転職エージェントのサポートは途中で辞退できる?4つの断り方と紹介された選考の辞退方法も紹介!

転職エージェントを利用して転職活動をしていても、転職エージェントの利用をやめたくなることがあります。

他の方法で内定が決まった場合はもちろん、その他個人的な事情でもサポートを受けるのを辞退したくなることは起こりますよね。

そんな時、転職エージェントに辞退したいと伝えるには、どのようにすればいいのでしょうか?

この記事では、転職エージェントのサポートの断り方と、転職エージェント経由で進んだ選考の辞退の方法を、例文つきで分かりやすくご紹介します。

転職エージェントのサポートは途中で辞退できるか

転職エージェントのサポートを辞退することは可能です。

実際に、転職エージェントではサポートを辞退すると転職希望者から伝えられることは珍しいことではありません。

転職エージェント以外の方法で内定が出た、転職活動を中止する、他の転職エージェントを利用することにする、など理由は様々。

しかし、どのような理由であれ、辞退するタイミングによっては断り方に注意が必要です。

転職エージェントを通して企業の選考に進んでいる場合は、企業にも迷惑が掛かるので、特に気を付けなければなりません。

4つの場面別!転職エージェントのサポートの断り方

転職エージェントからのサポートの辞退は、伝えるタイミングによって断り方に注意が必要です。

しかし、どのタイミングでも共通するのは、「感謝、辞退理由、謝罪」を伝えること。

この3つは、伝える手段に関わらず、必ず盛り込む必要があります。

ここでは、以下の4つの選考の段階ごとに断り方のポイントを紹介しています。

  • 書類選考時の断り方
  • 企業面接の断り方
  • 内定後の断り方
  • 内定承諾後の断り方

メールで連絡する場合の例文も紹介していますので、早速見ていきましょう。

1.書類選考時の断り方

書類選考のタイミングでの辞退は、比較的掛ける迷惑が少なくて済みます。

ただ、書類選考を受けることに対して色々と準備や手続きをしている転職エージェントにとっては、書類選考の段階だとしても辞退されるのは好ましいことではありません。

やりすぎたり、辞退の連絡の際に誠意のなさが見られると、その後の転職エージェントとの関係が悪くなってしまいます。

できるだけ円満に辞退できるように準備しましょう。

断る時の注意点

書類選考の段階で辞退する場合、お断りの連絡を入れるときの注意点はこちらです。

  • 辞退を決めたら早めに連絡する。
  • 辞退理由は明確に伝える。
  • これまでのサポートへの感謝と謝罪を伝える。

辞退の連絡を早めにすべきなのは、遅くなればなるほどその選考に関わる対応が進んでしまうから。

それに、時間が経てばそれだけ言い出し辛くなってしまいます。

また、辞退理由を明確に伝えることで、転職エージェントも納得してくれやすく、すんなり辞退を受け入れてもらえる可能性が上がります。

さらに、転職エージェントにサポートへのお礼と辞退することへの謝罪をきちんと伝えると、その後の転職エージェントとの関係もあまり悪くならずに済むのです。

断る時の例文

subject:選考辞退のご連絡(△△(自分の氏名))

株式会社〇〇
キャリアアドバイザー 〇〇様

お世話になっております。△△(自分の氏名)です。

いつも私の転職活動に親身になっていただいて、ありがとうございます。

先日、ご協力頂きながら応募した××株式会社様の選考について、誠に勝手ではございますが、辞退したいと考えております。

仕事内容や条件面等について色々悩んだのですが、このまま選考に進んでも××株式会社様へは入社を考えられないため、辞退という結論に至りました。

○○様には応募に際してご尽力を頂いたにもかかわらず、このような決断をしてしまい、大変申し訳ございません。

以上、勝手を申し上げて大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

(署名)

2.企業面接の断り方

企業との面接が設定されている状況で、それを辞退するのは中々重いことです。

企業側も面接に向けて時間や場所を確保するなど、色々と準備を進めています。

面接を辞退するということは、この準備をムダにしてしまうということ。

企業へはもちろんですが、面接を辞退するような応募者を企業に紹介した転職エージェントの評価も悪くなってしまいます。

とはいえ、辞退したいと思っている企業の面接を無理やり受けるのは意味がないので、誠意を以て辞退を伝えましょう。

断る時の注意点

企業の面接を辞退する場合、転職エージェントへの連絡では以下の点に注意する必要があります。

  • 面接当日のキャンセルは絶対にNG。
  • 辞退理由は正直に伝える。
  • 辞退しなくて済む条件があれば提示する。

まず、連絡をしたとしても、社会人としてドタキャンは絶対にしてはいけません。

辞退の連絡は、できるだけ早く、遅くとも面接の2日前までにするのが鉄則です。

1度面接を受けた後で、企業の雰囲気や採用担当者の態度に違和感があったため辞退を決めた場合は、それを正直に転職エージェントに伝えましょう。

このとき、辞退理由が相手企業の中傷にならないよう言葉を選ぶことが大切です。

また、辞退の理由が条件面の不一致等で、交渉の余地がある場合は、転職エージェントにそう伝えましょう。

転職エージェントが、できるだけ辞退しないで済むように企業と交渉してくれ、条件面が希望通りになる場合があります。

交渉しても辞退の意思が変わらない場合も、それを明確に伝える必要があります。

断る時の例文

subject:内定辞退のご連絡(△△(自分の氏名))

