話面談をすることもできます。

ただ、電話面談は直接対面してる訳ではないので、なかなか思うように自分の言いたいことが伝えられない、キャリアアドバイザーに分かってもらえなく悩んでいる転職者もいるようです。

以下が、リクルートエージェントの電話面談で注意しておきたいことなので、この点を踏まえて電話面談を利用するようにしましょう。

  • キャリアアドバイザーの人柄が分かりにくい
  • 転職への熱意を伝えにくい
  • 面接指導を受けることができない
  • 職務経歴書などの添削を受けることができない

キャリアアドバイザーの人柄が分かりにくい

リクルートエージェントの電話面談を利用するにあたって、電話越しだとキャリアアドバイザーの人柄が分からないという欠点があります。

オフィスに訪問して直接、対面すればキャリアアドバイザーの雰囲気や人柄も分かりますが、声だけだと人柄が分かりにくいということで、どう判断したら良いのか分からないと悩んでいる求職者もいるようです。

転職への熱意を伝えにくい

リクルートエージェントには電話面談という便利なシステムが導入されていますが、電話だとジェスチャーも使えないため言葉だけで希望している職種や企業の雰囲気、これからどのような企業で今までのキャリアを活かしたいのかという熱意が伝わり難いことがあります。

対面式の面談であれば、話し方やジェスチャー、目力などでなぜ転職をしたいのか、自分がどのようなスキルを持っていて、それを新しい分野で活かしていきたいのかを伝えることができます。

キャリアアドバイザーも対面式面談の方が、求職者の雰囲気や熱意をキャッチすることができるので、電話面談だと熱意を掴みきれないこともあるようです。

面接指導を受けることができない

リクルートエージェントの電話面談では、対面式とは異なり面接指導を受けることができません

直接、キャリアアドバイザーと会っての面談であれば、その場で各企業ごとの面接対策を教えてもらうことができますが、電話面談だと細かい面接指導が受けられないのがデメリットです。

もし、面接指導をしっかり受けてから企業面接に挑みたいという方は、直接オフィスに出向いてキャリアアドバイザーに指導を受けるようにしてください。

職務経歴書などの添削を受けることができない

リクルートエージェントの電話面談では、職務経歴書や履歴書などの添削を受けることができません

前もってキャリアアドバイザーにメールで職務経歴書を送っておけば添削をしてくれますが、対面式の面談で口頭で伝える方が、どのように修正したら書類選考に通りやすいのかというのが分かりやすいでしょう。

リクルートエージェントで電話面談をする際の5つのポイントは?

転職エージェント「リクルートエージェント」での電話面談は、地方に住んでいる人にとってはとても便利なシステムです。

しかし、電話では伝わり難いこともあり悩んでいる求職者もいるようです。

これから電話面談で転職活動をしたい人は、以下の点に気をつけながらキャリアアドバイザーと電話面談をするように心がけてください。

  • 転職の希望条件などははっきりと答えられるようにしておく
  • しっかりと熱意を持って伝える
  • 履歴書などを事前にアドバイザーに送ると面談がスムーズになる
  • メモをしっかり取る
  • ネガティブな事を話しすぎない

転職の希望条件などははっきりと答えられるようにしておく

転職エージェント「リクルートエージェント」の電話面談を利用する際に気をつけておきたいポイントとして、これからどのような企業や職種に転職をしたいのかなど、具体的な転職希望についてキャリアアドバイザーに伝える必要があります。

電話面接の時に、キャリアアドバイザーから求人を探す前に希望している条件を聞かれます。

この条件を参考に多数ある企業の求人募集の中から、何点か選んで転職者に提示する流れになるので、明確に希望条件をキャリアアドバイザーに伝えてください。

しっかりと熱意を持って伝える

電話面談をする際に、キャリアアドバイザーにしっかりと熱意をもって希望している職種を伝えるようにしましょう。

リクルートエージェントは対面式の面談だけでなく電話面談にも対応していて、オフィスから遠い場所に住んでいたり忙しくて出向けない多くの人が利用することができます。

しかし、電話だと緊張感がなくなり熱意を示していないこともあり、キャリアアドバイザーも転職者の意向を掴みきれないこともあるため、対面式以上の熱意をもって転職希望について説明するようにしましょう。

履歴書などを事前にアドバイザーに送ると面談がスムーズになる

転職エージェント「リクルートエージェント」の電話面談をする際は、事前に職務経歴書や履歴書などをメールでキャリアアドバイザーに送っておきましょう

前もって必要な資料をキャリアアドバイザーに送っておけば、転職者の経歴をじっくりと見ることができるので電話面談の時にスムーズに話が進みます。

メモをしっかり取る

リクルートエージェントでの電話面談だと、電話で話すことに集中しがちですが、キャリアアドバイザーのアドバイスなどをしっかりとメモすることが大切です。

もし、書くスピードが遅くてメモをするのが苦手だという人は、パソコンのメモアプリを利用してキャリアアドバイザーと相談した内容や、転職に向けての改善点などを記録するのも良いでしょう。

「Evernote」や「Stickies」などの無料でダウンロードできるメモ帳を利用すると良いでしょう。

ネガティブな事を話しすぎない

 

電話面談で気をつけておきたいポイントとして、キャリアアドバイザーと転職相談をしている際にネガティブなことを話すのは控えましょう

電話だと緊張感がなくなってしまい、今まで勤務していた会社での愚痴などを友達感覚で相談してしまうこともあるようです。

リクルートエージェントの電話面談では、あくまでもこれからの転職に向けての相談なのでなるべくポジティブな内容を伝えるようにしてください。

リクルートエージェントの電話面談は自分の事をしっかり伝えよう

転職エージェント「リクルートエージェント」の電話面談は、オフィスから自宅が遠くて出向くことができない人や時間がなくて訪問できない人にとても便利なシステムです。

電話なので雰囲気などで熱意が伝わり難いこともありますが、希望している転職先や職種などをしっかりキャリアアドバイザーに伝えることで、自分にあった求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントの電話面談を利用して転職を成功させましょう。

おすすめの記事