doda(エージェント)の面談の流れは?予約や服装、休日も対応可能か調査!

doda(エージェント)は転職などをサポートしてくれることで人気があり、初めての転職や転職が苦手な人・上手くいかない人におすすめです。

自分では気づきにくい改善点も客観的にチェックしてくれる上に、面接などのフォローや求人探しも手伝ってくれます。

doda(エージェント)では、実際に面談して面接時の印象や改善点なども教えてくれるので、面談の流れや予約、服装などについて解説します。

doda(エージェント)の面談の流れが気になる

サポート実績数が圧倒的に多いdoda(エージェント)は多くの人に人気があります。

求人案件数も多いだけでなく面談もしてくれるため、面接が苦手な人や客観的に自分の状態をチェックしてほしい人におすすめです。

doda(エージェント)に面談をしてもらう場合は「どのような流れになるのか」「予約の方法」や「服装」「休日の対応は可能か」についてご紹介していきます。

doda(エージェント)面談の4つの流れ

  • 転職理由や今後についてヒアリング
  • 転職者の現在、過去についてヒアリング
  • 転職先に求める条件、不明点などのヒアリング
  • エージェントによる職務経歴書の添削

まずは実際にdoda(エージェント)の面談を受ける場合に、どのような内容をヒアリングされるのかについて解説します。

面談する上でのヒアリング内容を事前に知っておくと、人と話すことが苦手な人でもある程度内容がまとまった状態で話すことができます

面談をより良いものにすることができるため、ヒアリング内容は必見です。

転職理由や今後についてヒアリング

まず面談時の最初にヒアリングされるのが「転職理由」や「今後について」です。

転職理由はかなり重要で、転職したのにも関わらず同じ理由で再度転職先を探さないといけなくなったとなった場合は元も子もありません。

面談時に転職理由を話すことでどのような仕事が向いているのかについて客観的に判断をしてくれるため、転職理由は正直に面談時に話しましょう。

さらに、転職理由とともに「今後どのようにしたいのか」ついて考えておくと転職先の方向性も定まりやすいです。

転職者の現在、過去についてヒアリング

doda(エージェント)の面談ではさらに「現在の就職先と過去の経歴についてのヒヤリング」もあります。

過去の経歴や現在の職場の状況を具体的に知ることで、その人の苦手な点やどのようなスキルがあるのか判断してもらうことが可能です。

今まで培ってきた経験・スキルを活かせるような仕事を探してくれるようになるので、しっかりと説明ができるようにまとめておきましょう。

転職先に求める条件、不明点などのヒアリング

doda(エージェント)の面談では他にも「転職先に求める条件」や「不明点」についてのヒアリングも行われます。

自分自身の希望する条件から最初に探していくため、どのような仕事場に転職したいのかなどを聞かれます。

希望に沿った求人案件などを紹介してくれるため、転職に対しても前向きになることができます。

エージェントによる職務経歴書の添削

ヒアリングをしっかりと行ってくれるdoda(エージェント)の面談では、他にも職務経歴書の添削も行ってくれます。

職務経歴書は転職をする際に重要で、間違えやすい点やわかりやすくスッキリとまとめてくれる点でも人気です。

職務経歴書や履歴書はなかなか他の人に聞きづらい点でもあるため、書類関係に不安がある人にもおすすめです。

doda(エージェント)面談に予約は必要?

doda(エージェント)の面談は多くの魅力が詰まっており、メリットが多いです。

実際にdoda(エージェント)に面談をしてもらおうと考えた場合、予約が必要なのか疑問に感じて調べる人も多いです。

doda(エージェント)の面談の予約の有無について次は解説します。

面談は電話で予約

doda(エージェント)に面談を依頼したい場合は「電話で予約」をするような形になります。

ただし注意点としては「事前の必要事項が入力されていない」場合や「転職に意欲がない」という場合は面談の予約ができないパターンがあります。

doda(エージェント)は大手企業でもあるため、面談を依頼する人が多いです。

意欲がない人に割く時間がないと感じられた場合は、面談を拒否されるケースもあるのでしっかりと必要事項などは入力しておきましょう。

doda(エージェント)面談の服装や持ち物について

次はdoda(エージェント)で面談する場合の服装や持ち物について解説します。

服装や持ち物も意外と相談することがない点で、迷ってしまう人が多いです。

面談を考えている人は服装や持ち物もぜひチェックしてみてください。

服装は基本自由

doda(エージェント)で面談をする場合は基本的には「私服」でも大丈夫です。

担当エージェントによってはジャージでも大丈夫と答えている人もいるほどなので、本当に服装は何も気にしなくても大丈夫なようです。

スーツで行く人も全然OKですが、私服で行く場合の目安としてはきれい目なカジュアルコーデやジャケパンコーデを意識して面談するのがおすすめです。

ただし、私服で大丈夫といっても身だしなみがきちんとしていない不清潔な印象の服装は断られる可能性もあるので気を付けてください。

面談の持ち物もチェック

持ち物も「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」など身分証明ができる「顔写真つき」の身分証明書を持参するようにしましょう。