株式会社〇〇
キャリアアドバイザー 〇〇様

お世話になっております。△△(自分の氏名)です。

〇月〇日に面接を予定しております、##株式会社様につきまして、誠に勝手ながら選考を辞退させて頂きたいです。

先日、面接を受けさせて頂いた際に、面接官の方から伺ったお話が、求人情報のそれとは齟齬があったため、こちらの選考を辞退したいと考えるようになりました。

具体的には、求人情報に記載の年収は長時間の残業が前提であることや、仕事内容についてマネジメントではなく現場作業であることが理由です。

求人情報通りの条件にして頂けるのであれば、##株式会社様は私にとってかなり魅力的な会社なので是非選考を続けさせて頂きたいです。

しかし、面接官の方から伺った条件となる場合は、辞退させて頂きたいと思います。

〇〇様には、応募書類の添削から面接指導に至るまで、多くのご尽力を頂きまして深く感謝しております。

しかしながら、こういった結論となってしまい、誠に申し訳ございません。

以上、誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

(署名)

3.内定後の断り方

内定の通知を受け取った後に辞退する場合も、できるだけ早急に転職エージェントに連絡しましょう。

内定が出た後の辞退は、転職エージェントと企業の両方にかなりの迷惑をかけてしまいます。

とはいえ、様々な事情から内定を辞退せざるを得ないこともあるのは事実。

誠実に辞退を伝えるよう心がける必要があります。

断る時の注意点

内定が出た後に辞退するときには、このようなことに注意が必要です。

  • 転職エージェントより先に企業に連絡しない
  • 辞退理由は率直に転職エージェントに伝える
  • 内定が出てから1日以上時間をおいて連絡する

まず、転職エージェントより先に企業に直接辞退の連絡をしてはいけません。

転職エージェントの顔を潰すことになり、その後の転職エージェントとの関係に悪影響を及ぼします。

転職エージェントに内定辞退の相談をし、その中で辞退の理由を包み隠さず話してしまいましょう。

転職エージェントが企業と交渉し、辞退理由となっている待遇などの条件を希望通りに変更してもらえるかもしれないからです。

また、内定の通知を受けて即座に辞退の連絡をすると、最初から辞退するつもりだったのかと疑われる可能性があります。

辞退の連絡は早いに越したことはありませんが、内定後の場合は、一日以上時間をおいて悩みに悩んだ末の決断であることを理解してもらうようにするのが得策です。

断る時の例文


subject:内定辞退のご連絡(△△(自分の氏名))

株式会社〇〇
キャリアアドバイザー 〇〇様

お世話になっております。△△(自分の氏名)です。

平素より転職活動への多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。

先日、内定のご連絡を頂いた株式会社※※様につきまして、内定を辞退させて頂きたくご連絡差し上げました。

条件面等を考慮し非常に悩んだのですが、このような結論となってしまい大変申し訳ございません。

〇〇様には、転職活動全般にわたり多大なるご支援を頂いたにもかかわらず、お手間だけを取らせてしまうこととなり、深くお詫び申し上げます。

以上、大変な身勝手で誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

(署名)

4.内定承諾後の断り方

内定承諾後の辞退は、最も慎重に伝えなければなりません。

内定を1度承諾すると、内定者の入社に向けて、企業は様々な準備を順次行っていきます。

また、企業から転職エージェントへの紹介料の支払いも行われるため、非常に厄介です。

このように、内定承諾後は色々と動き出してしまうので、辞退したいときは可能な限り早いタイミングで辞退の意を転職エージェントに伝える必要があります。

断る時の注意点

内定承諾後に辞退するときの注意点は3つあります。

  • 入社日の2週間前までに伝えること。
  • 必ず電話をすること。
  • 企業にも直接謝罪の電話を入れること。

絶対に入社日の2週間前までには連絡しなければなりません。

これは法的な要請であり、2週間を過ぎると各手続きが非常に煩雑になるので、掛ける迷惑を最小限にするためにも、必ず守りましょう。

また、こういった連絡をメールのみで終わらせるのは、社会人としてタブー。

ビジネスでは、直接対面>電話>メールの順で丁寧な連絡とされます。

転職活動における連絡も例外ではないので、必ず電話で辞退の意と謝罪を伝えるようにしましょう。

さらに、転職エージェントだけではなく、内定先企業の担当者にも直接連絡をすべきです。

転職エージェントに一言断った上で、内定先企業へ連絡するようにしましょう。

断る時の例文

subject:内定辞退のご連絡(△△(自分の氏名))

