転職エージェントがむかつく・うざい!態度やメールなどに対する4つの対処法を紹介!

エージェント

転職活動の強い味方と言われる、転職エージェント。

転職エージェントのおかげで、良い転職先に巡り合えたと言う人も。

しかし、転職エージェントがむかつく、うざいと感じている人がいるのも事実。

一体なぜ転職エージェントはむかつく、うざいと評されるのでしょうか?

もし、実際に転職エージェントがむかつく、うざいと感じたら、どうしたらいいのでしょうか?

この記事では、そんな疑問にお答えしていきます。

転職エージェントがむかつく/うざい時の4つの対処法

転職エージェントがむかつく、うざいと感じたときには、正しい対処をすることで、不快な気分にならずに済むことができます。

その対処法とはこの4つ。

  • 担当者に希望を明確に伝える
  • メール対策に転職専用のメルアドを作る
  • 電話対策は時間帯について要望を出す
  • 合わないと感じたら担当者を変更してもらう

では、具体的な対処法について解説していきましょう。

①担当者に希望を明確に伝える

「転職エージェントが連絡してきすぎてうざい」と感じる場合は、転職エージェントの担当者に転職活動についての希望がきちんと伝わっていない可能性があります。

業界や業種、職種についてや、勤務地、年収などの転職先への希望条件と、面接の日程についての希望などの転職活動に関する希望もはっきりと伝えておきましょう。

希望することの他に、これはNGという内容があれば、それも転職エージェントに言っておくとより良いです。

これらの希望を明確に伝えておくことで、転職エージェントも希望に沿わない求人の連絡や条件を確認するための連絡などをしなくなります。

こうすると必要ないと思われる連絡が少なくなり、うざいと感じることを減らすことができます。

②メール対策に転職専用のメルアドを作る

転職エージェントからのメールが多すぎても、うざいしむかつきますよね。

重要な情報が埋もれて気付かずにいたなんてことになると、恨みすら感じます。

そんな実害を回避するためにも、転職のためだけのメルアドを、フリーメールなどで取得しておきましょう。

転職エージェントから来るメールだけを管理するメルアドを使えば、メールの多さにうざい、むかつくと感じる瞬間も減らすことができます。

③電話対策は時間帯について要望を出す

転職エージェントから電話は、多すぎたりタイミングが悪かったりすると、本当にむかつくしうざいです。

そんなうざい電話は、電話OKな時間帯を限定して伝えておくことでいくらか改善します。

電話に出られる時間帯をきちんと伝えておけば、転職エージェントもできるだけ希望時間帯に合わせて連絡してくるでしょう。

また、予定があって今日は電話はNGという場合は、事前にメールなどで知らせておくことで、タイミングの悪い電話がかかってくることも減らすことができます。

④合わないと感じたら担当者を変更してもらう

転職エージェントの担当者と根本的に相性が悪くて、転職エージェントがむかつくと思う場合もあります。

この場合は、何をどうしてもむかつくものはむかつくので、転職エージェントの会社に連絡して担当者を変えてもらいましょう。

転職エージェント側にとっては、担当者の変更はよくあることなので、遠慮はいりません。

合わない担当者にむかつく時間がもったいないので、合わないと感じたらすぐに担当者変更の希望を出すのが得策です。

転職エージェントがむかつく/うざいと感じる3つの態度

転職エージェントに対して、むかつく、うざいと感じるのは、転職エージェントにこのような態度が見られるからです。

  • 求人への応募をせかす態度
  • 説教をするなど高圧的に話す態度
  • 希望に沿わない求人ばかりで信用できない態度

なぜこのような態度を取るのか、転職エージェント側の事情も含めて説明していきましょう。

1.求人への応募を急かす態度

転職エージェントから紹介された求人情報は、じっくり選んで応募したいもの。

色々考えているときに転職エージェントが応募をせかしてきたら、誰でもうざいと感じるでしょう。

早く応募するように言われても、自分で考える必要がないと言われているようでむかつきますよね。

転職エージェントがこのような態度を取るときは、求人の応募期限が迫っていたり、他の人にこの求人を回したいと思っている場合があります。

2.説教をするなど高圧的に話す態度

転職エージェントの中には、転職希望者に対して高圧的とも取れる態度を取る人がいます。

「そんな志望理由ではダメです」とか「もっと条件を下げないと転職先なんて一生見つかりませんよ」などと上から目線で説教されれば、むかつくと感じるのは当たり前です。

このような転職エージェントは、転職希望者の転職を成功させたいという気持ちが強すぎる場合があります。

あまりにむかつく場合は担当者を変えてもらう方がいいですが、気持ちが強い分には悪いことではありません。

親身になってくれているので、説教は聞き流して欲しい情報だけ聞くようにすれば、利用価値は高いといえるでしょう。

3.希望に沿わない求人ばかりで信用できない態度

希望に沿わない求人情報ばかり連絡してこられると、転職エージェントはうざいと感じるでしょう。

希望を伝えているにも関わらず見当はずれの求人を紹介してくると、話を聞いてくれないという不信感すら沸き起こってきます。

転職エージェントがこのような態度を取るのは、希望条件がはっきりしていないとか、希望条件の優先順位がわからない場合。

できるだけ希望条件を多く満たせる求人として情報を紹介した結果、転職希望者が「違う!」と感じる求人ばかりになってしまうのです。

転職エージェントからの電話やメールが多くなる時とは

転職エージェントがうざい、むかつくと感じられるのは、連絡が頻繁なときが多いです。

なぜ転職エージェントは、何度もうざいくらいに連絡をしてくるのでしょうか?

