エン転職の電話連絡がしつこいで有名?会社の電話番号や対処法は?

エン転職の電話連絡がしつこいという口コミをよく目にします。

電話連絡がしつこいからといって無視をしてしまうのは、あまりおすすめできる方法ではありません

本記事では、エン転職が電話連絡を何度もしてくる理由や無視する以外の正しい対処法を解説します。

エン転職の電話連絡はしつこい時には対処方法がある

エン転職は登録者数も多く、CMなどでもよく目にする人気の転職エージェントです。

サービスの質や求人数の多さに定評があり、実際にエン転職に登録している求職者の方も多くいるでしょう。

一方で、「エン転職の電話連絡がしつこい」という口コミは、SNSなどでもたびたび話題にあがります。

いくらサービスが良くても、電話連絡が多過ぎてはうんざりしてしまうのも仕方がありません

そこで本記事では、エン転職の電話がしつこいと感じている方のために、電話連絡の理由や対応方法などを詳しく解説していきます。

 

エン転職の評判や口コミついては、こちらの記事をご覧ください。

エン転職の電話がしつこい6つの理由

エン転職の電話連絡が多いのには、以下のような6つの理由があると考えられます。

  1. エン転職で魅力的な求人の紹介のため
  2. 利用者の転職に成功させると企業から報酬が得られるため
  3. エン転職の担当スタッフがノルマの達成のためしつこくかけてくる
  4. 応募書類の作成が締め切りを過ぎているなど催促のため
  5. 元々は営業の会社だったため登録者に対する執着が強くなっている
  6. 担当者の質が低い

 

転職エージェントからなかなか連絡がこないとお悩みの方は、以下の記事をご一読ください。

エン転職で魅力的な求人の紹介のため

エン転職が電話をかけてくる主な理由は、求人紹介目的です。

条件に見合う魅力的な求人が出た時に、登録者にすぐに紹介したいという担当者の気持ちが、電話連絡の多さに反映されています。

エン転職では常に1万件以上の求人を取り扱っているため、紹介できる求人が後を尽きることがないのです。

また、担当者が電話でわざわざ紹介しようとしてくれる求人は、好条件の非公開求人であることが多いですから、電話に出ることで求職者側にも十分なメリットがあります。

利用者の転職に成功させると企業から報酬が得られるため

エン転職などの転職エージェントは、ボランティアではなくビジネスとして転職サポートを行っています。

具体的には、自社に登録している求職者が企業への入社を果たすことで、はじめて報酬を得ることができるのです。

そのため、エン転職の担当者はユーザーをいち早く転職成功に導こうと、一所懸命に電話でアプローチをかけています。

あまりにも熱心なその姿勢が、登録者にとっては迷惑だったり、しつこさを感じさせたりする要因になっているのかもしれません。

エン転職の担当スタッフがノルマの達成のためしつこくかけてくる

エン転職では、一人ひとりに専属のキャリアパートナーが付きます。

求人を探したり、企業との連絡を代行してくれる親切なキャリアパートナーですが、実は、彼らには会社から課せられたそれぞれのノルマがあるのです。

月に最低でも何回かは電話をかけるように指示されていたり、先月よりも多くのユーザーを転職成功に導けというようなノルマを背負っているキャリアパートナーは、ノルマ達成のために必死に電話連絡をしてきます。

ユーザー側からすると、キャリアパートナーが背負っているノルマは自分の転職活動には関係がないため、迷惑と感じてしまうこともあるでしょう。

応募書類の作成が締め切りを過ぎているなど催促のため

エン転職がしつこく何度も電話をかけてくる場合、もしかしたら作成し忘れている応募書類などの期限が迫っているのかもしれません。

何社も転職エージェントに登録していたり、多くの企業に応募していたりすると、ついつい書類の提出がおざなりになってしまうことがあります。

必要な書類の作成や提出が遅れると、せっかくのチャンスをふいにしてしまう恐れもあるでしょう。

エン転職から何度も電話連絡が来る場合は、自分では覚えがなくても念のため電話に出ておく方が安全です。

元々は営業の会社だったため登録者に対する執着が強くなっている

エン転職を運営しているエン・ジャパンは、現在、転職活動のサポート業務を中心に行っている企業です。

しかし、元々エン・ジャパンは営業会社を運営していました。

営業では顧客とのコンタクトを密にとることこそが成功の秘訣だと伝えられます。

営業時代にその教えをひたむきに守ってきたエン・ジャパンは、転職エージェントをはじめてからもその方針に則って業務を行っているため、登録者への執着が強くなりすぎている節があるのです。

担当者の質が低い

エン転職を利用している全ての人が、電話連絡がしつこいと感じているわけではありません。

中には、専属のキャリアパートナーの経験が浅かったり、質が悪かったりすると、意思疎通がうまく取れずにしつこく電話連絡が来るという事例もあるようです。

キャリアパートナーとの相性は直接的に転職の成功率に関わってくるもので、電話連絡がしつこすぎる質の低いキャリアパートナーがついてしまうと転職活動が思うように進められない恐れもあります。

エン転職の電話がしつこい時の6つの対処法

エン転職からしつこく電話が来て困っているという方に、おすすめの対処法を6つ紹介します。

  1. 電話の頻度を減らしてもらうように伝える
  2. 電話可能な曜日や時間帯を指定する
  3. 連絡はメールのみが可能かどうか交渉する
  4. 転職の希望条件に当てはまらない求人ははっきり断る
  5. 留守番電話に用件を入れてもらい必要に応じて折り返し連絡する
  6. 担当者を変更してもらう

 