株式会社〇〇
キャリアアドバイザー 〇〇様

お世話になっております。△△(自分の氏名)です。

先日、内定を承諾させて頂いた〇〇株式会社様につきまして、内定を辞退させて頂きたくご連絡差し上げました。

1度内定を承諾しておきながら、大変身勝手ではありますが、辞退の決断に至り誠に申し訳ございません。

諸条件も考慮し非常に悩んだのですが、このような結論となりました。

〇〇様には、転職活動全般にわたり多大なるご支援を頂いたにもかかわらず、このような結果になってしまったことをお詫び申し上げます。

後ほど、お電話にてご連絡差し上げたいと思っておりますが、まずは取り急ぎメールにてご連絡した次第です。

以上、大変な身勝手で誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

(署名)

転職エージェントが面接辞退をさせてくれない場合の対処法

転職エージェントに面接の辞退を申し出ても、頑なに受け入れてくれないこともあります。

強引に面接日を設定されてしまったり、長時間の説得を試みたりされる場合も。

辞退の意思は固いのに、説得され続けては時間のムダだし疲弊してしまいます。

また、面接日を設定されてしまって面接に行かない場合、応募者が非常識だと思われてしまいます。

そんな困ったときの対処法を2つがこちら。

  • 辞退の理由を明確にし担当者に相談する
  • 問い合わせ窓口から担当者の変更を依頼する

ここから、詳しく解説していきます。

①辞退の理由を明確にし担当者に相談する

転職エージェントが辞退を受け入れてくれない理由の1つに、辞退理由がはっきりしないというものがあります。

転職エージェントは応募者に辞退されない方が助かるので、辞退理由がよくわからなければ、辞退を受け入れずに説得に回るのは当然です。

また、応募者が辞退するとなると、紹介した転職エージェントから企業に対して説明する必要があるので、辞退理由をはっきりさせなければならないという側面もあります。

転職エージェントに辞退を受け入れてもらえない場合、まず辞退理由をはっきりと担当者に伝えて相談することが必要です。

条件面で不満がある、社風が合わないと感じる、他の企業から内定が出たなど、正直な思いを隠さず話しましょう。

その際、企業側の条件変更などによって辞退をしない可能性があるかないかも明確に伝えておくと、転職エージェントも企業へ提案がしやすく、折り合いがつかない場合は辞退もやむなしと受け入れてもらえるでしょう。

断固辞退する場合も、その旨を伝える必要があります。

これでも辞退を受け入れてもらえない場合は、もはや担当者との直接のやり取りでは解決できない可能性があります。

②問い合わせ窓口から担当者の変更をお願いする

どう説明しても辞退に納得してもらえない場合は、転職エージェントの問い合わせ窓口から、担当者を変更してもらえるように依頼しましょう。

変更理由は、辞退を受け入れてもらえないという理由でOK。

そのとき、窓口の担当者にも辞退の理由を明確に告げておけば、担当者変更が単なるワガママではないと認識してもらえるので、次の担当者から案件が紹介されないという事態にはなりにくいです。

もし、それでも担当者が変わって求人情報を紹介してもらえなかったら、他の転職エージェントを利用するという手もあります。

転職エージェントが応募者の面接辞退を受け入れない理由

転職エージェントが紹介した応募者が面接をキャンセルしてしまうと、企業からの転職エージェントへの信頼がゆらいでしまう可能性があります。

ドタキャンなどの悪質な場合は、企業が転職エージェントの利用をやめてしまうことにもなりかねません。

面接をキャンセルするような応募者を紹介してしまったという事態を起こさないために、転職エージェントは面接辞退を簡単には受け入れてくれないのです。

また、応募者が内定を取りやすい人材と考えられる場合も、転職エージェントは辞退を受け入れてくれないことがあります。

転職エージェントの成績は、転職をさせた数で決まるので、良い人材は手放したくないもの。

なんとかして辞退を撤回してもらおうと、あの手この手で説得してくる裏側には、こういう側面があるのです。

転職エージェントのサポート辞退はできるが断り方に気をつけよう

転職エージェントのサポートを断ることも、転職エージェントが紹介してくれた求人の選考を辞退することも、可能と言えば可能です。

ただ、断る場合は誠意をもって言葉を選ぶことが重要。

現時点で「もう転職活動はしない」と思っていても、いつどこで接点ができるかわからないので、不誠実な対応はしないように気を付けなければなりません。

これまでの転職活動のサポートへの感謝と、途中で辞退してしまうことへの謝罪をきちんと伝えれば、転職エージェントのサポートをスムーズに辞退することができるでしょう。

おすすめの記事