転職エージェントが電話やメールをたくさんしてくるのは、こんな時です。

  • 応募者の要望がよくわからない時
  • 応募期限が迫っている求人がある時
  • 条件の良い求人が出た時

各状況について、詳しく見ていきましょう。

応募者の要望がよく分からない時

担当している転職希望者の要望がよくわからなかったり、はっきりしていないとき、転職エージェントは転職希望者に頻繁に連絡することになります。

これは、とりあえず当てはまりそうな求人を全部紹介していたり、少しでもコンタクトを取って要望を具体的にしようとしているから。

全く希望に沿わない求人がたくさん送られてきたり、1日に何度も着信が入るのはうんざりですが、転職エージェントはお構いなし。

転職エージェントは、転職希望者が紹介した求人に応募して転職してさえくれれば自分の成績になるので、うざいくらい連絡して嫌がられても気にせず連絡してくるのです。

応募期限が迫っている求人がある時

転職エージェントは、求人に設定されている応募期限間近になると、紹介した転職希望者へ応募の催促の連絡を多くするようになります。

慎重に応募を考えたい人からすると、応募の催促で頻繁に連絡されるのはかなりうざいですよね。

期限が迫っているからとりあえず応募しろなんて言われたら、むかつくのは当たり前です。

しかし、転職エージェントは求人を出す企業から人材紹介の対価として報酬を得ているので、応募期限切れで応募者なしとなってしまう事態は避けたいところ。

このような事情から、紹介した求人の応募期限が迫るとうざいくらい連絡が来るようになるのです。

条件の良い求人が出た時

条件の良い求人というのは中々お目にかかれないため、転職エージェントもかなりプッシュしてきます。

応募するまで何度でも電話やメールでプッシュしてきますが、頻繁すぎてうざい、むかつくと感じる人も多いです。

このような状況で連絡が増えるのは、できるだけ良い条件のところに転職して欲しいという気持ちの現れ。

どれだけ貴重な求人かということや、このチャンスを逃して欲しくないということを様々な方法で伝えてくるので、結果連絡回数が多くなりすぎるのです。

転職エージェントがむかつく/うざい時でも無視をしてはいけない理由

転職エージェントがむかつく、うざいとき、電話やメールをついつい無視したくなりますが、これはNGです。

その理由はこちらの4つ。

  • 面談の日程や今後の計画を立てられないから
  • 良い求人を回してもらえなくなるから
  • 転職状況を把握するため連絡回数が増えるから

ここから、それぞれを詳しく説明していきます。

①面談の日程や今後の計画を立てられないから

転職エージェントからの連絡を無視してしまうと、いつまでも面談の日程調整の段階で転職活動が止まってしまいます。

転職エージェントとの面談は面倒くさいと思うかもしれませんが、要望を伝えたり色んなお願いをする機会になるので、無視するのは結果的に全く興味のない求人情報をやたらと送ってこられる事態を招きます。

また、無視をすることで何も決まらず、転職までの計画が立てられないので、転職活動が長期化してしまう原因にもなってしまうのです。

②良い求人を回してもらえなくなるから

転職エージェントからの連絡を無視し続けていると、転職エージェントから転職活動への本気度が低いと思われてしまいます。

転職エージェントも1人で複数の転職希望者を抱えているため、積極的に転職活動を行っている人を優先し、連絡を無視するような人はだんだん後回しになるのです。

こうなると、良い求人の情報があったとしても、転職エージェントは優先順位の高い人から回そうとするので、良い求人が回ってこなくなってしまいます。

③転職状況を把握するため連絡回数が増えるから

転職エージェントからの頻繁な連絡にむかついていても、無視するとより連絡が増えることになります。

転職エージェントは、担当の転職希望者について転職状況を把握しておく必要があるので、何度でも連絡してくるのです。

転職エージェントからの電話やメールに応答するのが面倒と感じる気持ちもわかりますが、答えておかないともっとうざくなりかねません。

④紹介求人がなくなり放置される可能性があるから

転職エージェントからの電話やメールを無視していると、転職エージェント側もどんな求人を紹介すべきかわからなくなってしまいます。

転職エージェントは求人を出している企業側にも良い人材を紹介するという仕事があるので、連絡を無視する転職希望者は紹介する人材として候補に挙がらなくなっていきます。

結果、紹介できる求人がなくなり、転職エージェントから連絡が来なくなってしまうのです。

連絡がなくなるとうざいとは感じなくなりますが、転職活動は止まってしまうことになり、長期化の一因となってしまいます。

転職エージェントがむかつく/うざい時は無視せず要望を伝えよう

転職エージェントからのコンタクトをうざいと感じる時でも、無視すると今後の転職活動に差し障ります。

むかつく転職エージェントでも、上手く利用すれば転職活動の強い味方となるのです。

転職先への条件や連絡の時間帯など、要望をはっきりと伝えることで、うざいと感じることはぐっと減ります。

それでもうざい、むかつく時には、担当者を変えて貰うことだって可能です。

忘れてはいけないのは、転職エージェントは転職活動を支えてくれる存在だということ。

転職を成功に導くために、転職エージェントを上手く使いこなしましょう。

タイトルとURLをコピーしました