転職エージェントのサポート期間はどれくらい?打ち切られる条件や6社を比較してみた!

転職エージェントを使いたいけどサポート期間が気になる、と言う人も多いことでしょう。

そこで今回は、転職エージェントのサポート期間はどれくらいなのか?6社のサポート期間を比較し、打ち切られる条件も詳しく紹介します。

転職エージェントのサポート期間は定められている?

転職エージェントを使って転職活動をしたいと考える人も多いですが、サポート期間が短いと転職活動に支障が出そう、と思う方も居ることでしょう。

転職エージェントのサポート期間は定められているのか?その疑問を詳しく解説していきます。

サポート期間が分からず登録出来ない、転職エージェントに登録して日数が経って来た、という方もぜひ最後までご覧ください。

転職エージェントのサポート期間

転職エージェントのサポート期間は、どれくらいあるのでしょうか?その疑問を詳しく解説していきます。

  • サポート期間の目安は約3ヵ月である
  • 無期限のサポート期間には条件がある
  • 期限が過ぎてもサポートの延長は可能である

サポート期間の目安は約3ヵ月である

転職エージェントのサポート期間は3ヵ月では?と思っている人も多いですが、一部の転職エージェントに限って3ヵ月と設定しており、多数のエージェントは無期限となっています。

サポート期間3ヵ月は、求職者が転職するまでに平均約3ヵ月を要しているために3ヵ月のサポート期間と定めているようです。

転職エージェントによってサポート期間は違っていますので、確認するようにしましょう。

無期限のサポート期間には条件がある

転職エージェントのサポート期間が無期限であっても、条件によってはサポートを受けられなくなることがあります。

サービス規約に明記してありますので、利用する際はよく確認するようにしましょう。

期限が過ぎてもサポートの延長は可能である

3ヵ月のサポート期間が過ぎても焦らず利用規約を確認しましょう。

期限を定めていてる転職エージェントでもサポートの延長は可能な場合があります。

希望する求人がサポート期間中無い場合を考慮して延長を可能にしているようですので、延長を希望する時は申し出るようにしましょう。

転職エージェントの無期限サポート期間が打ち切られる条件

ここからは転職エージェントの無期限サポート期間が打ち切られる条件を紹介します。

  • 転職者と連絡がつかない場合
  • 紹介できる求人がないと判断された場合
  • 担当者に迷惑行為を行なった場合
  • 信頼関係を保てなくなった場合

転職者と連絡がつかない場合

転職者と連絡がつかない場合、無期限サポート期間が打ち切られることがあります。

担当者がが連絡しても繋がらない、または連絡無視をする、求人に応募しない、などもサポート期間終了の条件になっていますので注意が必要です。

紹介できる求人がないと判断された場合

転職エージェントには、ハイキャリア求人を扱う転職エージェントもありますが、そういったエージェントではキャリア経験に見合う求人が無い場合、サポート打ち切りとなることがあります。

また、求人はあるが自分から応募や転職相談を長期間しないと転職する意欲が無い、他の転職エージェントで転職を決めたのかもしれない、とみなされサポート期間が打ち切られる可能性もあります。

担当者に迷惑行為を行なった場合

転職エージェントの担当者に迷惑行為、誹謗中傷などを行うと無期限期間のサポートが終了する場合があります。

信頼関係を保てなくなった場合

転職エージェントに虚偽の情報を登録すると、期間打ち切りになることもあります。

虚偽の職務経歴書、嘘の前職の年収・経験などを申告すると転職エージェントとの信頼関係が保てませんので、正確な情報を伝えるようにしましょう。

また、応募した企業の内定後の前触れのない辞退などの、就業規則の業務違反も信頼関係が保てなくなる原因となります。

転職エージェント6社のサポート期間を比較!

転職エージェントの特徴やサポート期間を解説していきます。

転職エージェント選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

  • 転職エージェント6社のサポート期間と特徴
  • ハタラクティブ
  • リブズキャリア
  • JACリクルートメント
  • doda
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • 転職エージェント6社のサポート期間一覧表

転職エージェント6社のサポート期間と特徴

転職エージェントによってサポート期間が違うと言われていますが、実際にどれくらいのサポート期間を設けているのか気になるところです。

今回は6社のサポート期間と各社の転職エージェントの特徴を解りやすく解説していきます。

サポート期間は転職エージェントの利用規約に記載していますので、登録する前によく読んでおきましょう。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブは派遣社員、フリーター、第2新卒など、20代若年層向けの転職支援サービスです。

そのため紹介先企業も、職種・業種未経験者歓迎の求人や若年層を採用し育成したいと考えている募集企業が多いです。

経験や学歴など、キャリアに自信が無いという人を応援し、正社員採用までサポートするという新しいタイプの転職エージェントになります。

書類の添削や面接対策などのサポートが充実しており、未経験での書類審査の通過率・内定率が高いのも魅力です。

またサポート期間は6ヶ月間で、サービスを利用していない場合は終了となります。

2.リブズキャリア

リブズキャリアは、女性の転職に特化した転職エージェントで、女性活躍プロジェクトに賛同する200社以上の企業と提携しています。

担当アドバイザーは社内直属のアドバイザーが対応するのではなく、キャリアに精通した外部アドバイザーがキャリア面談を実施し、求人を紹介してくれますので、担当による当たり外れが少ないのが魅力です。

