転職エージェントが急かす5つの理由!元転職エージェントに聞いた意味と対処法を解説!

転職エージェントで転職をしようとすると、こちらはそれほど急いでいないのに決断を急かす業者もあります。

エージェントが急かすと、何か事情があるのではないかと勘繰ってしまう人もいるでしょう。

転職エージェントが急かす理由にはどういったことがあるのでしょうか。

この記事では転職エージェントが急かす理由や対処法について取り上げてみました。

転職エージェントが急かしてくる?その背景は?

職エージェントを利用していると、なぜか急かすようなことを言ってくる業者に当たった経験がある人もいるでしょう。

あまり強引にすすめられると、自分の転職には関係がない理由があるのではないかと疑ってしまいます。

こちらがあまり急いでいない場合はなおさらです。

そこで、この記事では転職エージェントが急かす背景と、急かす場合の対処法について、元転職エージェントの話をもとに解説します

転職エージェントが急かす理由や急かす場合の対処法を知って、転職を成功させましょう。

転職エージェントが強引にすすめてくる時の5つの理由

転職エージェントは求職者の転職活動をサポートするのが仕事ですから、急かすのは決して転職の邪魔をしたいわけではありません。

転職エージェントの担当者もできるだけ求職者の条件に合った企業に、無事転職を決めてもらいたい、という気持ちは同じです。

では強引にすすめてきたり、急かす理由とはどのようなことがあるのでしょうか。

急かす理由には転職エージェント側の都合もあれば、すぐに決めたが方が求職者のためになるというものもあります。

そのような視点から急かす理由を5つあげてみました。

  • 近日中に求人の募集が終了する可能性がある
  • 求職者の返事の早さが企業への好印象につながるため
  • 企業をすでに長く待たせすぎている
  • 良い内定を断り続けている求職者がチャンスを逃さないようにするため
  • 求職者と企業の条件が合致していると判断したため

5つの急かす理由をそれぞれ詳細に見てみましょう。

近日中に求人の募集が終了する可能性がある

転職エージェントに依頼している企業の募集は、永遠に続くわけではありません。

企業が一旦、転職エージェントの利用をやめて他の募集方法を使ってみたり、他の人に採用が決まって募集自体が終了したりすることは頻繁にあることです。

そのため案件によっては近日中に募集が終了するというものもあります。

求職者に紹介した企業の募集が、たまたま近日中に終了する可能性がある場合は、担当者にはここで決めてしまいたいという心理が働きます。

こういった状況になると、担当者はあまり条件がマッチしていないと感じていても、決めてしまいたくて決断を急かすことがあります。

この場合、企業の募集が終了するということと、企業と求職者の条件が合っているかどうかということは別の問題ですので、条件面などを冷静に判断することが求められます。

求職者の返事の早さが企業への好印象につながるため

企業は人材が足りない部署を補うために人を募集しますので、だらだらと募集するより、すぐに採用を決めてしまいたいと思っています。

そのため、採用がなかなか決まらない場合は、エージェントとの契約を切って他の転職エージェントや募集方法に替える企業も出てきます。

逆に早く決まった場合、転職エージェントの印象が良くなったり評価が上がったりしますので、エージェントとしては早いに越したことはありません。

早く決めて印象が良くなれば、次の仕事も依頼してもらえる可能性が高くなるからです。

そのため、早く結果を出して印象を良くするために急かすということがあります。

このような急かす理由の場合も、自分の求めている条件と企業が提示している条件が合っているかどうかをきちんと見分けることが重要になってきます。

企業をすでに長く待たせすぎている

企業が募集を出して長期間採用が決まらない場合、企業が採用をあきらめてしまうことがありますし、転職エージェントも仕事ができないと評価される可能性もあります。

企業をすでに長く待たせすぎている場合、このような理由から担当者もあせって、早く決めてしまいたいという心理から転職者を急かすことがあります。

良い内定を断り続けている求職者がチャンスを逃さないようにするため

エージェントの担当者はたくさんの仕事を紹介していますので、紹介した仕事が求職者にとって良い内定なのかどうかの判断はつきやすい立場にあります。

そのため、良い内定だと感じた仕事の場合は、求職者には断ってほしくないという心理が働きます。

特に他の仕事も断っている求職者の場合、良い仕事が無くなってしまう可能性もありますので、求職者がチャンスを逃さないようにするために、結果的に急かすということになります。