さらに「職務経歴書」や「ノート」「筆記用具」などを持っていくと面談をしてアドバイスを受けた時にメモをすることが可能です。

面談をより良い物にするためにも筆記用具等は一応持っていくようにしましょう。

doda(エージェント)面談は休日でも対応しているのか

次はdoda(エージェント)での面談は土日などの休日も対応してくれるのかについて解説します。

仕事によってはやはり平日に時間を取るのは難しく、休日にしか動けないという人もいます。

休日に対応してくれるのかについて解説していきますので、休日しか時間を空けることができない人は参考にしてください。

休日は土曜のみ対応可能

面談は基本的は平日の方がスケジュール調整が行いやすいですが、休日にしか動けない場合は土曜日も対応してくれます

土曜日も仕事という人はスケジュール調整ができないか相談するかイベントなどに足を運ぶようにしましょう。

土曜日がいい人は担当エージェントに相談してみるようにしてください。

doda(エージェント)の面談を3つの成功させるコツ

  • 転職の意思が強いことを伝える
  • 不明点や希望条件をはっきりさせておく
  • 自分の職歴や考えは包み隠さず話す

次はdoda(エージェント)での面談をしてもらう上で、面談を成功させる3つのコツについてご紹介します。

doda(エージェント)の面談をしたから必ずしもたくさんサポートしてくれるというわけではなく、やはり意欲がある人を優先してフォローしてくれます

面談でしっかりとアピールできるとサポートをしてもらいやすい上に、面接でも成功がしやすいです。

面談を成功させて早く転職先を見つけたいと考えている人は面談を成功させる3つのコツをぜひチェックしてみてください。

転職の意思が強いことを伝える

面談を成功させるために必須といっても過言ではないのが「転職意欲を見せる」という点です。

doda(エージェント)の面談は、転職に前向きである人に対して時間を割いてくれますが、せっかく面談してもいまいち意欲がないと思われるとサポートを十分にしてもらえない可能性もあります

転職意欲は企業の面接時にも有利に運びやすいため、転職できる見込みがある人物という印象で捉えてもらうことが可能です。

「転職に意欲がある」という言葉だけをいう人も多いのですが、できれば「転職に意欲があってどのように日々行動しているのか」を具体的に説明をすると相手に伝わりやすいです。

不明点や希望条件をはっきりさせておく

面談をする場合は転職意欲も必要ですが、さらにコツとして意識していただきたいのが「不明点」や「希望条件」を明確にしておきましょう。

面談の流れでも触れたように、面談をしているときには転職先の希望条件などを聞かれます。

この時に返事があまりよくないと転職意欲があまりない上に、希望条件が明確でないと自分が思っていたようにうまく相手に伝わらず、希望案件が紹介してもらえない可能性もあるので、希望条件はしっかりとまとめておきましょう。

自分の職歴や考えは包み隠さず話す

意外と多いのですが、職歴や考えなどを隠すのだけはやめましょう。

というのも、見栄を張って職歴を偽る人もいますが、職歴を偽ると後々トラブルに発展してしまう可能性もあります

さらに嘘の場合はバレてしまいやすく、信用も一気に失ってしまうことがほとんどです。

転職することや、転職回数が多い場合などは恥ずかしいことではないので、包み隠さず相談するようにすると信頼をしてもらいやすいです。

doda(エージェント)にある面談以外の4つの魅力

  • 非公開求人多数
  • スカウトサービス
  • doda独自のイベントやセミナー開催
  • アフターフォローも万全

doda(エージェント)の面談は転職成功への近道といっても過言ではありません。

面談もかなり魅力的ですが、doda(エージェント)では他にも4つの魅力があります

どのような魅力があるのか4つの魅力をご紹介しますので、面談と合わせてぜひチェックしてみてください。

非公開求人多数

doda(エージェント)は元々の求人案件数が多い点でも人気ですが、普通の求人情報誌では紹介されないような非公開求人も持っています

非公開求人に適している人のみに紹介してくれる特別な案件も持っているため、面談することで紹介してもらえる可能性もあります。

案件数の多さからも転職の成功確率が上がりやすいです。

スカウトサービス

スカウトサービス

さらに企業側から魅力に感じた人をスカウトしてくれるサービスもあります。

スカウト受けたから必ずしも受かるというわけではありませんが、他の人よりも少しリードした状態で面談などを受けることが可能です。

スカウトを受けてから自分のアピールポイントをしっかりと伝えることができると転職できる可能性が高まります。

doda独自のイベントやセミナー開催

dodaでは転職フェアなどの独自のイベントなども開催しています。

特に転職フェアは国内最大級とまで絶賛されており、100企業から400企業まで参加する場合もあります。

自由スタイルで自分の気になる企業の話だけを聞くことができるため、転職時の情報収集にイチ推しです。

アフターフォローも万全

dodaでは転職することに成功した後のアフターフォローもしっかりとしています。

入社後はどうしても不安や悩みを感じてしまいがちですが、電話やメールでしっかりと相談に乗ってくれます。

さらに希望した人は、入社1年後をめどに自身のキャリアのたな卸しをサポートしてくれるため、現状や目標などをはっきりさせて仕事に励むことが可能です。

doda(エージェント)の面談は万全の準備をして臨もう

doda(エージェント)の面談は転職をしたい場合の近道でもあり、面談を成功させるだけでも一気に転職確率が高まります

面談を成功させるためには万全に準備をしてから挑むのが好ましいので、しっかりと自分と向き合って考えをまとめておくようにしましょう。

おすすめの記事