転職エージェントのサポートを上手く断りたいとお考えでしたら、こちらの記事をご参照ください。

電話の頻度を減らしてもらうように伝える

エン転職の電話連絡の回数が多過ぎると感じる場合は、思い切って担当者にその旨を伝えてみましょう。

クレームといった雰囲気ではなく、あくまでもお願いするという形で伝えれば、担当者との関係も良好に保てるはずです。

「求人を熱心に紹介してくれるのは非常にありがたいのですが、すべての電話に出る時間を確保できないのが心苦しいため、週に2、3回程度までお電話をいただく頻度を少なくしていただけないでしょうか」

このように担当者からの電話連絡に感謝を示しつつ、電話を最小限に抑えてほしいことを丁寧に伝えるのがポイントです。

電話可能な曜日や時間帯を指定する

転職活動をしている方の中には、在職中の方も多くいるでしょう。

平日の日中など、仕事をしていてエン転職からの電話に出られない時間帯がある場合は、改めて担当者に希望連絡時間を伝えておくことで、電話の頻度を減少させることができます。

平日の何時から何時までなら電話に出られるのか、土日や祝日の対応可能時間は何時から何時までかなど、詳しく時間帯を指定すると良いでしょう。

時間を指定してもらうことで、ピンポイントで確実に電話連絡ができるようになるため、エン転職の担当者もありがたがるはずです。

連絡はメールのみが可能かどうか交渉する

電話連絡がどうしても嫌だという場合は、担当者にすべての連絡をメールでしてほしいとお願いしてみるのも一つの手です。

メールでなら時間を気にせず内容を確認できますし、大事な内容を聞き忘れたり、メモを取ったりする必要がなくなるため、都合が良いという人も多いのではないでしょうか。

エン転職でもメールで求人紹介を行ったり、書類の送付にメールを活用したりしているため、きちんとお願いすればメールのみの連絡にもすんなり承諾してくれるでしょう。

転職の希望条件に当てはまらない求人ははっきり断る

求人の紹介頻度を減らしたい場合は、希望条件に合わない求人は、理由を伝えてはっきりと断るのが効果的です。

電話連絡がしつこいということは、希望条件に近い求人が多過ぎるということでもあります。

なかなか応募したい求人が決まっていない状態だと、担当者は少しでも条件に合いそうな求人をすぐに紹介しようとするのです。

はっきりと断ることで希望条件が明確になっていき、徐々に電話連絡の頻度が減り、求人の質も上がっていくでしょう。

留守番電話に用件を入れてもらい必要に応じて折り返し連絡する

忙しくてなかなか電話をとれないという方は、あらかじめ連絡事項があるときは留守番電話にメッセージを残してもらうようにお願いしておくと良いでしょう。

必要に応じて折り返し連絡をする旨を伝えれば、担当者も何度も電話をしなくて済みます

担当者を変更してもらう

電話の頻度を抑えるようにお願いしたり、メール連絡に切り替えるように頼んでも全く応じてくれない場合は、遠慮せず担当者を変えてもらいましょう。

担当者の変更を依頼する場合は、担当者に直接許可を得るのではなく、最初から会社に連絡して相談するようにした方がスムーズです。

転職エージェントでは、求職者から担当者の変更を求められることは日常茶飯事なので、丁寧に事情を説明すれば特に悪い印象を与えることもありません。

エン転職からの電話連絡を無視する3つのデメリット

何の対処法も取らずに、エン転職からの電話連絡を無視し続けると、以下のような3つのデメリットがあります。

  1. 一定期間、連絡を入れるまで連絡が来るので余計にしつこくなる
  2. 求人を優先的に紹介してもらえなくなる
  3. 求人の応募などで連絡を取りたい時に後回しにされてしまう

 

転職エージェントに見捨てられた場合のデメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

一定期間、連絡を入れるまで連絡が来るので余計にしつこくなる

エン転職からの電話連絡を無視し続けると、余計にしつこく電話がかかってくる恐れがあります。

求職者が電話を無視する原因が何なのかはっきりしないと、担当者は会社からなぜ連絡がこないのかはっきりするまで連絡をし続けるように指示されるのです。

もしもエン転職を利用して転職する意思がもうないのなら、一度電話に出てきちんとその旨を説明した方が、しつこい電話をやめさせることができます。

求人を優先的に紹介してもらえなくなる

座って悩むサラリーマン男性

電話連絡を無視し続けるということは、積極的に転職活動をする意思がないと転職エージェントに判断される要因になるかもしれません。

すると、条件の良い求人を紹介してもらう優先順位を下げられてしまう恐れがあります。

転職エージェントは登録者が転職を成功させてくれないと報酬を得らえないため、転職成功率の高い登録者から優先的に連絡をする傾向があるのです。

求人の応募などで連絡を取りたい時に後回しにされてしまう

エン転職の電話を無視すると、いざ応募したい求人が見つかった際に連絡をしようとしても後回しにされてしまう恐れがあります。

そもそも電話連絡を無視するのは社会人としてあるまじき行為ですから、そのような非常識な人材を紹介する危険性についてエン転職側が警戒している可能性があるのです。

エン転職を使って転職をする意思がある以上は、絶対に無断で電話を無視するべきではありません。

エン転職の電話がしつこい時は担当者にはっきりと伝えよう

エン転職からくる電話連絡がしつこいと感じる場合は、エン転職をこれ以上利用する意思があってもなくても、一度はっきりと電話の頻度を減らしてほしい旨を伝えるのが得策です。

エン転職はサービスの質が良く利用者も多い大手の転職エージェントなので、電話のしつこさだけで利用を止めてしまわずに、対処法を一つずつ試しながら効率よく活用していくようにしましょう。

 

20代の方におすすめしたいその他の転職エージェントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの記事