この場合の急かす行為は、求職者と企業のことを真剣に考えた結果の判断だということができます。

エージェントが急かす場合の理由には、このように求職者のことを思って急かすということもあります。

求職者と企業の条件が合致していると判断したため

転職エージェントが求職者のスキルや希望する条件と、企業が求めているものが合致していると判断した場合、決断を急かすのは当然の流れになります。

この場合、求職者にとって急かされるのはデメリットではありません。

急かされていると感じて断って、後で後悔することがないように、日頃から担当者とコミュニケーションをしっかりとっておくことが重要です。

このように転職エージェントが急かす理由には、転職エージェント側の都合もあれば、純粋に企業と求職者のマッチングを判断した場合があるということを知っておきましょう。

転職エージェントとのやりとりで注意すること

転職を成功させるには、転職エージェントとはうまくやっていくことが必要です。

ここでは、転職エージェントとのやりとりで注意しておきたいこと2点について見てみましょう。

  • 急かす理由を確認する
  • 自分のペースで動きたいと伝える

以下でそれぞれ具体的に解説します。

急かす理由を確認する

転職エージェントの担当者が急かしてきているな、と感じた場合は率直に急かす理由を聞いてみましょう。

企業側の都合で急す、あるいは自分の希望する条件と合致しているから急かすなど、何か理由があるはずです。

理由によっては断る選択肢も考えた方が良いこともあります。

急かしていると感じた場合は、なるべく早く急かす理由を確認することが大切です。

自分のペースで動きたいと伝える

転職エージェントが急かしていると感じた場合は、自分のペースで仕事を探したいことを伝えると良いでしょう。

こちらの意思を伝えることで、転職エージェントの都合で急かすということを回避することにつながります。

結果的に本当に良い仕事かどうかを冷静に判断することにつながりますので、勇気をもって伝えましょう。

転職エージェントを活用して転職を成功させるには

自分が希望する条件で転職を成功させるには、転職エージェントと良い関係を保って、うまく活用することが大切です。

うまく転職エージェントを活用するには、以下の3点を実行しましょう。

  • 履歴書作成や面接対策などにアドバイスをもらう
  • 転職活動のスケジュール管理は自分でも把握しよう
  • 自分の強みを教えてもらいエージェントと戦略を練ろう

3つの点について詳しく解説します。

履歴書作成や面接対策などにアドバイスをもらう

自分の希望する条件の企業があっても、企業側が合致点を見いだせなければ話はなかったことになります。

そこで、履歴書の内容や面接では、企業に興味を持ってもらえるように対策を練っておくことが採用への近道になります。

転職エージェントの担当者は今までの経験から、紹介する企業が履歴書を見る際のポイントや、面接内容を把握していますので、率直に担当者にアドバイスをもらうようにしましょう。

具体的には、履歴書に詳しく書いておいた方が良いことや、アピールした方が良い点、面接の際のポイントなどを聞いておくと良いでしょう。

色々とシミュレーションしておくことで、転職活動の効率もかなりアップするはずです。

転職活動のスケジュール管理は自分でも把握しよう

転職エージェントから急かされてすぐに決める理由の一つは、スケジュール管理ができていないからです。

あと何社くらいは面接したいかとか、具体的に受けてみたい会社など、計画性がないと、言われるがままに決めてしまう傾向にあります。

そういったことを避けるには、色々な会社を見て比較して決めることができるように計画的に進めることが大切です。

面接する会社の情報を自分で調べたり、面接の日時をメモするなどして、転職活動のスケジュールを自分でも把握しておくようにしましょう。

自分の強みを教えてもらいエージェントと戦略を練ろう

自分の強みや弱みは、わかっているつもりでも、第三者から見ると違っていることがあります。

弱みだと思っていたことが実は強みだった、ということもありますので、自分一人の判断は危険です。

強みは転職活動には強い武器になりますので、うまく活かせるように、転職エージェントの担当者に聞いてしっかり戦略を練るようにしましょう。

頼れる転職エージェントの特徴

転職を成功させるには、良い転職エージェントに依頼することがとても重要になってきます。

頼れる転職エージェントの特徴は、以下の2点を目安にすると良いでしょう。

  • 親身にキャリアのカウンセリングをしてくれる
  • 企業情報を正確に把握している

ここでは、それぞれの特徴について具体的に解説します。

親身にキャリアのカウンセリングをしてくれる

転職がすぐに決まったとしても、転職先での仕事が自分の求めている内容と違っていたら、また転職を検討しなければならなくなります。

転職エージェントの担当者が自分のキャリアについて理解がないと、希望通りの企業を選んでくれる確率は下がるでしょう。

逆に自分のキャリアをきちんと聞いてカウンセリングしてくれれば、マッチする可能性が飛躍的にアップします。

ミスマッチを起こさないためには、転職エージェントの担当者が親身にキャリアのカウンセリングをすることが大きな条件となってきます。

求職者も転職エージェントの言いなりになるのではなく、きちんと担当者の話を聞く姿勢などにも目を配って依頼することが重要になってきます。

企業情報を正確に把握している

同じ職種でも企業の業種や不足している人材によって、求職者に求められるものが異なります。

求職者が求めている職種と合致するからといって、必ずしも企業が求めている人材に合っているとは限らないということです。

転職エージェントの担当者はそのようなことも理解して、きちんと企業の状況などを把握していることが企業と求職者のミスマッチを防ぐポイントになってきます。

転職を成功させるには、担当者が企業の情報に精通しているかどうかも、依頼する判断材料にすると良いでしょう。

転職エージェントに急かされっぱなしで疲れてしまわないよう適切な対処をしよう

転職エージェントが急かす理由や、良い転職エージェントの特徴について解説しました。

転職活動のスケジュールをきちんと立てたり、良い転職エージェントを選んだりすれば、エージェントが自分たちの都合だけで急かす可能性が少なくなりますし、仮に急かすことがあっても対処は可能です。

転職エージェントの言いなりだと自分が疲れることになりますので、そうならないようにきちんと計画を立てて対処するようにしましょう。

おすすめの記事