また、女性目線で女性社員を大事にする企業の求人が多く、求人情報を自分で検索して応募をすることもできます。

サポート期間は1年間で、会員専用ページの最終ログイン日から1年間1度もログインがなかった場合に終了となります。

3.JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30代から50代のエグゼクティブ・ハイキャリア・高収入層を得意とする転職エージェントです。

求人は管理職やマネージャー経験者、専門分野のスキル保持者などで、年収が高い好条件の求人が豊富です。

また、日本のみならずアジア7か国に拠点がありますので、外資系企業や金融系企業への転職や、更には海外勤務の実現を得意としています。

これまで、多数の転職希望者を海外進出企業や外資系企業へと導いていますので、グローバルな転職をしたいがどうすれば良いか分からない、という言う方に心強い転職エージェントと言えます。

サポート期間は1ヵ月で転職サービス開始の通知を行った日から、1ヵ月経過しても登録者から連絡が無い場合終了となります。

4.doda

 

dodaはdoda限定非公開求人が多いのが特徴的です。

求人の質も高く、企業の登録数も大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広く展開しておりますので、自分に合う企業情報が見つけられる確率が高くなります。

転職者の希望する業種や職種によって専門的な知識を持ったアドバイザーが担当する制度を取り入れており、この専任担当者制で高品質なマッチングサービスが行えます。

また履歴書の添削サポートや面接対策なども充実している、と口コミで評価も得ています。

サポート期間は、期間の規定無しとなっていますが、求人案件に一定期間応募が無い、連絡がつかない場合などはサポート期間終了となるようです。

5.マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の若い世代に特化した転職エージェントです。

20代の採用を重視している企業のデータベースが豊富なため、転職が初めての人や第二新卒者のサポート体制が万全で満足度が高いのが特徴です。

スキルや仕事経験がない場合でも、アピールポイントを的確にアドバイスしてくれます。

時間がかかっても最後まで応募者が納得する形でサポートしよう、という理念からサポート期間は無制限にしています。

6.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材紹介会社の中で業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

業種・職種を問わず求人数は業界最大級で、求職者の年齢、スキルなども問いませんので、誰もが利用できる転職エージェントと言えます。

担当者の質も高いとの評判で、書類の添削サポート、面接対策、求人の紹介など満足度が高いのが特徴です。

サポート期間は約3ヵ月ですが、これは多くの方が約3ヵ月で転職先が決まっているため、目安として約3ヵ月としているようです。

転職エージェント6社のサポート期間一覧表

転職エージェント ハタラクティブ リブズキャリア JACリクルートメント doda

 

マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

 

サポート期間  6ヶ月 1年  1ヵ月 期間無し 期間無し 3ヵ月
特徴   フリーターなど未経験者向け  女性の転職に特化 30代~50代向けのハイキャリア  非公開求人が多数 20代の若い世代に特化 年代・スキル問わず

転職エージェントをサポート期間内に有効活用する方法

転職エージェントをサポート期間内に有効活用することで、最短で転職を成功させることも可能です。

ここからは、サポート期間内の有効活用方法を紹介します。

  • 自己分析や企業研究は登録前に準備しておく
  • 書類や面接対策について担当者とよく話し合う

①自己分析や企業研究は登録前に準備しておく

転職を思い立ち、とりあえず転職エージェントに登録しておこう、と言う考えではサポート期間内の転職が難しくなります。

どのような企業・職種を希望しているのか、自分に合った仕事は何か、など何も考えずに応募し面接を受けても上手く行かないことが多いです。

企業研究や自己分析は転職エージェントに登録する前に準備しておきましょう。

②書類や面接対策について担当者とよく話し合う

自己分析を行い転職エージェントに登録しても、担当者との話し合いをおろそかにしては、転職の成功率も低くなってしまいます。

履歴書の添削や、面接対策など担当者のサポートを受けるためにも相談し話し合いをしておきましょう。

事前準備は必要ですが、担当アドバイザーに事前準備の相談も可能ですので、躊躇せず申し出るとよいでしょう。

転職エージェントはサポート期間内に転職できるよう有効活用しよう

転職エージェントのサポートは、転職エージェントによって様々で実質的には無期限な所もありますが、一定のルールは設けています。

担当者からの連絡を無視する、虚偽の申告をする、など社会人としてあるまじき行為はルール違反になりますので、無期限でもマナーある対応を行いましょう。

また、初めて登録する転職エージェントは利用規約をよく読み、事前にサポート期間を確認しておくことも大切です。

無期限のサポート期間でも、転職活動期間が長くなってくるとモチベーションが下がり、転職の意欲も減ってしまいます。

転職活動の目標期限を定め、転職エージェントのサポート期間内に転職できるよう有効活用しましょう。

おすすめの記事